クィーン【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログクィーン

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲クィーン

2007/04/25  (水) 00:45| 映画感想編集

世界中が泣いたその日、たった一人涙を見せなかった人がいた

The Queen
お薦め度:.★★★★.
やはり民衆と君主としてその上に立つものの感性は異なるものである、いやそうでなくてはならないと痛感した作品でした。民衆は感情で行動し、君主は感情を排除して行動するものだと。
実話を元にはしておりますが、これは飽くまで物語、推論と空想のストーリーであることを念頭において感想を述べさせてもらいます。〔長文レビュー有!

日本公開日:2007/04/14 

「クィーン」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「クィーン」を検索
「クィーン」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
離婚後も絶大な人気を誇ったダイアナ元皇太子妃の突然の事故死という事態に直面し対応に苦慮する英国王室の内幕に迫る実録政治ドラマ。予期せぬ悲劇に国民が悲嘆する中、適切な対処を怠りマスコミの非難の矢面に立たされ苦悩を深めるエリザベス女王と、新首相として国民からの信頼獲得を必要としていたトニー・ブレアがそれぞれの思惑を胸にこの政治的難局を乗り切るまでを赤裸々に描き出す。

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,04,25)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「クィーン」★★★★ヘレン・ミレン、 マイケル・シーン主演スティーヴン・フリアーズ監督、2006年フランスイギリス王室の真実!ダイアナ元王妃の死、そのとき女王は?目を引く宣伝のコピーは実際はこの映画にふさわしくない。ここで目にするこ...
* soramove * 2007/04/24(火) 00:52:26
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。