デスノート後編:the Last name【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログデスノート後編:the Last name

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲デスノート後編:the Last name

2006/11/19  (日) 23:10| 映画感想編集

誰が死に、誰が生き残るのか。

DEATH NOTE デスノート the Last name
お薦め度:.★★★★★.
邦画を見直しました。この手のエンタメ映画を作らせればもれなくダメダメだった日本が進歩したものです。
まず、この作品の英断は無理矢理に一本の作品にせず、前編・後編と二つに分けたところ。13冊というのは原作コミックとしては比較的短い部類に入りますが、それでも二時間に集約するのは非常に難しい。最初から二本に分け、しかも余り間をおかないことで前編の話を忘れることも無く、最初から引き込まれました。

このストーリーのコンセプトとして、ファンタジーとミステリー・サスペンスの融合であるところが面白い。
「デスノート」は現実社会に存在しないミステリーものとしては禁じ手アイテムですが、実際に使っているのは人間です。この「神の遊戯」に論理捜査がどこまで追いつくことができるのか、ある意味神を人間の領域を区別する作業のようにも感じられます。

以下ネタバレ炸裂です。〔長文レビュー有!

日本公開日:2006/11/03 

「デスノート後編:the Last name」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「デスノート後編:the Last name」を検索
「デスノート後編:the Last name」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
「そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ」死神のきまぐれが人間界にもたらした、究極の道具、デスノート。手にした人間を狂わせるのは、完全なる世界を目指す正義の決意か、それとも神になりかわろうとする欲望なのか・・・・・・。
【原作・ノベライズ】
DEATH NOTE (1)
集英社


公式サイト:〔日本公式サイト
原作:DEATH NOTE (1)
集英社

原題:Death Note
監督:金子修介/
キャスト:藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/青山草太/中村育二/奥田達士/清水伸/小松みゆき/中原丈雄/顔田顔彦/皆川猿時/満島ひかり/五大路子/津川雅彦/藤村俊二/鹿賀丈史/片瀬那奈/マギー/中村獅童/池畑慎之介/

製作:佐藤貴博/福田豊治/
脚本:大石哲也/
撮影:高瀬比呂志/
美術:及川一/
音楽:川井憲次/
衣装:調査中

日本公開日:2006/11/03
製作国:日本/
時間:-分
製作年:2006
ジャンル:ホラー/サスペンス/犯罪
製作/配給:ワーナー・ブラザース
備忘録:-

参考ブログ:ブルガリマヨネーズの味:デスノート後編感想
こういったことを熱く語ってくれる方は非常に貴重です。

(2006,11,19)/(中・感想)

【関連商品】
邦画も最近、頑張ってますね~。
と感心します。面白かったですw

マンガ全巻大人買いだな(笑)
2006/11/27(月) 16:59:52 * * kaori #-[編集]
私もとっても
とのこ様>
面白かったです。
実を言うと原作画の小畑健ファンなんですが、それにつられて原作を事前に読まなくて本当に良かったなあと思っています。
原作読んでるとどうしてもあら捜し作業になってしまいますからね。
2006/11/25(土) 22:35:11 * * ピコシアタ #XAjl2.RA[編集]
デスノートは、最高でした。
ストーリー的に良かったし、最後は、エルの死が切ないかな~
ライトの頭の良さには、乾杯です。
2006/11/24(金) 01:21:04 * * とのこ #-[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
* * 2009/05/29(金) 23:52:39
今回は前編以上に予想を上回る出来だった。原作のヨツバ編と第2部を上手い事、ミックスするなど、あの時間枠でよくまとめたと思うし、最後のサプライズもいい感じで、スーパー仕事人・ジェバンニが一晩でやってくれた神の所業による釈然としない原作よりも納得のいく決着の
「プラダを着た悪魔」のあと、続いて「DEATH NOTE」(デス・ノート)も観てしまった。なんだか、エルを演じる松山ケンイチが気になっている。あの独特の風貌。メイクでかなり変わるんだろうなと思うが、前編を見てから気になって仕方がない。日本映画はコミックのリメイク版
* Nobody knows * 2006/11/30(木) 23:41:00
 凄い。一気にラストまで夢中にさせてくれた。多分、本年最高の映画のはずだ。 前編はやや粗があったものの、今回は申し分なかった。私は原作を読んでいないからよかったが、原作を読んでしまっている人は不幸かも知れない。この映画の旨みに辿り着けないかも知れないから
* 朕竹林 ~ネットはテキストだ~ * 2006/11/29(水) 01:12:43
 凄い。一気にラストまで夢中にさせてくれた。多分、本年最高の映画のはずだ。 前編はやや粗があったものの、今回は申し分なかった。私は原作を読んでいないからよかったが、原作を読んでしまっている人は不幸かも知れない。この映画の旨みに辿り着けないかも知れないから
* 朕竹林 ~ネットはテキストだ~ * 2006/11/29(水) 01:12:42
DEAT NOTE デスノート the Last name2006年   金子修介 監督   藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、藤村俊二 、鹿賀丈史 、中村獅童 、池畑慎之介日テレの陰謀に、まんまと乗せられてしまいました、、、オープ....
* 猫姫じゃ * 2006/11/28(火) 19:10:33
Γデスノート the Last name」★★★★オススメ/劇場にて藤原竜也、松山ケンイチ主演金子修介 監督、2006年原作は相当面白いんだろうなと映画の展開を見ながら思った。デスノーとの規則がもっと頭に入っていれば、よりスリルを感じることが出来たようだ...
* soramove * 2006/11/23(木) 11:57:17
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」を観に行ってきました!!いや~予想通り、かなり面白かったですよ!前編は映画館で観ていなかたので、最初はあんまり興味なかったんですけど、この前テレビで前編を観て見事にハマッテしまったというパターンですね。....
* Thanksgiving Day * 2006/11/22(水) 01:32:25
「デスノート The Last Name」です。要は後半ってこと。試写会チケットをもらったので行ってきました。 マンガ
The human whose name is written in this note shall die.このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。誰が死に、誰が生き残るのか。月(ライト)は〔新世紀〕を照らすことができたのか?
映画デスノート後編-The Last Nameが封切られた。本日は筆者のレビューをお届けする。筆者がこの映画を見に行くことになった経緯だが、1. 日本テレビで異例の前編の放映が行われ、これを視聴。通常は劇...
* suna-yoko Travel With * 2006/11/20(月) 09:07:15
「デスノート後編」のスペシャルプレビューに行ってきたよ!残念ながら、ライト役の藤原竜也は来てなかったけど、主要人物が勢揃い。後には、機動隊のみなさんもずら~り。なんでもキラの襲撃にそなえているらしい(!)
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。