サンキュー・スモーキング【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログサンキュー・スモーキング

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲サンキュー・スモーキング

2006/11/05  (日) 20:19| 映画感想編集

彼は嘘をつかない。ただ、真実に手を加えるだけ。

サンキュー・スモーキング (特別編)
お薦め度:★★★★☆
煙草を媒介とした、ロジックエンターテイメント。
予告でも述べているように私は屁理屈やロジックを展開することが大好きなので非常に熱狂して鑑賞しました。
ちなみに私は煙草は吸いません。高くなろうが、無くなろうが私の生活には一切支障が出ることはありません(多分)。
でも最近の嫌煙ブームはやや行き過ぎじゃないかとは思います。新幹線で喫煙車両があっても良いと思うし、路上喫煙も吸殻を捨てたり人ごみを避ける等の配慮さえあれば構わないと思う。

ニック・ネイラーは煙草業界広報。日々禁煙活動家で煙草にドクロマークをつけようとやっきになるフィニスター議員と直接・間接的に激論を交わしています。世論的に旗色が悪い煙草業界の顔としてニックは色々なキャンペーン・交渉を担当することとなります。

彼の周囲を取り巻く人間は非常にユニークでどのやりとりもニヤリとさせられます。
互いに死の商人とうそぶくMOD特捜隊は存在からして既にシニカルで、毎週行われる会合はブラックユーモアたっぷり。
アメリカの一大娯楽広告塔としても利用される映画エージェントのジェフ。「映画に込められたメッセージをどのように解釈するかは観客の勝手」とは良くも言ったものです。良いか悪いかは別として往々にしてそのようにして映画は消費されていきますから。

そんな中でも特に焦点が当てられ、興味深かったのはニックの息子ジェフとの会話です。最愛の息子ですからジェフも何も隠しだてせず、交渉術の手練手管を新説に教えてくれます。

「アメリカ政府は何故最高か」なんてレポートを出すなんてアメリカの学校って流石。
私などは全然最高なんて思っていないので「何を持って最高と判断しているのだ」と内心毒づいていたので、ニックがそのものずばりを問題点としてあげてくれて心が浮き立ちました。
息子もこの親にしてこの子ありです。父親の忠告に対して息子が作成したレポートの結論が「つまり、愛」です。大きくでました、ときめきます。まさに、十人十色の解釈がありながらこの言葉の前にはだれしも何となく納得する最高の単語です。私は騙されないが、「アメリカ政府は何故最高か」なんて題目をだす教師なんて簡単に騙されること請け合いです。

加えて「バニラとチョコアイスの議論」は非常に面白かったです。
この手の嗜好に関する議論はぶっちゃけやるだけ無駄なのですが、もっともやりがちで泥沼にはまり込みますからそこから抜け出す手段として非常に勉強になります。
ここで何が一番驚くかと言うと、父親の論述に対して息子がその点にちゃんと気が付くところです。一般市民・観衆はそこに気がつかないで、何となく納得しちゃうんだけどね。すごい子供だ。

この作品中で述べられている交渉術ポイントは、自信を持って発言すること/感情的にならない/嘘は言わず、飽くまで誠実に/時には己の弱点カードを出して肉を切らせて骨を断つ、…といったところでしょうか。

残念なのは最終的にフィニスター議員をやり込めるところまでは至っていないところです。予告編ではチーズの下りが象徴的に使用されていましたが、最終論点はもっと別のところにあります。【結局は個人の責任の下選択させる】という結論に達してしまうのはやや痛快さに欠けました。
とは言え、主人公が煙草産業の広告塔であって弁護士ではないのですから。勝つ必要は無く何よりも観衆を納得させることに目的をおいているので痛快さを求めるのは無理と言うものかもしれません。

この映画は煙草を肯定する作品ではありません。その証拠に煙草を実際に吸うシーンは一箇所もありません。
ニックも煙草業界を退職し交渉コンサルタントという、彼に一番適職ともいえる開業を選ぶ】点がこの映画の最も重要な言い分を表現しているのかもしれませんね。
交渉術に長けたいと思っている人、議論に勝ちたいと思っている人必見です。私はそれはもう非常に参考になりました。
全然関係ないけれどブラッド・ピットもキャサリン・セタ・ジョーンズもバカな俳優じゃありませんから!!ぷんぷん。

日本公開日:2006/10/14 

「サンキュー・スモーキング」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「サンキュー・スモーキング」を検索
「サンキュー・スモーキング」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
タバコ研究アカデミーのPRマンをするニック・ネイラーは、厳しさを増すタバコへの攻撃をかわすため連日マスコミの矢面に立って戦い続ける業界の顔。中でも、パッケージにドクロマークを、と息巻くフィニスター上院議員は目下最大の懸案事項。そんなある日、ニックは映画を使ってタバコのイメージアップを図る“スモーキング・ハリウッド作戦”の指揮を任される。一人息子のジョーイを連れ、ロサンジェルスへと渡ったニックは、さっそくハリウッドの大物エージェントと面会、タバコPRのための映画の企画を話し合う…。
【原作・ノベライズ】
ニコチン・ウォーズ
クリストファー・バックリー 青木 純子 東京創元社


公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔イギリス公式サイト〕 〔チェコ公式サイト
原作:ニコチン・ウォーズ
クリストファー・バックリー 青木 純子 東京創元社

原題:Thank You for Smoking
監督:ジェイソン・ライトマン/
キャスト:アーロン・エッカート/マリア・ベロ/デヴィッド・コークナー/キャメロン・ブライト/ロブ・ロウ/アダム・ブロディ/サム・エリオット/ケイト・ホームズ/ウィリアム・H・メイシー/J・K・シモンズ/

製作:ピーター・シール/イーロン・マスク/マックス・レヴチン/エドワード・R・プレスマン/ジョン・シュミット/アレッサンドロ・ケイモン/マイケル・ビューグ/
脚本:ジェイソン・ライトマン/
撮影:ジェームズ・ウィテカー/
美術:スティーヴ・サクラド/
音楽:ロルフ・ケント/
衣装:ダニー・グリッカー/

日本公開日:2006/10/14
製作国:アメリカ
時間:93分
製作年:2006
ジャンル:ドラマ/コメディ
製作/配給:20世紀フォックス
備忘録: 

(2006,11,05)/(中・感想)

【関連商品】
こちらこそはじめまして
なかなか極端な作品をご覧になっていますね。(人のこと言えませんが)

この映画は本当に楽しかったのでもう一度見に行きたいと思うほどです。
それはきっと無理なのでDVDがでたらレンタルしようかと思っています。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
2006/11/08(水) 23:03:16 * * ピコシアタ #XAjl2.RA[編集]
はじめまして、
本作と『カポーティー』をみました。

本作は、そのテンポのよさが好きですね。

そして『カポーティー』は
味の濃い料理、オエッとなるんだが食べずにはいられない、、、そんな感じでした。

今後ともよろしくです。
2006/11/05(日) 23:35:59 * * だて #-[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
監督:ジェイソン・ライトマン  出演:アーロン・エッカート、マリア・ベロ、キャメロン・ブライト評価:91点公式サイト(ネタバレあります)いやはや面白い。爽快なアクションはなく、涙する感動的な場面もない。ドキドキするスリルに満ちているわ....
* デコ親父はいつも減量中 * 2007/05/27(日) 22:47:16
【シネマ・アンジェリカ@渋谷】タバコ研究アカデミーのPRマンをするニック・ネイラー(アーロン・エッカート)は、厳しさを増すタバコへの攻撃をかわすため連日マスコミの矢面に立って戦い続ける業界の顔。中でも、パッケージにドクロマークを、と息巻くフィニスター上院議
* CINEMANIAX! * 2007/01/14(日) 00:07:08
魔術師ならば、錬金術師のごとく、お金もバシバシ生成しなければならないと思う。生成しなければ終わりかな、と思ってる。いや本当に。そんなわけで、今回はサイドビジネスで副業収入を得る方法をお教えしよう!!!!!それは…
* 魔術師の特訓 * 2006/12/22(金) 00:32:43
現代ではアメリカでも日本でもタバコは悪者扱いです。 タバコの危険度は様々なところ
* はらやんの映画徒然草 * 2006/11/25(土) 09:06:25
監督 ジェイソン・ライトマン 出演 アーロン・エッカート、マリア・ベロ、キャメロン・ブライト たばこ業界のスポークスマンが主人公。巧みな話術と情報操作でたばこを擁護し続けるコメディ。--と書いてしまえば、もう書くことは何もないのだが、おもしろいのは「話術
知的ディベート☆エンターテイメントタバコの嫌いな人にもオススメできる本作です☆スピード感のあるセリフの応酬、皮肉の効いた風刺。とにかく文句なく楽しめる!
* レザボアCATs * 2006/11/06(月) 20:20:46
タバコ業界のPRマンと嫌煙派の戦いを風刺したクリストファー・バックリーの小説「ニコチン・ウォーズ」を、「ゴーストバスターズ」などで知られるアイバン・ライトマン監督の息子ジェイソン・ライトマンが映画化した
* Cinematheque * 2006/11/06(月) 11:16:06
どんどんタバコ吸って死んじまえ♪と、こんな感じの曲とともに、タバコのパッケージをイメージしたキャスト紹介は、センスが良くて、期待感いっぱいのオープニング。議員(ウィリアム・H・メイシー)とのトークバトルがもっとあるんじゃないかと思っていたのは、少し肩すか
* the borderland  * 2006/11/05(日) 22:20:35
lobbyist-[名][C] 議案員陳情者、ロビイストある特定の主張を有する個人または団体が、政策に影響を及ぼすことを目的として行う私的政治活動を行う人物。『ロビイスト』という単語にまつわる資料を見ていると、やはり揃いも揃って述べられているのが、「食わせ者が多い」と
* Diary of Cyber * 2006/11/05(日) 21:49:09
タバコに代表される、何かを諸悪の根源だと決め付けたがる人達の態度にさりげなく疑問を投げかける社会風刺コメディである。昨今、喫煙者の形見は年々せまくなってきている。ちなみに僕はヘビースモーカー。健康によくないということも時代遅れであることもわかっている。で
* 映画のメモ帳+α * 2006/11/05(日) 20:39:15
{/kaeru_en4/}東大の薬学系総合研究棟・・・か。禁煙できる薬でも開発してくれないかな。{/hiyo_en2/}なに、言ってるのよ、あなたから煙草を取ったら何も残らないじゃない。{/kaeru_en4/}そりゃそうだ。映画の「サンキュー・スモーキング」でも煙草を飲んでもかまわないって
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。