スパイダーマン3【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログスパイダーマン3

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲スパイダーマン3

2007/05/28  (月) 22:52| 映画感想編集

「自分」に挑め。

Spider-Man 3
お薦め度:.★★★★☆.
続編が三作も続いてクオリティが安定する作品は非常にまれですが、今回はそのごく稀な例にであったようです。
三作目はよりスパイダーマンではなくピーター・パーカーの物語といった印象が強かったです。ピーターとハリー、MJという三人と(というかMJは殆ど翻弄されているだけですか)マルコ・エディというゲストキャラクターで織り成す復讐劇。〔長文レビュー有!

日本公開日:2007/05/05 

「スパイダーマン3」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「スパイダーマン3」を検索
「スパイダーマン3」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
彼は「決意」する。たとえ「自分」を傷つけようとも…。
ニューヨーク。市民から賛辞を浴び続けるスパイダーマン。ある日突然、謎の黒い液状生命体がピーター・パーカー(スパイダーマン)に取り憑き、全身を黒く染めていく。 黒いスパイダーマンとなったピーターは、その黒いスーツがもたらす新たなパワーに酔いしれるが、今までで感じることの無かった怒りを制御することができない。
彼に何が起こったのか…。
慕っていた叔父を殺した犯人が変異したサンドマンに対する異常なまでの復讐心。スパイダーマンを父の仇と信じ込み、グリーン・ゴブリンの名を受け継いだ親友ハリー・オズボーンとの決闘。未来を誓い合った恋人メリー・ジェーンとの心のすれ違い。悲しき運命の連鎖が、彼を究極の闘いへと導いていく。
そして、未だかつて無かった恐怖がスパイダーマンを襲う。
【原作・ノベライズ】
スパイダーマン (1) アメコミ新潮
ビル・ジェイマス ブライアン・M・ベンディス 柳 亨英 新潮社


【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,05,28)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アメリカンコミックを原作に最新技術を駆使して実写映像化した シリーズ3部作の最終作。 前作から約3年、 それぞれに深い事情を抱えスパイダーマンへの憎悪を燃やす 3人の敵との対決に加え、 MJとの波乱に満ちた恋の行方や謎の黒い物体によって ブラック・スパイダーマンと
* 噂の情報屋 * 2007/08/14(火) 20:42:59
スパイダーマン『スパイダーマン』(''Spider-Man'') は、アメリカ合衆国のマーベル・コミック刊行の複数のアメリカン・コミックス|アメコミに登場する架空のヒーローであり、同名の映画作品及び、そのシリーズ名である。現在日本では、新潮社より刊行された『アルティメット
* プレイステーション2ソフト * 2007/02/11(日) 15:41:58
スパイダーマンJ『スパイダーマンJ』(スパイダーマンジェイ)は、コミックボンボンの2004年9月号~2005年11月号に連載された山中あきらの漫画。スパイダーマンを基にしており、時折海外の映画作品とクロスオーバー作品|クロスオーバーすることもあった。.wikilis{font-size
* このマンガが読みたい! * 2007/02/09(金) 02:21:16
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。