ボンボン【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログボンボン

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ボンボン

2007/07/09  (月) 00:40| 映画短評編集

幸せのタネを蒔こう

El Perro (Bombon The Dog) [NTSC/REGION 1 & 4 DVD. Import-Latin America]
お薦め度:★★★☆
もう少し可愛らしくてピュアな話を期待したのですけれど。
現代の藁しべ長者っていっても、流石にあの昔話ほどとんとん拍子には上手くいきませんし、もっと現実的で生っぽい話でした。しかもほとんどボンボンなんて可愛い名前で呼ばれてないし、さらにああ見えて(超失礼な言い草)「ドゴ」という品種の血統書。ばっきばきの良血と来たものです。

血統書付きの犬を入手して、それを資本に幸せと言うかお金を手に入れたいと思うのならやることは唯一つ。それはブリーディング。
確かに犬に目を付けた人たちがファンに声をかけて、テンポ良くドゴの魅力が見出されていく展開は面白い。だけど、犬即金儲けというのはちょっと…ごく普通に犬を好きな私には馴染めないんですよね。

面白いっちゃ面白いですけど。
日本公開日:2007/04/14 ■「ボンボン」の劇場検索

【ストーリー】
初老の男フアン・ビジェガスは、20年もの間まじめに働いてきたガソリンスタンドを、オーナーが代わったとたんクビにされてしまう。再就職先も見つからず、住まいもなくしたフアンは、娘夫婦の家で肩身の狭い日々を送っていた。そんなある日、人助けをしたフアンは、そのお礼として大きな白い犬“ボンボン”をなかば強引に贈られてしまう。家に戻ると案の定、家族の大反対が待っていた。仕方なく、ボンボンを車の助手席に乗せ、あてのない旅に出るのフアンだったが…。
【原作・ノベライズ】
-

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ボンボン」を検索
「ボンボン」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
スチール写真でしたり顔で助手席に乗っている犬が可愛くてつい…どっちかというとぶちゃいくの部類に入る犬だと思うけど何だか憎めない。
解説を読むと現代の藁しべ長者みたいな話なんだそうだ。といってもきっと最後までこのボンボンはおじいさんと行動を共にすると思うので、どういった小さな親切を振りまいて旅していくかと思うと微笑ましい。

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,07,09)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。