アイ・アム・レジェンド【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログアイ・アム・レジェンド

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲アイ・アム・レジェンド

2008/01/27  (日) 23:26| 映画短評編集

地球最後の男に希望はあるのか。

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組)
鑑賞後:.★★★☆.
大作らしく大味といえば大味だし、でも深く見ようと思えば深く見ることもできる。そんな映画。
ストーリーよりも映像(荒廃した都会)を見せることが主眼であるのですが、同時にこんな混迷とした環境でもいわゆる「日常生活」をなんとしても保持しようとするという考えは感慨深いです。他人とのコミュニケートでアイデンティティが確立されるという面は確かにありますから、たとえマネキン相手であっても日常・安定を求めたいものなのでしょうか。

動物好きとしてシェパードは大注目(というかそれが半分以上目的で観にいった)でしたが、単なるパートナー以上の存在であったのは嬉しかった。かわいいし。
日本公開日:2007/12/14 ■「アイ・アム・レジェンド」の劇場検索

【ストーリー】
2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビルは3年前に起こった地球規模の災厄をくぐり抜け、この街で、おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男。彼は、相棒のシェパード、サムと無人の店舗で食料品や日用品を調達し、セントラルパークに畑を作って生き延びる日々。そして、自分以外の生存者を探して、毎日無線で呼びかけるものの、未だ生存者を見つけ出すことが出来ずにいた。それでも、人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探るため、たったひとりで奔走するロバートだったが…。
【原作・ノベライズ】
リチャード・マシスン『地球最後の男(別題:アイ・アム・レジェンド)』(ハヤカワ文庫刊)

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「アイ・アム・レジェンド」を検索
「アイ・アム・レジェンド」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2008,01,27)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組)(2008/04/24)ウィル・スミス、アリーシー・ブラガ 他映画の詳細を見る  昔、ドラえもんの秘密道具のなか...
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。