ロンリーハート【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログロンリーハート

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ロンリーハート

2008/04/09  (水) 20:14| 映画短評編集

アメリカ犯罪史上、最も悪辣な連続殺人犯:動機は孤独──これは実話

ロンリーハート
鑑賞後:.★★★.
うーん、まあそこそこに楽しかった。
終始あきたりだれたりすることはなかったのですか、逆に喰い付いて見る様な突出したシーンもなく。佳作、な出来でした。でも、最近多い実話資本のストーリーであることをやたら強調するような構成でなかったことは救いであったかも。


私には他人にわざわざ粗暴な態度をとってみたり、暴力を振るったりしてみせたりする男性に惚れる、という気持ちが理解できません。だって「私」にだけ優しくてもその優しさが第三者にも向かないほど少ないなんて最終的にどうなるかしれたもんじゃないですから。

ですがこの映画を観て、ああなるほどね、と合点がいく理屈がいくつか散見されていました。「殺人を犯してくれるほど惚れられる」こと。最上級の犯罪を犯してくれるほど自分のことを愛してくれるという実感が魅力なのですね。

この二人の関係は女性主導のものですが、彼を愛したというよりもともと詐欺師という彼だからこそ境界線を越えやすく、また上記のような女性の感覚は、自分がリスクをかける価値がある女である、という自己愛でしかなく。

だから死刑に際しても、男性は死に恐れおののき、女性は男性が「死に書せられるほど私のために高いリスクを負った」というヒロイズムに酔いつつ電気椅子に座る。

逆にこのリスクや自己愛が少々違ったベクトルに向くとストーカーになると思うのですが…。愛情にも様々な種類があり今回は何か成就するものではなく、破滅しか残らない虚しい愛情であったわけですね。

日本公開日:2007/11/10 ■「ロンリーハート」の劇場検索

【ストーリー】
1940年代、レイモンド・フェルナンデスは戦争未亡人や中年女性ばかりを相手に結婚詐欺を繰り返す犯罪者。標的は、新聞の恋人募集欄“ロンリーハート・クラブ”から選び出していた。ある日、レイは新たなターゲット、マーサ・ベックに近づく。しかし、そこでドジを踏んだレイだったが、逆に彼にぞっこんのマーサがその危機を救う。これをきっかけに、2人は強い絆で結ばれることに。以来マーサはレイの妹と偽り、詐欺の片棒を担ぐようになるが、相手の女性に異常なほどの嫉妬心を燃やすマーサはついに殺人を繰り返すようになる。そんなある日、女性の自殺現場に駆けつけたエルマー・C・ロビンソン刑事は、背後に犯罪の臭いをかぎつけ捜査に乗り出すが…。
【原作・ノベライズ】
-

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ロンリーハート」を検索
「ロンリーハート」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2008,04,09)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ロンリーハートソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 1940年代、レイモンド・フェルナンデス(ジャレッド・レトー)は戦争未亡人や中年女性ばかりを 相手に結婚詐欺を繰り返す。ある日、レイは新たなターゲット、マーサ・ベック(サルマ・ハエ...
* 心の栄養♪映画と英語のジョーク * 2008/04/21(月) 10:26:19
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。