微笑みに出逢う街角【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ微笑みに出逢う街角

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲微笑みに出逢う街角

2005/04/03  (日) 13:35| 映画感想編集

小さく砕けても、幸せはまだ、私たちの手の中にある。

微笑みに出逢う街角 デラックス版お薦め度:.★★★.
 私にとっては特別何の特徴もない作品。何処といって悪いところはありませんが、逆に何処といって引き込まれるところもない。
タイトルに「微笑み」とありますが、ストーリーは暗く淡々として起伏もありません。…何というか悪い意味で作り物っぽい印象。

三人の女性は同じ街に住んでいますが実際に交流を持つことはありません。時々道ですれ違うのみです。関連のない三人の女性をこの作品に登場させる為に雑貨店が出てきますがこれだけで三人を関連付けるのは少々強引な感じ。
群像劇を期待しましたが、単純に三人の人生を描いただけに留まり、「巡り合う時間たち」の様に時間や距離を越えて相互に影響を及ぼすことはまったくなく、それぞれがそれぞれに苦悩を展開します。

95分で三人分の描写をしている為に当然一人一人の描きこみは浅く、しかも「行間を読め」的な間が多い。ではそれぞれの女性の演技はその行間を読めるほどに優れているかと言えば…普通。皆最初から最後まで悩みっぱなしなので、一様にテンションが低く微妙な心の機微まで読むには至りません。

それぞれ何かを起点に人生を考え直すことになるのですが、考え直してもやっぱり全員テンションが低い…少々イライラします。

私に取って一番内面の変化が理解しがたいのは写真家のナタリア。
勿論他人の苦しみを撮っていてもいいのだろうか、他に出来ることはないのだろうか、という悩みは理解できますが、【他人からも評価を受け、アンゴラを祖国に持つ女性からも写真について感謝された】のにも関わらず、何故【ボランティア】の道を選ぶのか?
彼女には写真家として生きてもいいのだろうか?という自問自答はあってもボランティア】に対しての言及は全くされていないので、どうして急に【ボランティア】に走ろうと思ったのかが描かれていません。

私事であれですが、知人に発展途上国の音楽を世間に発表してその国を支援しよう、という活動をしている方がいて、初めて聞いたときにそういう方法もあるんだ、と感心しました。だから私は戦争の写真を撮って全世界にその被害を知らせる、というのも立派な仕事だと思うのですが。

作品とは全く関係がないですがこの監督、異文化的な物が好きなのか、それとも何か意図があってのことなのか、背景描写にその手の物が多く出てきます。異文化と関係があるのってナタリアだけだと思うんだけど。

映像は綺麗に撮って有りますし描写も丁寧にされていて好感が持てるところもあります。決して電話に出ることのなかったキャサリンが電話に飛びついた理由とか、殺されそうになっても放さなかった鞄などは上手くできていましたし、ナタリアが写真のベタ焼きを見て戦火を思い出すシーンはいい表現だったと思います。

日本公開日:2005/03/12 

「微笑みに出逢う街角」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「微笑みに出逢う街角」を検索
「微笑みに出逢う街角」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
オリビアは、芸術の都フィレンツェへの想いを断ち切ることが出来ない日曜画家の主婦。毎週、公園へ通いデッサンを続けている。足が不自由な夫のジョンは、そんなオリビアの楽しみを知らない。オリビアは長年連れ添ったジョンと、平和で静かなゴ毎日を過ごしているけれども、心の中には誰にも言えないでいる秘密があり、オリビアが絵への夢を諦めきれないのには、大きな理由があった。
【原作・ノベライズ】
微笑みに出逢う街角
愛育社



公式サイト:〔日本公式サイト
原作:微笑みに出逢う街角
愛育社


原題:Between Strangers
監督:エドアルド・ポンティ/
出演:ソフィア・ローレン/ミラ・ソルヴィーノ/デボラ・カーラ・アンガー/ピート・ポスルスウェイト/ジュリアン・リチングス/クラウス・マリア・ブランダウアー/マルコム・マクダウェル/

製作:ガブリエッラ・マルティネッリ/エルダ・フェッリ/
脚本:エドアルド・ポンティ/
撮影:グレゴリー・ミドルトン/
美術:ダン・ヤーリ/
音楽:ズビグニェフ・プレイスネル/
衣装:マリオ・ダヴィニョン/

日本公開日:2005/03/12
製作国:カナダ/イタリア/
時間:98分
製作年:2002
ジャンル:ドラマ/
製作/配給:アルシネテラン
備忘録:-

(2005,04,03)/(中・感想)

【関連商品】
こちらこそ
こちらこそTBありがとうございました。
返信遅くてすいませんです…。
私としては欲張って三人じゃなくて一人だけに焦点を絞ってもいいとおもうんですけどね…。
2006/01/30(月) 20:58:54 * * かなで@管理人 #XAjl2.RA[編集]
シナリオ
TBありがとう。
たしかに、ストーリーは、嘘っぽいですね。彫刻家になった娘をTVでみるとか、親子でタイムの表紙を飾るとか、出所した父が昔の住みかを訪ね、そこの人を助けて死ぬとか。ご都合主義(笑)
まあ、でも、寓話として読めば、いろいろ考えさせられました。
2006/01/12(木) 01:15:08 * * kimion20002000 #fOhGkyB.[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
原題:Between Strangers"人生は重い荷物を背負って坂道を登るようなもの"って徳川家康が言ったとか言わなかったとか・・人は楽しい事より、厭な思い出ばかり思い出す。 自らが幼い頃、生んでしまった娘を手放し、下半身麻痺の夫と暮らすオリヴィア(ソフィア・
<翳>をもつ女たちが、「快活な笑顔」を取り戻す。ソフィア・ローレンが100作目の出演映画として選んだ作品、しかも脚本・監督は映画界きっての大物プロデューサーであるカルロ・ポンティとの間にうまれた息子エドアルド・ポンティ。テーマにしたのは、3人の世代の違う女性
* サーカスな日々 * 2006/01/10(火) 04:11:27
3点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)あちゃ~、全く以って面白くなかったです。。。世代や境遇の異なる3人の女性の自分探しがテーマだそーですが、ぶっちゃけ女心がこれっぽっちも分かってない(おいおいっ)ワタクシにはぜ~んぜんっ、感情移入が出来
* ぶっちゃけ…独り言? * 2005/11/13(日) 04:35:01
「微笑みに出逢う街角」★★★★(盛岡フォーラム2) 2002
* いつか深夜特急に乗って * 2005/10/03(月) 19:45:32
「微笑みに出逢う街角」★★★☆ソフィア・ローレン、ミラ・ソルヴィーノ主演過去に囚われながら、過ごす日々。そのままやり過ごすことも出来た。名声にあと少しで手が届きそうだった。復讐に生きた虚しいこれまで。3人の女性の人生を、並べて描...
* soramove * 2005/04/17(日) 21:04:38
4月13日(水)名演小劇場にて映画生活でクチコミの満足度が高い、『微笑みに出逢う街角』を名演小劇場に観に来た。ここの劇場では有料の会員制度があって、年会費2500円を払うと、映画の招待券1枚と6ポイント溜めると1回無料になるポイントカードがもらえる。それ
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。