ファウンテン 永遠につづく愛【スポンサー広告】【新作映画】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログファウンテン 永遠につづく愛

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ファウンテン 永遠につづく愛

2007/07/03  (火) 23:10| 新作映画編集

何度生まれ変わっても 僕は、君を失う運命なのか。
The Fountain (Full Screen Edition)
日本公開日:2007/07/14 ■「ファウンテン 永遠につづく愛」の劇場検索

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト1〕 〔アメリカ公式サイト2〕 〔フランス公式サイト
監督:ダーレン・アロノフスキー/
キャスト:ヒュー・ジャックマン/レイチェル・ワイズ/エレン・バースティン/マーク・マーゴリス/スティーヴン・マクハティ/フェルナンド・エルナンデス/クリフ・カーティス/ショーン・パトリック・トーマス/ドナ・マーフィ/イーサン・サプリー/リチャード・マクミラン/ローン・ブラス/


【ストーリー】
病に冒された最愛の妻の命を救いたい。その思いだけを胸に、特効薬の研究に没頭する医師のトミー。妻のイジーは、運命を受け入れ、残されたわずかな時間をトミーと過ごし、彼の心に自分が生きた証を刻みつけたいと願う。だが、妻の命が尽きる前に新薬を完成させようと焦るトミーには、その思いが届かない。そんな彼に、イジーが渡した最後の贈り物――それは、前世のトミーを思わせるスペインの高潔な騎士が女王の命を受け、不死を約束すると信じられている伝説の<命の泉(ファウンテン)>を探す旅に出かけていく、壮大な物語だった。ふたりの絆を永遠にするために、物語をトミーに完成させてほしいと望むイジー。果たしてトミーは、そんな妻の願いをかなえることができるのか?そして、その後のトミーに、どんな運命と奇跡が待ち受けているのだろう……。
【原作・ノベライズ】
ダーレン・アロノフスキー

【コメント】
最近の映画にしては珍しく100分を切る短い作品。『きみに読む物語』、『ナイロビの蜂』に続く真実の愛の物語…なんだそうだ。私にはこの上記二つは全く別物なんだけどなあ、世間的には真実の愛でひとくくりにされちゃうんか…(苦笑)
空想の物語としてちょっとファンタジック要素が含まれている模様。

「ファウンテン 永遠につづく愛」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ファウンテン 永遠につづく愛」を検索
「ファウンテン 永遠につづく愛」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,07,03)/(新作情報)


【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。