アマデウス【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログアマデウス

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲アマデウス

2006/12/05  (火) 23:42| 映画短評編集

嫉妬と復讐の罠が、天才へのレクイエム
アマデウスお薦め度:.★★★★★.
実は鑑賞してずいぶん日もたっていて、でもDVD持っているので改めて鑑賞してから、と考えていたのですが(なにせ三時間の大作だし)熱心なモーツァルトファンの師匠が命日12月5日にちなんでアップせよと言うものですから、また日を改めて更新するつもりで書かせていただきます。

さすが今にとどろく名作だけあって、本当にすばらしい作品です。
これが(もちろんある程度の脚色はくわえられているものの)殆ど実際の事象に基づいて描かれているというのですから驚きます。

叶えられなかった祈り、叶えられた祈り。才能の熱望、才能を見抜く才能。
サリエリは神を信仰する手段として音楽を選び宮廷音楽家を勤めている。そこに現れたのがモーツァルト。すばらしい音楽の才をもちながらその素行は最悪。

とかく、私達はすばらしい作品を作る人物は人間としても優れていると思いがち…というよりも思いたいものです。
神を讃える音楽を造ることを目指して神の戒律を忠実に守り日々慎ましやかに精進することが「神の音楽」に近づけると信じていたサリエリにとって、モーツァルトは絶対に許されない存在です。

そのすばらしい音楽の才に世間でもてはやされるものの、やがてその音楽は流行歌のように省みられなくなります。でもサリエリにだけはその素晴らしさ、やがて永遠に命を留める至高の音楽であることが理解できる。彼が求めてやまなかったものをモーツアルトは持っている。憎みながらも崇拝する能力を世間には決して認められない。このジレンマ、いらだたしさ。

せめて世界がモーツァルトの音楽に熱狂してくれば、いや今現在の彼の名声をサリエリが知っていれば彼の魂は心穏やかであったろうにと思います。

日本公開日:1985/02/00 ■「アマデウス」の劇場検索

【ストーリー】
1823年11月、凍てつくウィーンの街で1人の老人が自殺をはかった。「許してくれモーツァルト、おまえを殺したのは私だ」、老人は浮わ言を吐きながら精神病院に運ばれた。数週間後、元気になった老人は神父フォーグラーに、意外な告白をはじめた。--老人の名はアントニオ・サリエリ。かつてはオーストリア皇帝ヨゼフ二世に仕えた作曲家だった。神が与え給うた音楽の才に深く感謝し、音楽を通じて神の下僕を任じていた彼だが、神童としてその名がヨーロッパ中に轟いていたウォルフガング・アマデウス・モーツァルトが彼の前に出現したときその運命が狂い出した。
【原作・ノベライズ】
-

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「アマデウス」を検索
「アマデウス」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2006,12,05)/(短・感想)


【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。