箪笥【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ箪笥

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲箪笥

2005/06/15  (水) 21:09| 映画感想編集

その扉の向こうに封印された、家族の哀しくも残酷な過去。
それは、絶対に開けてはならない扉だった…


箪笥お薦め度:.★★.
この作品オチを「禁じ手」と取るか「斬新な発想」ととるかで評価が分かれるような気がします。因みに私は7対3で「禁じ手」です…。

■映像について
予告編のときは綺麗と思った映像もややどぎつい印象。冒頭の姉妹が外で語らうシーンは綺麗でしたが、屋敷に入ってからはサテンの青とペンキ塗りたてのような赤い扉の配色等が目に辛い。

ホラーなので確かに怖かったのですが心理的に怖いと言うよりも無闇矢鱈にホラー的早回しにしたり、意味もなく怖そうな音を入れたりするのが怖い。そしてそれがフェイクであることが非常に多いので、だんだん「これ何時になったら本当に怖いことになるのか」という気持ちになる。

■ストーリー展開
予告編コメントの流れを受けて述べるなら「弟切草」13本目位のストーリー。あっちこっちからエピソード拾って無理矢理話に仕立てましたという印象です。
父親と継母、姉妹という四人で展開する話ですが…オチは【一人三役】。
継母と妹は姉の作り出した妄想。今まで一人二役(二重人格)オチは良く有りました。姉が既に死んだ妹がさも生きているように振舞うとか】。私は序盤でそうかな?と思いました。でもそれにしてはおかしなとこが多いので違うのかなと思ったら【一人三役】オチ。これってあり?

確かにこのオチが分かれば、父親が何故継母と同じベットで寝ないのか、と不思議に思った点などは解明されるので破綻はないのかもしれませんが、これを許してしまうと【一人四役五役】・・・と再現がなくなって、代表的な禁じ手「【夢オチ】」に限りなく近付いてしまう。

一人二役は、その一人(二人ともいうか)以外はちゃんと現実の世界で生きている】から納得がいきます。が、この作品の場合【四人中二人、50パーセントが妄想】と言うことになってしまって、それはいけないと思います。

■コピーが「号泣ホラー」となっていましたが、正直何処で号泣するのかもよく分からなかったです。まあ確かに【妹の死に様】は可哀想ですが。
なんだか小説「ドグラマグラ」を観ているような気になりました。
スピルバークがこの映画のリメイク権を高額で取得したことが話題となっているけれど監督にとってはこのオチが「斬新な発想」に思えたのでしょうね。この話をどんな風に持ってきて作品に仕上げるかがそれはそれで興味があります。

日本公開日:2004/07/24 

「箪笥」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「箪笥」を検索
「箪笥」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
怨念に取り憑かれた家に住む姉妹を襲う奇怪な出来事と二人の運命を描くホラー。
【原作・ノベライズ】
箪笥―薔花紅蓮
角川書店
韓国の古典怪談「薔花紅蓮伝」


公式サイト:〔日本公式サイト
原作:箪笥―薔花紅蓮
角川書店
韓国の古典怪談「薔花紅蓮伝」

原題:A Tale of Two Sisters
監督:キム・ジウン/
出演:イム・スジョン/ムン・グニョン/ヨム・ジョンア/キム・ガプス/

製作:調査中
脚本:キム・ジウン/
撮影:イ・モゲ/
美術:チョ・グンヒョン/
音楽:イ・ビョンウ/
衣装:調査中

日本公開日:2004/07/24
製作国:日本/
時間:115分
製作年:2003
ジャンル:ホラー/
製作/配給:コムストック
備忘録:-

(2004,08,24)/(中・感想)

【関連商品】
私は
「箪笥」が先だったので「甘い人生」を観るのをやめようと思っていたほどでした。
韓国作品のホラーはどうにも相容れないのかもしれない…。
2005/06/19(日) 20:43:21 * * かなで@管理人 #XAjl2.RA[編集]
初めまして
「甘い人生」がすごく良かったので借りてきたのですが、予想もしなかったラストに驚きました。一緒に助けようと言っていれば助かったかもしれないのに・・・。
2005/06/19(日) 04:41:32 * * よしえもん #-[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
昨年の今頃は韓流映画三昧でしたが、今年に入ってはご無沙汰でした。『ラブレター ~パイランより~』以来かな?ホラーは初めてですが、『箪笥』は謎解きミステリー色が濃いです。その意味で『カル』に近いかも。初めからミステリーとして、残虐描写やお化けを入れずに
* 太田屋の 新潟・旭町通信 * 2005/07/01(金) 15:57:39
「甘い人生」があまりにも良かったので、同じキム・ジウン監督の作品ということで観てみました。ほんとはホラー映画はあまり好きじゃないので、冒頭の顔全体が髪の毛で覆われた女の子が出てきたシーンからビクビクしていました。
* 映画大好き! * 2005/06/19(日) 04:42:58
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。