それでもボクはやってない 【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログそれでもボクはやってない

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲それでもボクはやってない

2007/02/05  (月) 00:32| 映画感想編集

知りません、ではすみません。明日裁かれるのはあなたかもしれない。

それでもボクはやってない スタンダード・エディション
お薦め度:★★★★☆
十人の真犯人を逃すとも、一人の無辜を罰する無かれ。

む‐こ【無×辜】
《「辜」は罪の意》罪のないこと。また、その人。

しょっぱなから結論の提示。強烈な言葉。
観終わった後、後ろにいた男性が「もう電車乗れない…」と呟いていました。
流石周防監督、久しぶりの作品といっても手腕は全く衰えていません。
長文レビュー有!

日本公開日:2007/01/20 

「それでもボクはやってない 」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「それでもボクはやってない 」を検索
「それでもボクはやってない 」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
就職活動中の金子徹平は、会社面接へ向かう満員電車で痴漢に間違えられて、現行犯逮捕されてしまった。警察署での取調べで容疑を否認し無実を主張するが、担当刑事に自白を迫られ、留置場に勾留されてしまうことに。
徹平の弁護にあたるのはベテラン弁護士・荒川と新米弁護士・須藤。被害者と同じ女性としての見地から、痴漢冤罪事件の担当を嫌がる須藤。しかし荒川は、「痴漢冤罪事件には、日本の刑事裁判の問題点がはっきりとあらわれる」といい、須藤にはっぱをかける。周囲が見守るなか、ついに徹平の裁判が始まった…。
【原作・ノベライズ】
それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!
周防 正行 幻冬舎


【スタッフ・キャスト・他情報】


(2006,11,18)/(中・感想)


【関連商品】
よろしくお願いします。
トラックバックさせていただきました。(http://www.yawarakacinema.com/cgi-def/admin/C-010/cinema/tdiary/index.rbのほうです。)
本家サイト(http://www.yawarakacinema.com/)も、よろしくお願いします。
2006/12/15(金) 22:38:57 * * やわらか映画~おすすめDVD~ #4KGl8lN.[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「シコふんじゃった。」「Shall We ダンス?」の周防正行監督が、 現在の刑事裁判の問題点に真正面から向き合い 11年ぶりに手がけた異色の社会派ドラマ。 ある青年が身に覚えのない痴漢容疑で逮捕され、 その後1年にわたる裁判で自分の無実を訴える姿を 日本の裁判制度の問
* 噂の情報屋 * 2007/06/08(金) 19:54:51
おかしい日本の裁判裁判とは何か?そして真実とは・・・今、運命の法廷が開かれる
電車で痴漢に間違えられた青年が、裁判で自分の無実を訴える姿を、日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにしつつ描く。『Shall We ダンス?』の周防正行監督が、11年ぶりにメガホンを取った本格的な社会派ドラマ。久し
* MOVIEクラブ * 2006/12/12(火) 01:34:45
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。