ダニエラという女【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログダニエラという女

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ダニエラという女

2007/01/15  (月) 00:40| 映画感想編集

特技は愛されること。

ダニエラという女
お薦め度:★★★☆
別名は「奥様はモニカ・ベルッチ」。モニカ・ベルッチがセクシーで好きだという方激しく推奨。それ以外の人は特に見なくてもよし。そして私はモニカ・ベルッチが大好き(笑)。正直モニカ・ベルッチが先かこの映画作品の企画が先かと問われれば、絶対「モニカ・ベルッチつかって何か映画つくる」というコンセプトから始まったに違いないのです。

「髪結いの亭主」という作品をご存知の人がいるのでしたら判るかな?
ある男性がモニカ・ベルッチみたいな女性が好きで、たまたま宝くじが当たって大金を手に入れたから娼婦なモニカ・ベルッチを奥さんにしました、というお話です。モニカ・ベルッチが奥さま!毎日夢心地だよね。

モニカベルッチは元(というよりも進行形で)娼婦。数々の男性をとりこにしていきます。流石は「特技は愛されること」なだけはあります。男性はあまりの美しさに涙しちゃうくらいです。コートを脱ぐと胸元からハイライトで光るくらいです。すごいです。それほどの美人です。大変です。
この「美人」という設定に関してモニカ・ベルッチはものすごい説得力です。
こればかりは演技派うんぬんの問題ではありませんし、いかにニコール・キッドマンが美人可愛かろうが、アンジェリーナ・ジョリーがカッコいい美人だろうが、ミラ・ジョボビッチが健康美人だろうが、このモニカ・ベルッチの色気ムンムン美人ぶりはできません。

胸でかい!巨乳!!ハリウッド女優はスレンダーなので胸は…な人が多い中でこの存在は希少です。海辺で薄着で走りまわるところなんか胸ゆさゆさしてすごいです。
これじゃあ持病に心臓発作の病気が無くても毎日夜と共にしちゃった日には心臓麻痺で死にそうです。体がもちません。彼女が危険発言しただけで友人の医師は彼の血圧を気にしてしまうほどです。
またいかにもフランス映画らしくセクシャルな表現が実にあけすけで…。18禁だからなのかこんな会話本当にご近所さんとするんですかフランスの人は?と疑いたくなるような発言の連発です。

ジャンルは恋愛/コメディ/ドラマとなっていますが、私が一番強く感じたのはコメディですね。
男も女も(!)モニカ・ベルッチの色香に惑わされて妄想が炸裂しすぎて、どれが現実かわかりませんし。妙な発言は飛び出すしで、私は笑わさせていただきました。
モニカ・ベルッチファンには強くお勧めしますが、それ以外の人は避けてください。

…今回モニカ・ベルッチって一体何回言っているのだ私(笑)

日本公開日:2006/12/09 

「ダニエラという女」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ダニエラという女」を検索
「ダニエラという女」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
ごく平凡な男フランソワはある日、宝くじで大当たりする。そこで彼は、飾り窓の中にいる美しい娼婦ダニエラに“金が続く限り僕と一緒に暮らして欲しい”と申し出る。交渉は成立し、フランソワにとっては夢のような生活が始まる。しかし、ダニエラとの暮らしは心臓の悪いフランソワにとってはあまりに刺激が強すぎる。フランソワの主治医アンドレは彼のことが気が気でない。そんなある日、ダニエラは突然彼のもとから姿を消してしまうのだが…。
【原作・ノベライズ】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,01,15)/(中・感想)

【関連商品】
同感!
TBありがとうございます。
たしかに、モニカ・ベルッチいいですね。
その存在だけで十分です。
映画デビュー作 1992[モニカ・ベルッチの情事」イタリア映画 これもいいですよ。
2007/01/23(火) 21:57:03 * * rock-c #-[編集]
モニカ・ベルッチ
あえて,この作品をみたひと達が作品内容にまったく触れずにいるのがなんかおかしいですよね。
みんなモニカ・ベルッチの見た目に話がいってしまうので…。
こんな作品も彼女ならでは,フランスならではなのでしょう。
それでもヴァン・サン・カッセルはこんな美人妻いないだろうと自信満々なんだろうなーなんて想像しました。
2007/01/20(土) 22:09:27 * * chikat #-[編集]
下心(笑)
下心とは…。
でも私も「女の癖にモニカ・ベルッチが好きだなんて変わっている」と言われます。

いいじゃないですか!?ねぇ?
2006/12/16(土) 16:55:20 * * ピコシアタ #XAjl2.RA[編集]
イタリアの宝石
私もモニカ・ベルッチ好きです!!!!
かなり下心もあるんですけどね(笑

自分のblogでモニカ・ベルッチを特集しようかと思って現在『マレーナ』『アレックス』『ジュリアナ』等々を見てます。

『ダニエラという女』見たいんですが、公開している劇場が少なくて困ってます。
2006/12/11(月) 20:33:15 * * ドM眼鏡君 #-[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  評価:★4点(満点10点) 2005年 95min 監督:ベルトラン・ブリエ 出演: モニカ・ベルッチ 、ベルナール・カンパン 、ジェラール・ドパルデュー 、ジャン=ピエール・ダルッサン 、ファリダ・ラウアジ 、エドゥアール・ベア ....
 道に佇む男の視線の先には、美しい娼婦がいる。 大胆で大味。濃いトマト味のパスタを食べたかのような官能とエロスのドラマがモニカ・ベルッチの肢体の上で踊っていく。 その女はダニエラ(モニカ・ベルッチ)という名前で、愛される事に長けた女....
* とにかく、映画好きなもので。 * 2007/01/26(金) 20:05:48
ダニエラという女 (2005) ベルトラン・ブリエ監督 「イタリアの宝石」モニカ・ベルッチを主演に迎え、鬼才ベルトラン・ブリエ監督が紡ぎだす、大人のエロ不条理哲学コメディー。 ベルトラン・ブリエ監督作品、結構日本公開されています。 私は、オリヴィエ・マルティネ
* working title -annex- * 2007/01/23(火) 22:10:30
愁いを帯びた表情で窓辺にたたずむ女―。その愁いにはいくつもの“ふぞろいな秘密”が隠されているようで、しかしそれを白日に晒して自己表現とするような下品さまでは感じられない。そんなどこかワケありチックかつ薫り立つような美女を、“イタリアの宝石”と呼ばれるモニ
「ダニエラという女」スペースFS汐留で鑑賞感想?モニカ・ベルッチ、スゲ~スゲ~!!(下品ですみません)すごい!という感嘆符を超えています。同行したAOIさんは仏文科だったので原題を訳してもらったら「私をいくらで愛する?」とか、そんな意味なのだそう。そこからして
* てんびんthe LIFE * 2007/01/20(土) 22:05:33
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。