ビッグ・フィッシュ【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログビッグ・フィッシュ

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ビッグ・フィッシュ

2004/12/30  (木) 18:22| 映画感想編集

そして、幸せだけが残っていった。

ビッグ・フィッシュお薦め度:.★★★★★.
 ティム・バートンで本当に良かった!!
空想と現実のないまぜ感といい意味での一寸古い感じがこの監督の作風に良く有っている印象を受けました。
いいお話です。〔長文レビュー有!

日本公開日:2004/05/15 

「ビッグ・フィッシュ」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ビッグ・フィッシュ」を検索
「ビッグ・フィッシュ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
いつも御伽話を語ることで人気者だったエドワードを息子のウィルはどうしても好きになることが出来なかった。
しかし病床に就いた父を訪問した息子は次第に和解するようになる…
【原作・ノベライズ】
ビッグフィッシュ―父と息子のものがたり
ダニエル ウォレス Daniel Wallace 小梨 直 河出書房新社


公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:ビッグフィッシュ―父と息子のものがたり
ダニエル ウォレス Daniel Wallace 小梨 直 河出書房新社

原題:Big Fish
監督:ティム・バートン/
キャスト:ユアン・マクレガー/アルバート・フィニー/ヘレナ・ボナム・カーター/

製作:リチャード・D・ザナック/
脚本:ジョン・オーガスト/
撮影:フィリップ・ルースロ/
美術:デニス・ガスナー/
音楽:ダニー・エルフマン/
衣装:コリーン・エイトウッド/

日本公開日:2004/05/15
製作国:アメリカ/
時間:125分
製作年:2003
ジャンル:ドラマ/ファンタジー/コメディ/アドベンチャー/
製作/配給:ソニー・ピクチャーズ
備忘録:その他キャッチコピー
その大切さに気づいたのは、最期のときだった。
人生なんて、まるでお伽噺さ。

「ビック・フィッシュ」とは「逃した魚は大きい」で使うのと同じような意味で「ほら吹き」という意味みたいです。

(2004,04,20)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
魚買い 釣り上げた餌 でかい夢  「チャーリーとチョコレート工場」でチャーリーから「ネバーランド」を思い出すように、ティム・バートンから「ビッグ・フィッシュ」を思い出した。 そういやあ、ジェシカ・ラングが出てましたなあ。「女優フランシス」はよかったなあ
* 空想俳人日記 * 2005/09/22(木) 05:32:41
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。