香水―ある人殺しの物語【スポンサー広告】【簡単書評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ香水―ある人殺しの物語

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲香水―ある人殺しの物語

2006/12/04  (月) 00:58| 簡単書評編集

香水―ある人殺しの物語香水―ある人殺しの物語
早く結末が知りたくて昨日今日で必死に読破しました。
物語の主題は香り。人殺しの物語ではありますが肝心の殺人シーンはまるで「あった」だけがごとくあっさりとしていました。

オチがオチが…仰天でした。本当にこれを映画化するの??
どっち方面にテーマを置くのか非常に興味津々。人に理解されない異常心理方面か、もしくは非常にまれなる才能をもった人間の物語か。

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。