イルマーレ (ハリウッド版)【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログイルマーレ (ハリウッド版)

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲イルマーレ (ハリウッド版)

2006/11/07  (火) 22:22| 映画感想編集

いつ、あなたに、会えますか。
イルマーレお薦め度:.★★★☆.
リメイク元となる韓国版『イルマーレ』と比較すると確かに出来は格段によくなっている。韓国版で説明不足と感じたところは全て払拭されている…のにどうも鑑賞後の後味が爽やかに感じないのは何故だろう。それは多分恋愛映画が多分に強化されているから。
以下韓国版との比較討論会とさせていただきます。

コピーでそろそろ大人の恋愛映画を、なんていっているように主人公はキアヌ・リーブス(アレックス)は集合住宅の現場監督、サンドラ・ブロック(ケイト)は医師とそれなりに高収入が見込めるような職業についています。とても初々しさからは程遠い存在です。

映画としては小道具の使い方も良く出来ているし、韓国版ではあっさりとしたものだった彼の父親との執着の上手く使われているところに感心。殆ど彼と彼女だけの世界だったものが非常に広がりを持ったものとなりました。
説明不足だと思った犬の名前の同一性などは、ちょっと感心するほどタイムパラドックスを利用したいいものでしたし、冒頭の交通事故にしても医師だから命の重さを人一倍敏感に反応するくだりには納得。

…と韓国版に欠けている点は殆ど払拭されたのですが、逆にロマンス・ロマンスしすぎてくどい印象をうけました。
例えばお勧めの建築を紹介して廻る散歩道にしてもことさらにでかでかと壁にメッセージを書き残すところや、二年後の約束にしてもなかなか予約の取れないレストランに二年前から予約を「入れに行く」シーンを強調して、従業員(ひいては観客)に「まあ、この人ってなんてロマンティストなんでしょう」と思わせたい意図がみえみえでちょっとゲンナリ。

アレックスの父親の訃報に関してもケイトは医師だから言わなくても察するというのも納得ではありますが、休憩時間を変わってもらってすっ飛んでいくほど時間が押し迫っている割に、ご丁寧に父親の関連書籍を買い求めてくるところは果たして良いのか悪いのか…打ちのめされている人にさらに追い討ちのような気がしないでもないです。

このハリウッド版と韓国版で何が一番違うのかと言えば、過去にアレックスとケイトが自己紹介する程度には互いを認識していると言う点。しかも、その時点でケイトがアレックスに心惹かれていたという点。韓国版の女性の「何この人?」的な目線がタイムパラドックス的素晴らしさだったのに。
さらに、出会ってしまっているものだからか、アレックスが恋愛感情に微塵の疑いを感じていないところが何ともいけません。永遠不滅の愛なんてそこかしこに転がっているものじゃなし、二年後も変わらず彼女を愛しているに違いないと確信しているところが嫌。

タイムパラドックスに関して二つの映画は全く捉え方が違うのは興味深いと思いました。
韓国版は時間列は一列に並んでいるのですが、AとBどちらの選択をしたのかで別の世界が生まれるという樹木が枝分かれしていくような感覚で時間を捉えているようなのです。(しかも、されなかった選択の世界は存在しなくなるようです)
対してハリウッド版はまるでメビウスの輪のようです。裏だったものがいつか表になっているように過去に(意識せず)行った行動が未来に対して影響を及ぼす、という印象です。

どっちの考え方も、それなりに問題点があって韓国版に関してはそちらに記述してあります。ハリウッド版はうまく作りすぎてしまったためにそれなりに理屈のほころびが出来てしまっています。一番大きな問題は【二年前に死んだことになっているわけなんだが、実際には生きていたのだからあの事務所や弟はこの辺のことがどうなっているのかがさっぱり判らない。】ところですね。

この作品単体で観れば十二分に素晴らしい出来の作品ですし、比較したとしても構成がすばらしいのは否定できないことなのでしすが、恋愛風味が鼻についてしまい私には美味しく頂くことの出来ない作品でした。

関係ないけど、あんなガラス張りの家、しかも水の上で夏は日干しにならないのだろうか?前面ガラスだったら風呂とトイレはどうなっているのだ?

日本公開日:2006/09/23


「イルマーレ」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「イルマーレ」を検索
「イルマーレ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
静かな湖の岸辺に建つガラス張りの一軒家。ここに住む女医のケイトはシカゴの病院に着任することになり、愛着のあるこの家から引っ越すことに。彼女は次の住人に自分宛の手紙の転送を頼もうと、郵便受けにメッセージを残した。一方、建築家のアレックスは子ども時代の懐かしい家族の思い出が詰まった湖の家を買い取り、そこへ引っ越してきた。彼はそこで郵便受けに奇妙な手紙を発見する。それは、ケイトが残していったあの手紙だった。しかし、この家は長いこと空き家になっていたはず。不思議に思い、アレックスはケイト宛に返信を送る。やがて2人は、ケイトが2006年、アレックスが2004年の時代にいることを知るのだったが…。
【原作・ノベライズ】
2001年韓国映画『イルマーレ
イルマーレ THE PERFECT COLLECTION
ヨ・ジナ イ・ヒョンスン チョン・ジヒョン イ・ジョンジェ 松竹


公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔フランス公式サイト
原作:2001年韓国映画『イルマーレ
イルマーレ THE PERFECT COLLECTION
ヨ・ジナ イ・ヒョンスン チョン・ジヒョン イ・ジョンジェ 松竹

原題:The Lake House
監督:アレハンドロ・アグレスティ/
キャスト:キアヌ・リーヴス/サンドラ・ブロック/ショーレ・アグダシュルー/クリストファー・プラマー/ディラン・ウォルシュ/エボン・モス=バクラック/ヴィレケ・ファン・アメローイ/リン・コリンズ/

製作:ダグ・デイヴィソン/ロイ・リー/
脚本:デヴィッド・オーバーン/
撮影:アラー・キヴィロ/
美術:ネイサン・クローリー/
音楽:レイチェル・ポートマン/
衣装:ディーナ・アップル/

日本公開日:2006/09/23
製作国:アメリカ
時間:98分
製作年:2006
ジャンル:恋愛/SF
製作/配給:ワーナー
備忘録:-

(2006,11,05)/(中・感想)


【関連商品】
おはようございます。
トラックバック、どうもサンキューでした。

私のブログにも書きましたが、本作はアメリカ映画では珍しい長回しを多用していましたね。使い方を間違わなければ効果的な手法ですが、ハリウッド作品ではあまり見かけないのは、カメラを切り替えないと展開のテンポが遅くなり、観客が退屈するから・・・・と思っているのかもしれません。

それでは、今後ともヨロシクお願いします。
2006/11/09(木) 06:52:37 * * 元・副会長 #K1RCK7F6[編集]
オリジナル版は未見ですが、参考にして今度観てみます。
ホント、トイレ、お風呂ちょっと恥ずかしいですよね。
TBありがとうございました。
2006/11/08(水) 14:12:26 * * trichoptera #9K64Lzaw[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
イルマーレ (WOWOW@2007/12/12) 原題THE LAKE HOUSE 製作年度2006年 製作国アメリカ 上映時間98分 監督アレハンドロ・アグレスティ 出演キアヌ・リーヴス(アレックス)、サンドラ・ブロック(ケイト)、ショーレ・アグダシュルー(アンナ)、クリ...
* ミーガと映画と… -Have a good movie- * 2008/01/17(木) 16:50:39
原題:The Lake House そんな郵便受けがあるのなら、明日の新聞を入れて欲しい・・競馬や株で儲けるのも夢じゃない、されどこれはラブファンタジー、愛さえあれば何もいらない・・・ 2006年のケイト(サンドラ・ブロック)と2004年のアレックス(キアヌ...
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)予告編を観た時から「絶対にワタクシ好み!」と思っていましたが、いや~、期待通りにかなりワタクシ好みな映画で御座いました。やっぱ愛ですよね、愛。愛さえあれば他は何も要りません。確かに、「ん?」とか
* ぶっちゃけ…独り言? * 2007/02/12(月) 03:48:09
2006年9月23日公開 原題が「THE LAKE HOUSE」。あざといですねえ。アメリカじゃあ誰も本家韓国版「イルマーレ」観てないでしょうから、なんとなくオリジナルっぽい体で公開しちゃおうっていう魂胆ミエミエ!? 
イルマーレ?2006/ アメリカ  おしゃれなスリムなパンフ韓国版のオリジナルは見ていたが、別物として見られた。 オリジナル版が、若い二人の二人だけのあまーい恋をメインにすえたのに対して、今回のはちょっとオトナの愛で 周りの人間関係などもから
* 月影の舞 * 2006/11/22(水) 16:50:32
キスの記憶って確かポスターに書いてた、 ゼータガンダム~恋人たち~の キャッチコピーと一緒ちゃうん・・・っていう 一人ツッコミもしつつ。_ψ(‥ ) カキカキ... ちなみにモトネタの「イルマーレ」の感想はコチラで。 韓国では一緒に行った人と結ばれるとかいうて えらい
* ペパーミントの魔術師 * 2006/11/14(火) 14:48:42
☆人気blogランキング集☆ & ☆インテリア・雑貨ブログ集☆ ↑皆様の応援が更新の励みとなっています。今日も応援ありがとう~☆↑今週はじめに観たのは「The Lake House」(邦題:イルマーレ)。シカゴの病院の医師であるケイト(サンドラ・ブロック)は、湖畔に立つ
* things4u * 2006/11/10(金) 00:50:21
 深く考えないようにしよう。辻褄合わせたいと思ったら、混乱するし、納得いかないし、いろいろ文句つけたくなっちゃうからね。『イルマーレ』(2006年度版)原題:"THE LAKE HOUSE"参考:イルマーレ@映画生活 イ
* 【待宵夜話】++徒然夢想++ * 2006/11/09(木) 12:33:20
★★★☆  この映画は、2000年製作の韓国オリジナル版を米国でリメイクしたものである。『イルマーレ』とは、イタリア語で”海”のことらしい。だからオリジナルでは、あの家は海辺に建っていた。 ところが米国版では、湖畔の家に変わっていたのである。従って『イル
* ケントのたそがれ劇場 * 2006/11/09(木) 09:53:42
 (原題:The Lake House)ハリウッドがヨソの国の映画をリメイクする例は過去にも多数あったが、元ネタを上回ることはほとんどない。あるとすれば、元の作品があまり出来が良くなく、相対的にハリウッド版がマシに見えたというケースのみだろう。本作は韓国映画の再映画化
* 元・副会長のCinema Days * 2006/11/09(木) 06:46:49
 映画が始まって10分ほどしてすぐに気づきました。  これは『Love Letter』の本歌取りではないか……と。  とはいうものの、あくま
* シネクリシェ * 2006/11/09(木) 05:39:02
タイトル:イルマーレ(アメリカ2006)ジャンル:大人のラブストーリー/2006年/98分映画館:TOHOシネマズ二条(127席)鑑賞日時:2006年10月11日 60人私の満足度:65% オススメ度:65%京都市内への出張帰り。仕事を終えて急いでタクシーで映画館へ。カウンターにて「『記憶
* もっきぃの映画館でみよう * 2006/11/08(水) 23:44:02
2年前を生きる彼と、2年後を生きる彼女・・・2人は時空を超えて、出会うことができるのか?いつ、あなたに、会えますか。
男泣かせのサンドラ姐さんイルマーレ The Lake House製作年度 2006年 製作国 アメリカ  上映時間 98分 監督 アレハンドロ・アグレスティ 製作総指揮 メアリー・マクラグレン 、アーウィン・ストフ 、デイナ・ゴ
* とりあえず生態学+ * 2006/11/08(水) 14:07:59
映画「イルマーレ」の感想です
* ジャスの部屋 -映画とゲーム- * 2006/11/08(水) 13:41:00
(C)2006 Warner Bros. Entertainment Inc.- U.S., Canada, Bahamas&Bermuda(C)2006 Village Roadshow Films (BVI) Limited- All Other Territories2006年に生きる女性と、2004年に生きる男性のラブ
* 或る日の出来事 * 2006/11/08(水) 08:18:30
「良く出来た映画だなぁ」と、まずは感心した。2年前(後)と繋がっている不思議なポストを介して文通を始めた男女の時を越えたラブストーリー。2004年にいる彼は設計士で、やがて彼女が住むことになる湖畔(と言うか湖の上)のガラス張りの家の元住人。2004年の段
* 古今東西座 * 2006/11/08(水) 01:07:40
オリジナルは韓国映画。原題が「時越愛」でその名の通り、2年の時を越えたありえない恋物語。でも、2人が出会う海辺の家「イルマーレ」をはじめ、映像が美しく、なんといっても「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンの女の子らしい一面が観れる作品です。邦題はその海辺の家
* the borderland  * 2006/11/08(水) 01:06:14
韓国オリジナル版を見逃していたため、キアヌ版を先に見てからも感想を書いてしまっていいものか迷っていたのだが、(いや、ブログを書けていないのはそんな理由ではないのだが…)やっとオリジナルを観たので、安心して書ける。そもそも私はキアヌ・リーブスのファンなので
* That's the Way Life Goes * 2006/11/07(火) 23:20:19
この秋、恋愛映画の筆頭(っていってもリメイクなんですけど)に挙げられている作品、キアヌ・リーブス&サンドラ・ブロックの「イルマーレ」を観に、しかも!ジャパン・プレミアに行って来ました~!!嬉しいです、キアヌかっこ良かったです。サンドラ、チャーミングでした
* 紫@試写会マニア * 2006/11/07(火) 22:47:37
この秋、恋愛映画の筆頭(っていってもリメイクなんですけど)に挙げられている作品、キアヌ・リーブス&サンドラ・ブロックの「イルマーレ」を観に、しかも!ジャパン・プレミアに行って来ました~!!嬉しいです、キアヌかっこ良かったです。サンドラ、チャーミングでした
* 紫@試写会マニア * 2006/11/07(火) 22:43:21
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。