リトル・チルドレン【スポンサー広告】【新作映画】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログリトル・チルドレン

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲リトル・チルドレン

2007/08/07  (火) 00:13| 新作映画編集

心の中で、大人と子供が揺れている。幸せ探しの物語。
リトル・チルドレン
日本公開日:2007/08/04 ■「リトル・チルドレン」の劇場検索

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔フランス公式サイト
監督:トッド・フィールド/
キャスト:ケイト・ウィンスレット/パトリック・ウィルソン/ジェニファー・コネリー/ジャッキー・アール・ヘイリー/ノア・エメリッヒ/グレッグ・エデルマン/フィリス・サマーヴィル/セイディー・ゴールドスタイン/タイ・シンプキンス/レイモンド・J・バリー/メアリー・B・マッキャン/トリニ・アルヴァラード/ジェーン・アダムス/サラ・G・バクストン/トム・ペロッタ/


【ストーリー】
アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コート。成功したビジネスマンの夫リチャードと3歳になる娘ルーシーと共にここへ引っ越してきた専業主婦のサラ・ピアース。さっそく娘を連れて公園デビューに挑むが、郊外の典型的な主婦の集団に肌が合わず違和感を拭えない。そんな主婦たちの目下の話題は、彼女たちが“プロム・キング”と呼ぶ、学園の人気者タイプの男性のこと。彼の名はブラッド・アダムソン。ドキュメンタリー作家として成功したキャシーを妻に持ち、主夫をしながら司法試験合格を目指していた。サラはちょっとしたイタズラのつもりで、公園に現われたブラッドとハグをしてキスを交わす。軽いお遊びのつもりが、やがてお互いのことが心の中を大きく占めるようになってしまう。そんな中、性犯罪で服役していたロニー・マゴーヴィーが街に戻ってきたことで、街はにわかに騒然となっていく。
【原作・ノベライズ】
トム・ペロッタ

【コメント】
『消えた天使』の予告編で見ました。…なんて極端な作品を並べてくるんだ…。大人になりきれない大人たちの話もさることながら、性犯罪者の社会復帰とはまた難しい問題をくっつけてきました。私は性犯罪者が本当に更生する確率はゼロとは言わないけれどかなり低いと思っています。結局ジェンダーの違いはあるから本当の意味での被害者の気持ちって理解出来ないと思うし、生活苦からではなく嗜好からくるものだから、好きなものってなかなか治せる物じゃないし…。この作品が何処に解決を見出すか関心があります。

「リトル・チルドレン」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「リトル・チルドレン」を検索
「リトル・チルドレン」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,08,07)/(新作情報)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。