300 スリーハンドレッド【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ300 スリーハンドレッド

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲300 スリーハンドレッド

2007/07/12  (木) 23:59| 映画感想編集

300人vs1,000,000人、真っ向勝負!
300: The Art of the Film
お薦め度:★★★☆
史実が基か、ビジュアルノベライズありきか。
いくらアメコミが原作と言えど史実を基本とした話をこんな風に表現するのは、やりすぎ?これでは流石に西アジア圏の方々が文句つけたくなる気持ちもわからなくはない。

でもここは日本人ということで気楽にコメントを。

出演者を数週間のスパルタ式(笑)特訓により鍛えて製作に臨んだというこの作品。肉体アクション映画でありながらCGをフル活用していることも売りになっています。
こんなに壮大感のある映画ですが、もしかしてオールスタジオ・オールブルースクリーンの前で撮影が行われているのかもしれないと思うとなんだかちょっとしょげますね(苦笑)

筋肉誇張にグラフィック加工を使用しているのはいいのですけれど、表現が一定じゃない。腹筋ががっつり割れているときもあればちょっと「ぶよ」気味な時もあって気になって仕方が無い。私は腹筋にしか目が行かなかったのですが師匠曰く「腹筋に気合入っている時と、胸筋が大変なことになっているときと、太ももがえらく太いシーンがあった」。
いくら監修の作画監督がいるとはいえ実際に作業しているのが多数の人間なのでどうしてもちょっとした趣味?は出ちゃいますね。

乙女(ゲラ)としてはスパルタ戦士のスタイルが気になります。冑はフルフェイスに近いのに、何故鎧は付けないのでしょうかね…。『トロイ』の時はあのミニスカートが結構恥ずかしかったという話があったのですけれど、今回は海パンいっちょ。男の人から見たらどっちのほうが恥ずかしいのかな。

ビジュアル表現としては『シン・シティ』同様にフランク・ミラーの絵の雰囲気を上手く捉えているなと感じました。早回しとスローモーションを組み合わせることで活動的なアクションなのに静的なイメージも持ち、彼の漫画というよりもイラストレーションのような印象と重なります。

物語はヘロドトスの『歴史』に記述されている「テルモピュライの戦い」を基に描かれています。
とはいうものの、余りにもコミックノベル・エンターテイメントムービーとして再構成されすぎているので取り立てて何か述べることがあるかと言えば…余りないかな。いくらなんでもペルシア軍勢の容貌があんまりにもあんまりなので…クセルクセスが気持ち悪すぎです。
まさに男くささとは何か、という意味で真髄をみたような作品ですね。映画館で観て本当に良かった。テレビで観たら絶対につまらない。

日本公開日:2007/06/09 

「300 スリーハンドレッド」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「300 スリーハンドレッド」を検索
「300 スリーハンドレッド」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとにペルシア帝国からの遣いがやって来た。千もの国々を征服した東方の大帝国が次なる標的に定めたのは、スパルタをはじめとするギリシアの地。国を滅ぼされたくなければ、ペルシアの大王クセルクセスに土地と水を差し出し、服従の証を立てろと使者は言う。「服従か、死か」と問われれば、スパルタの答えはひとつ――王レオニダスがペルシアの使者を葬り去った瞬間、スパルタは100万の大軍を敵に回した。
神々に開戦の許しを乞うために、レオニダスは司祭のもとを訪れたが、欲と妄執にとらわれた司祭たちは、託宣者のお告げであるとして、スパルタ軍の出兵を禁じた。託宣者の信託に従えば戦うことは許されない。しかし、戦わなければ滅ぼされる。
【原作・ノベライズ】
300: The Art of the Film
Victor Davis, Dr. Hanson Tara Dilullo Zack Snyder Dark Horse Comics
300
Frank Miller Lynn Varley Dark Horse Comics


【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,07,12)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
歴史上有名なペルシャ戦争の「テルモピュライの戦い」をもとに、スパルタ軍「300」対ペルシャ軍10万の戦いを描いた「300」。友人とその歴史上の真実を確かめてまいりました!!(以下、ウェキペディアより一部抜粋)テルモピュライの戦い(-たたかい、Battle of Thermopylae
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。