ラッキーナンバー7【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログラッキーナンバー7

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ラッキーナンバー7

2007/01/21  (日) 00:02| 映画感想編集

すべては《ラッキーナンバー7》から始まる

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション
お薦め度:★★★
この作品、感想を述べてしまうと何でもかんでもネタバレに抵触してしまいそうで、難しい。
競馬に例えるならばスタートダッシュは良くて、向こう正面は特に目立たず、三~四コーナーではもたもたとし、最後の直線で後方一気!…だが全ての馬をかわして勝利できたか、つまりは観客を満足させることが出来たか、私が他の人にお勧め出来るか、と問われると沈黙せざると得ません。

監督は『ホワイトライズ』のポール・マクガキン。余程ハートネット君が好きと見えます。作りはサスペンスなんだけど何となくコメディっぽい。『スナッチ』を思い出すようなイギリスっぽい印象があります。

以下ネタバレとなるのでご注意下さい。


まず序盤の過去のショッキングな事件を語るシーンは、これが今後どのように絡んでいくのかこの事件が彼にとって何の意味があるのかと非常に興味をそそられる導入でした。
まず最初になぜタイトルが「ラッキーナンバー7」なのかは理解できると思います。件の馬のゼッケンが7番だからです。(というフェイク)原題は「Lucky Number Slevin」。邦題を「ラッキーナンバー7」としたのは、観客をより混同させる(実際私がしている)意味では正解だったかな?

ここからスレヴィンの登場となります、友人ニック宅に転がり込んだものの家主は行方不明。更にニックと勘違いされて借金の方に暗殺を命令されるスレヴィン。何故ここでいつまでもバスタオル一丁で小突き回される羽目に陥るのか。作品的にトホホな状態だと見せたかったのかもしれませんが、こう長々とそれが続くと笑えない上に寒い…。
ベン・キングスレーさんユダヤ人の設定でしたね…私にはどうにもインド系の人にしか見えないのでこのギャップを埋めるまでにそうとうな時間がかかりました。とはいえ彼もモーガン・フリーマンも演技がお上手で…。

勘違いとは言え、殺されちゃたまらないスレヴゥンは暗殺計画を企てます。協力しようとする隣人のリンジー。彼女の存在は非常に有用でした。
疑問に思うことをぽんぽんとスレヴゥンに投げかけ、スレヴィンがそれに答える。多少不自然な答えもあります(何故財布だけ盗まれ時計やトランクは取られなかったのか?など)が、そのことに対してもリンジーは彼の答えにとにかく納得し彼に協力しようとする。
これはとても上手い。観客が不審に感じる前に製作者サイドから疑問を上げ、回答を提示する。それによって観客はリンジー同様に納得せざるを得なくなり、そのことに意識が向かなくなります。

グットキャットの存在もいかにも彼が黒幕の様に演出し、観客を真の回答から遠ざける。そして最後の新装にあっと驚かされる。真実はそこにあったのか!と。

…とまあ驚愕の真実は非常に面白いのですが……中盤が猛烈に面白くないのです。
暗殺する対象に対してスレヴィンは何とか近付こうと計画してするのですが、ここがもたもたもたもた…スリリングでもなければ緊迫感も無い。余りの見せ方の凡庸さに睡魔と闘わなければなりません。確かにこのまどろっこしさが、最後のオチを引き立てるのは判るのですが、これはちょっと大変です。このトロさが平気か、最後のオチに余程熱狂できる人でなければこの作品に魅了されるのは難しいかと思います。

最後のサプライズの為に不審な点を潰すのも手法の一つです。が、もう少し伏線らしきものを引いて、観客に推理する楽しみがもらえないと鑑賞することに飽きが来てしまうことがあるのでさじ加減が微妙でありますね。
面白くなかった、騙されなかった、とは言いませんが、中だるみして寝てしまいそうになる作品を他人に勧めるほど褒めるのは難しいですから。

日本公開日:2007/01/13 

「ラッキーナンバー7」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ラッキーナンバー7」を検索
「ラッキーナンバー7」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
仕事を首になり、彼女の浮気現場を目撃、住む所さえなくなる、と最悪な一日を過ごしたスレヴィン。しかし、そんなバッドラックは始まりにすぎなかった。
ニューヨークに住む友人ニックの長い留守中に、スレヴィンはその部屋を間借りすることになった。そのアパートの隣に住むリンジーと仲良くなり、恋仲にまで発展する。そんな甘い生活もつかの間、ニックが借りた借金の取り立てにギャングが突然やってくる。一文無しのスレヴィンは、ギャングのボスの所に連れていかれ、借金の帳消しの換わりに人殺しを頼まれる。不幸が度重なるスレヴィン。全てが偶然の不幸に見えたが、’偶然’は、計画的なものであった。その裏を操っていたのは意外な人物とは!?

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,01,20)/(中・感想)

【関連商品】
はじめまして
訪問履歴から来ました。

あんまり受けなかったけど、この映画面白かったですよ~。特にルーシー・リュウを見て「ワタシでもこんな格好していいの?」とある意味いらない勇気が湧きました。

TBさせていただきますね。
2007/01/16(火) 13:15:05 * * プリシラ #-[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組) ¥2,952 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/12/08) 原題LUCKY NUMBER SLEVIN 製作年度2006年 製作国アメリカ 上映時間111分 監督ポール・マクギガン 出演ジョシュ・ハートネット(スレヴン?...
* ミーガと映画と… -Have a good movie- * 2007/12/12(水) 18:22:56
2007年3本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ホワイト・ライズ」のポール・マクギガン監督作品。不運続きの主人公が対立するギャングの抗争に巻き込まれていくさまをユーモアを織り交ぜテンポ良く綴ってゆく。出演者がめっちゃ豪華だったのは良かったです。殺し屋グ...
* しょうちゃんの映画ブログ * 2007/03/20(火) 00:35:07
いったい誰が─なんのために?偶然なのか?計画なのか?絡み合ういくつもの「謎」が解き明かされた時、驚きのラストがあなたの「心」まで奪い去る!すべては<幸運のナンバー7(セブン)>から始まる
「ラッキーナンバー7」★★★☆ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリス主演ポール・マクギガン 監督、2006年アメリカ不運続きの主人公スレヴンは、友人を頼ってNYに来た、しかし友人は外出していて、何故か彼は腰にバスタオルを巻いただけの格好で連...
* soramove * 2007/01/31(水) 22:53:34
映画「ラッキーナンバー7」観てきました。ジョシュ・ハーネットやブルース・ウィリス、モーガン・フリーマンにルーシー・リューなどなど、その豪華なキャストが揃った作品の割には意外と話題になっていないのはこの「ラッキーナンバー7」という邦題のせい?(笑)原題は「ラ
* 固ゆで卵で行こう! * 2007/01/23(火) 11:26:35
実は年末にツタヤ半額で借りたDVD6本を返却期限を勘違いして2000円も余分に払ったうめは、それ以降自ら借りたり、行ったりして映画を見ることから遠ざかっていた!( ´△`)アァ-思いっきり自
* ★☆★梅の役者生活★☆★ * 2007/01/21(日) 17:17:08
久々に映画を 観ました。連れのリクエストにより ごひいき ブルース・ウィリスが出演している The Wrong Man こと Lucky Number Slevin に決定。予告とか 広告とか から受けたイメージは 「これって
* Lost in Australia * 2007/01/16(火) 13:15:56
[映画・ラ行] ラッキーナンバー7今回の映画は、「ラッキーナンバー7」です。(このページでは、DVDの販売が確定次第、更新します。)(今回の映画レビューは、本家サイト「やわらか映画~おすすめDVD~」からの転載であり、本家では、公開後に加筆する予定です。)本作「
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。