主人公は僕だった【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ主人公は僕だった

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲主人公は僕だった

2007/05/30  (水) 00:34| 映画感想編集

男は悩んでいた。自分だけに聴こえる、作家の声に。

Stranger Than Fiction
お薦め度:.★★★★.
私の職業は銀行員、そしてかつて僭越ながら物書きなる職業に憧れていた時期があります。そんな私にとって、国税局勤務のハロルド、そして小説家としてスランプに陥っているカレン・アイフルの物語は思うところが色々有り、非常に面白い作品でした。〔長文レビュー有!

日本公開日:2007/05/19 

「主人公は僕だった」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「主人公は僕だった」を検索
「主人公は僕だった」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
私たちの人生のストーリーを書いているのは、運命?神サマ?それとも自分自身?国税局に勤めるハロルド・クリックの場合、なんとそれは文字通り"作家"だった!毎朝同じ時間に目覚め、同じ回数歯を磨き、同じ歩数でバス停まで行き、会計検査官の仕事をこなして、毎晩同じ時間に眠る。そんな几帳面すぎる毎日を送っていたハロルドに、ある朝、突然、彼の行動を正確に描写する女性のナレーションが聞こえてくる。声の主は、悲劇作家カレン・アイフル。10年の沈黙を破る最高傑作の完成を目の前にした彼女が、ラストでいかにして死なせようかを悩んでいる主人公こそ、ハロルドだったのだ。何とか自分の物語を喜劇にしようと生活を変え始めるハロルド。自分と住む世界が違う女性に恋をしたり、子供の頃の夢だったギターを弾いたり、愛すべき姿に変わりゆくこの人生を、ハロルドは守ることができるのか?
【原作・ノベライズ】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,05,30)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
レディースデイだった今日、銀座みゆき座で主人公は僕だったを見てきました。クイーンとどっちにしようかと思いましたが、クイーンはまだまだ上映されると踏んで、こちらにしましたというのも、日本ではアメリカのコメディ映画(ラブコメディは除く)はヒッ
* bibouroku * 2007/05/24(木) 02:35:38
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。