インランド・エンパイア【スポンサー広告】【新作映画】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログインランド・エンパイア

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲インランド・エンパイア

2007/08/07  (火) 00:12| 新作映画編集

わたしも、世界も、乱れていく。
David Lynch's Inland Empire (Limited Edition Two-Disc Set)
日本公開日:2007/07/21 ■「インランド・エンパイア」の劇場検索

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔イギリス公式サイト〕 〔フランス公式サイト
監督:デヴィッド・リンチ/
キャスト:ローラ・ダーン/ジェレミー・アイアンズ/ハリー・ディーン・スタントン/ジャスティン・セロー/カロリーナ・グルシュカ/スコット・コフィ/グレイス・ザブリスキー/ダイアン・ラッド/ジュリア・オーモンド/アマンダ・フォアマン/ジョーダン・ラッド/スタンリー・カメル/メアリー・スティーンバージェン/ローラ・ハリング/ナスターシャ・キンスキー/マイケル・パレ/ウィリアム・H・メイシー/裕木奈江/ピーター・J・ルーカス/クシシュトフ・マイフシャク/エリック・クレーリー/ナオミ・ワッツ/


【ストーリー】
街の実力者である夫と豪邸に暮らす女優ニッキー。彼女は新作映画の主演に抜擢され、再起を狙う。しかし、不倫を描いたその作品「暗い明日の空の上で」は、曰く付きのポーランド映画「47」のリメイクだと知らされる。そして、映画のストーリーとリンクするようにニッキーは共演者デヴォンと不倫に溺れていく。また映画の中では、ニッキー演じるスーザンが愛憎に巻き込まれ、そこへ「47」の舞台ポーランド、50年代風の部屋に佇む3人のウサギ人間たち、部屋で独りテレビモニターに見入るロスト・ガール、といった不可解な世界が複雑に絡み合っていくのだった。

【コメント】
裕木奈江が出演していることで妙に認知度が上昇してしまったマイナー映画。デビット・リンチって私は名前しかしらない…と思ったら昔一世を風靡したツイン・ピークスの監督でしたか。当時全然意味が分からなかったんですよね。
ストーリーを観るからして不条理で意味が分からない展開。果たして私はついていけるのかしら。

「インランド・エンパイア」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「インランド・エンパイア」を検索
「インランド・エンパイア」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,08,05)/(新作情報)


【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。