13/ザメッティ【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ13/ザメッティ

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲13/ザメッティ

2007/06/12  (火) 00:58| 映画短評編集

13人のロシアン・ルーレット
──それは、運命を狂わせる邪悪なゲーム。


13 Tzameti
お薦め度:.★★☆.
すまぬ、私には何がそんなに絶賛されるのか理解出来ませんでした。
加えて何故これで『ファイトクラブ』が引き合いに出されてきたのかが本当に判らない。
死や暴力が秘密組織のゲームになっているところが同じだというのかしら?



フィルムが今時珍しいモノクロームなのは何らかの意図があってのことでしょう。色彩により衝撃やインパクトを押さえることでそうではないところに目を向けさせたかったのかもしれませんが。一体何処を見ればよかったのでしょう…。

サスペンスは映画であれ小説であれ好きな方ですし、ハラハラドキドキすることは楽しめると自分では思っていたのですが、この作品が楽しめなかったということは私は純粋にサスペンスを楽しんでいるのではなくもっと他の付随している「何か」が好きだということなのかもしれませんね。

いやそれとも途中でだれてきて、どうせ主人公だから最後まで生き残るに決まってるしー、なんていけない先読みが暴走したせいでしょうか。

公式サイトでの情報によると、早くもハリウッドでの監督本人のリメイクが決定しているそうで出演者にはブラピやトビーの名前が挙がっているのだそう。因みにこの映画に熱狂している俳優の名前にブラピとレオがあがっていました。確か『エターナルサンシャイン』の時もこの二人の名前が並んでいました。この二人は映画の趣味が似通っているのかしらね。

日本公開日:2007/04/07 ■「13 ザメッティ」の劇場検索

【ストーリー】
グルジア移民の22歳の青年セバスチャン。ある日彼は、仕事先の家主が大金を手にする方法があると吹聴しているのを耳にする。もうじき連絡の手紙が届くというのだ。しかしその男は不運にも急死してしまい、彼宛の手紙をセバスチャンが横取りする。封筒の中には、パリ行きのチケット。意を決してパリへと向かったセバスチャンは、何者かに導かれるまま、暗い森の奥に佇む不気味な屋敷へと辿り着く。しかしそこには、思いも寄らぬ運命が待ち受けていた。なんと彼は、13人のプレイヤーが一斉に引き金を引く集団ロシアン・ルーレットに参加させられてしまったのだ。そしてその周囲は、プレイヤーの生死に大金を賭け、ドス黒い欲望の固まりと化したギャンブラーたちの狂気に満ちた眼光で埋め尽くされていた…。
【原作・ノベライズ】
-

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「13 ザメッティ」を検索
「13 ザメッティ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
曰く、「『ファイト・クラブ』が子供だましに見えてくる!」らしいですよ!
………なんですってーーと紛糾する私は『ファイト・クラブ』好き。おおよそ過去の作品を引き合いに出してその作品の賞賛している映画で出来が良かった試しなし。そんなに言うのだったらどれぐらい素晴らしい出来なのか観てやろうじゃないの!!
(簡単にキャッチ商法につかまっています・笑)

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,06,12)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ロシアン・ルーレット・・・、怪しい響きだ。 拳銃の中に1発だけ弾を込め、順番に引き金を引いていく。 拳銃の先を自分の頭に向けながら。根性試しなのか、シンプルな決闘なのか、一体誰がこんなことを考え付いたんだろう?相当根性座ってないとできない勝負だ。
* 映画を10倍好きになる! * 2007/04/04(水) 23:19:34
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。