今宵、フィッツジェラルド劇場で【スポンサー広告】【新作映画】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ今宵、フィッツジェラルド劇場で

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲今宵、フィッツジェラルド劇場で

2007/03/05  (月) 00:07| 新作映画編集

最後のラジオショウが終わるとき、新しい人生のドアが開く
今宵、フィッツジェラルド劇場で
日本公開日:2007/03/03 ■「今宵、フィッツジェラルド劇場で」の劇場検索

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔イギリス公式サイト〕 〔フランス公式サイト
監督:ロバート・アルトマン/
キャスト:ウディ・ハレルソン/トミー・リー・ジョーンズ/ギャリソン・キーラー/ケヴィン・クライン/リンジー・ローハン/ヴァージニア・マドセン/ジョン・C・ライリー/マーヤ・ルドルフ/メリル・ストリープ/リリー・トムリン/メアリールイーズ・バーク/L・Q・ジョーンズ/


【ストーリー】
ミネソタ州セントポールのフィッツジェラルド劇場。全米のリスナーに長年親しまれてきたWLT局のラジオ番組「プレイリー・ホーム・コンパニオン」(実在する同名の音楽番組がモチーフになっている)の公開録音がここで行われようとしている。番組台本も書く卑屈な語り口に定評ある司会のギャリソン・キーラーをはじめ、どさ回りでカントリーソングをデュエットして歌うヨランダとロンダのジョンソン姉妹、シンガーソングライターになるのを夢を見るヨランダの娘のローラ、ちょっと下品なカウボーイソングが持ち歌の男性デュオのダスティ&レフティらが次々に楽屋入りする。そんななか、番組のボディガードである探偵気取りのガイ・ノワールは、白いトレンチコート姿の天使のような美女を楽屋口で見かけて、ただならぬ気配を感じる。実は、WLTラジオ局はテキサスの企業家アックスマンによって買収され、番組は打ち切り決定、今夜がその最終回だった。司会者キーラーの名調子で番組はいつもどおり進行していくが、ガイの予感どおり、何かが起こる──。
【原作・ノベライズ】
ギャリソン・キーラー

【コメント】
ロバート・アルトマン監督の遺作。図らずとも集大成となってしまったこの作品、人気ラジオ番組の最終回公開ショウの裏側で巻き起こる生きること死ぬこと、歓びや哀しみ…、少々予告編がうまく出来過ぎていて「既に観ちゃった気」にさせられてしまうのが難点(苦笑)ですが、ややレトロでハートウォーミングな雰囲気がいい感じです。

「今宵、フィッツジェラルド劇場で」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「今宵、フィッツジェラルド劇場で」を検索
「今宵、フィッツジェラルド劇場で」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,03,04)/(新作情報)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『今宵、フィッジェラルド劇場で』を観た。   ハードボイルドを思わせる出だしだ
* 観たり・聴いたり * 2007/03/12(月) 11:30:30
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。