エコール【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログエコール

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲エコール

2006/12/24  (日) 23:43| 映画感想編集

大人になる前の、純粋無垢な少女たちの世界へ、ようこそ

エコール
お薦め度:★★★☆
予告編からして抽象的叙情映画だと感づいていましたし、世間からの評判もそうでしたからその覚悟をもって鑑賞に望みました。おかげで寝てしまうこともなく淡々と観ることができました。
いわゆる「ただカワイイ、キレイそれだけの映画」に限りなく近いです。ロリータ趣味の方、特に足フェチに強く推奨。PG-12な理由も少女の裸体が惜しげもなく披露されるからではないかと思うのですが違いますか?映倫さん。〔長文レビュー有!
日本公開日:2006/11/04 

「エコール」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「エコール」を検索
「エコール」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
人里離れた美しい森の奥深く。外界から隔離された大きな屋敷。ある日、ここに6歳の少女イリスが棺の中に入れられ運ばれてきた。そこは、6歳から12歳までの少女たちが暮らす謎めいた学校。大人は年をとった召使いと2人の女性教師だけ。男性はいない。そんな環境の中、新入生のイリスも他の少女たちと共にダンスと生物の勉強に明け暮れるが…。
【原作・ノベライズ】
フランク・ヴェーデキント

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2006,12,15)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
エコールゾエ・オークレール、ベランジェール・オーブルージュ 他 (2007/04/04)ジェネオン エンタテインメント この商品の詳細を見る監督:ルシール・アザリロヴィック CAST:ゾエ・オークレール 他STORY:あ
* Sweet* Days** * 2007/07/21(土) 14:06:58
 ビヨンセ ドリームガール オッパイチラ映像 ブロードウェイの大ヒット・ミュージ
「エコール」★★☆久々につまらない映画を見ましたね。6歳くらいから12歳位までの少女達が、森の中、高い壁に取り囲まれた館で暮らしている。寄宿舎のようだけど、自分の意志では外に出られないようだ。まだ子供の体に白いぴったりとしたタイツ...
* soramove * 2006/12/29(金) 00:29:50
 深い森の中に佇んでいる全寮制の小学校で、どこからともなく送込まれてきた少女たちが、水泳をしたりバレーの練習をして6歳から12歳までを過しま
* シネクリシェ * 2006/12/28(木) 03:01:14
棺に裸で横たわる少女イリス、6歳。彼女を待っていたのは7歳から12歳までの6人の少女たち。年長のビアンカが皆と揃いの白いシャツとスカート、赤いリボンで身支度を整えてくれる。「お家に帰りたい」とつぶやくイリスに、これからは7人で暮らすのだと諭すビアンカ。少女た.
* パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ * 2006/12/23(土) 01:59:52
★原題:INNOCENCE ★監督:ルシール・アザリロヴィック(2004年 ベルギー・フランス作品)...
* 犬儒学派的牧歌 * 2006/12/16(土) 10:46:12
Innocence「エコール」とは、フランス語で「学校」のこと。原題はinnocence、つまり無垢とか純粋とか。深い森にひっそりと囲まれた「エコール」に集う少女たちの姿を切り取ったイメージ・フィルム。棺に入れられた少女たちが、この学校へやって来る。
* knockin' on heaven's door * 2006/12/16(土) 00:42:56
公式サイトの秘密の扉はどうも夜に開く模様・・・1888年にドイツの劇作家フランク・ヴェデキントが発表した象徴主義的な短編小説「ミネ・ハハ」が原作のこの作品。なんとも不思議で幻想的。イノセンス・・・純真無垢な少女たちのユートピア・・・すごく官能的な?少女達の世
* シャーロットの涙 * 2006/12/16(土) 00:05:48
【シネマライズ@渋谷】人里離れた美しい森の奥深く。外界から隔離された大きな屋敷。ある日、ここに6歳の少女イリス(ゾエ・オークレール)が棺の中に入れられ運ばれてきた。そこは、6歳から12歳までの少女たちが暮らす謎めいた学校。大人は年をとった召使いと2人の女性教
* CINEMANIAX! * 2006/12/15(金) 23:49:39
ルシール・アザリロヴィック監督の「エコール」を観に行く。あたり一帯を森に囲まれた寄宿学校に新しく6歳の少女が迎えられる。最年長の12歳まで一つずつ歳の違う少女たちは7人で一つの屋敷で暮らし、学校では若い女性教師から生物とバレエを習っていた・・・。二つ結....
* 気まぐれ映画日記 * 2006/12/15(金) 23:26:52
なんとも不思議な作品でした。現代のお伽話というかファンタジーというか、そんなふうにも思えましたね。
* B級パラダイス * 2006/12/15(金) 20:19:40
少女たちの性から俗世界を隔離し、純粋に生理的時間による変容に委ねるとしたら。そそられるポスターである。柔らかい日差し。奥深い森の中。少女の後姿の腰から下。白い上着とミニスカートの制服。膝頭までくっつけた腿、そして極端なX脚のように片方の足先が開かれている
* サーカスな日々 * 2006/12/15(金) 13:38:40
なにゆえごくごく一部の男が、年端もいかない幼い女のコに対し性的欲望を抱くのかと言えば、生来のコンプレックス(身体的、精神的諸々)とかが壁になって、自分と同世代の女性とうまくコミュニケートすることができず、結果、思考の発達し切っていない幼ぃ女のコだったら、自
こういうのって、天才の所業、っていうんじゃないでしょうか?極上の一本。きっと、何年か後の人々に、「この映画にインスパイアされた」、とか、「この映画が忘れられない・・・」なんて言われそうな、後世に残っていく作品だと、勝手に断言します!これは、大画面で堪能す
* レザボアCATs * 2006/12/15(金) 02:19:03
映画 エコール☆見てきました♪ とにかくタイプの映画に出会えて幸せです♪ ブログランキング参加中☆よろしければ、投票クリックお願いします♪ ↓ ランキングへ
* HOTOPOのPOTOHO~Blytheとあぶ日記~ * 2006/12/15(金) 02:12:53
これが少女の世界。外界から遮断された森の中で生活する6歳から12歳までの少女たち。変態村ならぬ、変態森。あ、そっちの変態じゃなくて、メタモルフォーゼの方ね。(ちなみに撮影監督は『変態村』と同じ人) 幻想の世界へようこそ。嬉し恥ずかしときめきのおたまじゃくし
* かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY * 2006/12/15(金) 00:35:33
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。