素粒子【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ素粒子

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲素粒子

2007/07/08  (日) 01:22| 映画短評編集

愛は結びつける。永遠に結びつける――。

素粒子
お薦め度:★★★☆
あれ…これ映論指定されてないのか?四六時中乳ほり出してるから18禁くらってもおかしくないと思ったんだけど。
もっと理屈っぽくアカデミックな話が展開されるかと思いきや、かなり情緒や心理に重点が置かれている作品。

「素粒子」というタイトルは「真実は素粒子と同じでそれ以上小さくならない」からであり、幼少時代に愛されることを教わらなかった兄弟がそれぞれの愛を見つけ出すまでの物語。
そしてこの作品の特色は「愛=性欲となりえるか?」または「性欲は何のために存在するのか」という問題提起をしているところですね。

ストーリーとしてはそれほど独自性があるとも思えませんが、「愛していればどうするか」ではなく「どうなれば愛と呼べるのか」という視点で表現されているところがとても面白いと思いました。

(短評ゆえ後日)
日本公開日:2007/03/24 ■「素粒子」の劇場検索

【ストーリー】
20世紀末のドイツ。かつて両親に養育放棄された異父兄弟 ― 国語教師の兄・ブルーノは、国語教師でありながら満たされない愛の欲求を強烈な性的欲望にすりかえ、ヒッピー達が集うキャンプ場や風俗クラブへ出向く。一方、天才的な研究者として静かな生活を送る弟・ミヒャエルは、クローン技術を応用した人類の進化を模索する。
【原作・ノベライズ】
素粒子
ミシェル ウエルベック Michel Houellebecq 野崎 歓 筑摩書房


詳細情報は以下に。
ギャラリーで「素粒子」を検索
「素粒子」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
粗筋読んだだけでは全く理解不能な作品。
「現代社会の恐ろしいほどの愛の欠如と絶望感を、ユーモアと悲恋を交えて痛烈に描いた問題の恋愛劇」なんだそうです。…やっぱりわかりませんね。ただお監督が徹底的な人間観察と妥協を許さない演出力が評価されている人らしいので、その辺を期待しようかと思っています。

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,07,08)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。