ディパーテッド【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログディパーテッド

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ディパーテッド

2007/02/08  (木) 18:04| 映画感想編集

男は、死ぬまで正体を明かせない。

ディパーテッド (期間限定版)
お薦め度:★★★★★
死人の口無しということか?

やー流石『アビエイター』のマーティンスコセッシ監督です。
久しぶりに脳みそフル回転で追いつくかどうかというほど濃厚な作品でした。何よりも脚本、圧倒されるほどのみっしりとしたセリフが素晴らしい。会話として不自然でないことは当然ですが、全ての言葉が何かを暗示・投影・表現している。会話している本人はそうと意識していなくても、本質を突いている痺れるような単語の選択。そして、その脚本を実に正しく的確に捉えた監督の映像演出。こういう作品好きなんです。〔長文レビュー有!

日本公開日:2007/01/20 

「ディパーテッド」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ディパーテッド」を検索
「ディパーテッド」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
マサチューセッツ州ボストン。犯罪組織との繋がりを持つ自らの生い立ちと決別すべく警察官を志したビリー・コスティガン。一方、マフィアのボス、コステロによって育てられ、スパイとなるべく警察に送り込まれたコリン・サリバン。同じ警察学校に学んだ2人は、互いの存在を知らぬまま、共に優秀な成績で卒業する。やがて、コリンはマフィア撲滅の最前線に立つ特別捜査班に抜擢され、コステロを標的とした捜査活動に加わる。一方ビリーは、その優秀さを買われ、マフィアを内部から突き崩すべくコステロのもとへ潜入するという極秘任務を命じられるのだった。こうして、それぞれに緊張の二重生活を送るビリーとコリンだったが、ついに警察、マフィア双方ともに内通者の存在をかぎつけ、いよいよ2人は窮地に追い込まれていく…。
【原作・ノベライズ】
インファナル・アフェア
アラン・マック アンドリュー・ラウ


【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,02,08)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2006年 製作国 : アメリカ 時間 : 152分 公開日 : 2007-01-20~ 監督 : マーティン・スコセッシ 出演 : レオナルド・ディカプリオ デビット・パトリック・オハラ マット・デイモン ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ マーティ
* サーカスな日々 * 2007/07/04(水) 23:04:23
やっと、待ちに待った【ディパーテッド】が届く予定なんですよ秊 5月中旬に予約して、約1ヶ月・・・・長かったです嶺 けど、それくらい楽しみにしてたのでやっとこの日が来たんだなぁ~っと、達成感のようなものがありますね秊 ちょっと、見
* でこ☆の映画レポート♪ * 2007/06/07(木) 13:29:39
香港映画の「インファナル・アフェア」をマーティン・スコセッシ監督が リメイクしたクライムサスペンス。 ボストンを舞台に警察に潜入したマフィアと マフィアに潜入した警察官の2人の男を待ち受ける皮肉な運命を 重厚かつリアリティあふれる演出でスリリングに描いていま
* 噂の情報屋 * 2007/04/02(月) 20:57:14
マフィアに潜入した警察の男警察に潜入したマフィアの男嘘vs.嘘男は、死ぬまで正体を明かせない。
見応えアリ!外国作品の聖林リメイクで原典にまさった例をまず見ないが、さすがの名匠スコセッシは複雑な人種社会を舞台にしたことでなかなか面白い作品になった。
* よろ川長TOMのオススメ座CINEMA * 2006/12/16(土) 22:26:00
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。