スキャンダル【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログスキャンダル

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲スキャンダル

2005/03/16  (水) 08:59| 映画短評編集

一途な恋か。禁断の誘惑か。

スキャンダルお薦め度:.★★★.
 …皆自分の心には素直になりましょう。というお話。
元々がフランス?の小説なのですが、上手く韓国版に脚色されていて面白かったです。18世紀末の朝鮮の貴族文化が丁寧に描写されているので、美術や衣装も見るべき所は多かった。

私はヨン様には全く熱狂しませんが、この作品は現代劇ではないのでイメージも違いますしなかなかかっこいいです。

ストーリーの骨子は…ロマンスを解さないのでいたって普通といった印象。

日本公開日:2004/05/22 ■「スキャンダル」の劇場検索
【ストーリー】
18世紀末の朝鮮。チョン・ウォンは官職を嫌い優雅に書画を楽しみ、女たちと戯れる毎日を送っていた。
一方、ユ長官の妻でありチョン・ウォンの従兄弟でもあるチョ婦人は子宝に恵まれず夫は彼女のかわりに子を生む、側室を迎え入れようとしていた。
【原作・ノベライズ】
危険な関係
ピエール・ショデルロ・ド ラクロ Pierre‐Ambroise‐Francois Choderlos de Laclos 竹村 猛 角川書店



「スキャンダル」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「スキャンダル」を検索
「スキャンダル」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
この原作は過去に何度も映画化されているそうで(知らなくてごめんなさい)比較すると面白いのかな?
海外が原作のものを上手く朝鮮版にしているのはすごい。このセンスを日本の映画界も持ってくれないものかなあ…。

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:〔日本公式サイト
原作:危険な関係
ピエール・ショデルロ・ド ラクロ Pierre‐Ambroise‐Francois Choderlos de Laclos 竹村 猛 角川書店


原題:朝鮮男女相悦之詞
監督:イ・ジョエン/
出演:ペ・ヨンジュン/イ・ミスク/チョン・ドヨン/チョ・ヒョンジェ/イ・ソヨン/チョン・ヤンジャ/ナ・ハニル/イ・ミジ/

製作:調査中
脚本:イ・ジェヨン/キム・デウ/キム・ヒョンジュン/
撮影:キム・ビョンイル/
美術:チョン・グホ/
音楽:イ・ビョンウ/
衣装:調査中

日本公開日:2004/05/22
製作国:韓国/
時間:124分
製作年:2003
ジャンル:恋愛/歴史/
製作/配給:シネカノン
備忘録:R18

(2004,04,13)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。