シルク【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログシルク

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲シルク

2008/01/30  (水) 23:48| 映画感想編集

愛は運命に紡がれ、そして永遠となる

シルク スペシャル・エディション
鑑賞後:.★★★★.
誰かこの人(主人公)の心の移ろいを説明してはいただけないでしょうか?
キーラが演じる奥さんの心境は理解できるのに、マイケル・ピット君の演じる主人公の気持ちがさっぱりわからない。所詮私は女という性(さが)しか持ち合わせておりませぬ。〔長文レビュー有!

日本公開日:2008/01/19 

「シルク」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「シルク」を検索
「シルク」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
19世紀のフランス。戦争帰りの青年エルヴェは美しいエレーヌと結婚し、幸せの只中にいた。その頃、彼の住む村では製糸工場が稼働するが、やがて蚕の疫病が発生してしまう。そこでエルヴェは、世界で最も美しい絹糸を吐く蚕の卵を求め果てなく遠い極東の国、日本へと赴く役目を任される。そして辿り着いた日本は幕末の時代。裏で様々な取引をしているという蚕業者・原十兵衛が治める村へやって来たエルヴェは、十兵衛に妻として仕え絹のように美しい肌を持つ少女と運命的な出会いを果たす。一瞬にして惹かれ合い、帰国してもなお彼女のことが頭から離れないエルヴェ。こうして彼はエレーヌに後ろ髪を引かれつつ、少女に会うため再び日本へ向かう。
【原作・ノベライズ】
絹 (白水Uブックス 169 海外小説の誘惑)
アレッサンドロ・バリッコ 鈴木 昭裕 白水社


【スタッフ・キャスト・他情報】


(2008,01,30)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
* * 2009/10/28(水) 12:03:44
管理人の承認後に表示されます
* * 2009/10/25(日) 01:31:58
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。