ベオウルフ 呪われし勇者【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログベオウルフ 呪われし勇者

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ベオウルフ 呪われし勇者

2007/12/31  (月) 16:55| 映画感想編集

この誘惑が、世界をもてあそぶ。

ベオウルフ/呪われし勇者 劇場版(2枚組)
鑑賞後:.★★★.
ロバート・ゼメキスさんは最近CGアニメーションの限界に挑戦しようと奮闘中なのでしょうか。
もう少し骨太な話かと思っていたらシンプルすぎて子供向けの印象。さらにいくらCG全盛といえど実写メインかと思ったらアニメちっくな表現にがっくり。私「シュレック」を観にいったわけじゃないのですが…。


アニメーションという意味では良く頑張っているとは思いますが矢張り微妙なところが不自然だし(特に馬がな~。下手糞な漫画家が描くような平坦な顔してるし関節の曲がり具合も変)動きもポリゴンゲームみたいで重力や重みが感じられない。
さらに、カメラワークが変…というか何故そこまでギリギリカットを多様する意味があるのか不思議。別に全裸で格闘する意味はないと思うのですが、元ネタの伝説が「全裸=丸腰」であることを強調しているでしょうか。
それでも一応評価できるところはあって、空想上の生き物ドラゴンはなかなか良い感じ。

ストーリーは娯楽映画と考えればこんなものかしらと納得するしかないのですが、年月の経過や異形の生き物との契約の重みといったものが感じられないのでどうしてもペラペラ感が否めません。

こうして考えると、実写映画とCG(アニメーション)はそれぞれの適材適所があって実写に限りなく近づけたアニメーションには余り価値が無いような気がしてきました。懐かしの「ファイナル・ファンタジー」を取ってみても普通に実写でやればいいし、そうでないのなら「実写で見える」ような努力は必要ないと思うのですが…。

日本公開日:2007/12/01 

「ベオウルフ 呪われし勇者」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ベオウルフ 呪われし勇者」を検索
「ベオウルフ 呪われし勇者」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
古代デンマーク。戦士ベオウルフは、時の王フロースガールの命によって、人々を襲い続ける呪われし巨人グレンデルの討伐に立ち上がる。そして激戦の末、グレンデルを見事に打ち負かすのだった。しかし、平安が訪れたのも束の間、ベオウルフの部下たちが皆殺しにされる。それは、魔性なグレンデルの母による仕業だった。さらにはベオウルフも冷酷で妖艶な彼女の魅惑に引き込まれ、彼女を愛せば永遠の力を持つ王になれる、という悪魔の誘いを受け入れてしまう。はたして、突然命を落としたフロースガールの後継者として王の座に就くベオウルフ。だが、やがてある時、ドラゴンが現われ、民衆を襲撃し始める…。
【原作・ノベライズ】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,12,31)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。