パフューム ある人殺しの物語【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログパフューム ある人殺しの物語

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲パフューム ある人殺しの物語

2007/04/04  (水) 00:22| 映画感想編集

それは、昨日まで人だったもの。

パフューム ある人殺しの物語 プレミアム・エディション
お薦め度:★★★☆
うーんうーん。やっぱり原作読まなきゃ良かった…。
映画作品としてはかなり出来がいいと思うし、あの長い作品を取捨選択して補足のためのオリジナルエピソードも上手いこと挿入されていていい脚色だと思う。映画化に際し元ネタと同じことを盛り込むよりも製作者のオリジナリティが加味されていたほうが意義がある、という自論に対しても忠実なのだけれど…。
やっぱり物語の根底にある「突き動かされる衝動」は原作の方が私の好みなのです。〔長文レビュー有!

日本公開日:2007/03/03 

「パフューム ある人殺しの物語」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「パフューム ある人殺しの物語」を検索
「パフューム ある人殺しの物語」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
舞台は18世紀パリ。悪臭立ち込める魚市場で一人の子供が生み捨てられる。名をジャン=バティスト・グルヌイユ。親の愛すら知らぬ彼に神が彼に唯一与えたのは、あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚だった。一切の体臭を持たない特異な体質と、その嗅覚による奇行から周囲に疎まれ続けるグルヌイユ。ある時、街で偶然出会った女の芳しい体臭に取り憑かれてしまった彼は、その香りを手に入れるために調匂師となり、日々香水造りに没頭してゆく。非凡な才能から生み出される数々の香水は、瞬く間に人々を魅了するが、それは彼の求める香りではなかった。
【原作・ノベライズ】
香水―ある人殺しの物語
パトリック ジュースキント Patrick S¨uskind 池内 紀 文藝春秋


【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,04,04)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
前回に続いて、総会ネタ。株主総会終了後、株主試写会が行なわれた。作品は、今冬公開予定の「パフューム-ある人殺しの物語-」。日テレ(9404)では、公開済みの映画だったけど、総会後、映画観たし、なんか今年は映画運がいいなあ。すごい嗅覚....
* 経済ひとりごと * 2006/12/01(金) 12:35:46
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。