ハードキャンディ【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログハードキャンディ

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ハードキャンディ

2006/09/19  (火) 23:53| 映画感想編集

赤ずきんが仕掛けるオオカミへのゲーム

ハードキャンディ デラックス版
お薦め度:.★★★★.
うーん、名に恥じず超ハード…というかヘビィな内容。女性よりも男性向け。立ち上がれない程衝撃を受けます(笑)
アメリカでは小児性愛に関しては非常に敏感で(要するにそれだけ犯罪として蔓延しているということなのですか)最も忌むべき犯罪とされています。どれ位かというと刑務所に収監されると他の受刑者に殺される可能性があるため特別措置を取らなければいけないケースがある程らしい。それほどですから映画作品は、フィクションとはいえ一つの鉄槌と言えます。

野球の試合を見ていてデッドボールが急所に当たったりすると解説者がものすごく同情コメントを寄せるのですが、その辺女性はピンとこないんですよ。こればかりはジェンダーの違いとしかいいようがありません。女性としては「よくやってくれた。いや、もっとやってくれ!」と思ってしまうのですが、男性は比較的ジェフに好意的なようですね(笑)。

ゲームと銘打っておりますが、いっかなヘイリーが14歳の少女でハンデとつけるとしてもフェアには程遠く完全に男性虐待遊戯となっております。ジェフ超必死です。本当にこれは演技か?と思えるほど必死です。(笑…いや男性にとってみれば笑い事ではない)
14歳という年齢は実に微妙ですね。大人でも子供でもない時期。第二次成長期に重なりますし変に大人びた発想をしたりする時期です。

何故彼女が出会い系サイトで網を広げて獲物を待ち構えていたのか、本当に幼児殺人者を狙って正義を行おうとしたのか、単に自分の子供らしさをおとりとして犯罪者をいたぶりたかったのか(犯罪者なら警察に訴えることも無いですし)…結構後者のような気がします。
ヘイリーのいたぶり方は、シンプルかつ幼稚だけど男性にとっては最も堪える刑罰執行を期待させてみたり、絶望させてみたりと実に絶妙です。

他所のサイトさんを一寸拝見させてもらったのですが、結構色々な解釈が有るみたいです。
■実際に「手術」は行われたのか?
私は「やっていない」と思います。
実際全部取っ払ってしまったら失血死してしまいそうですし、冷やしてごまかせる痛みなんて結構しれてます。術後あんなに動けないんじゃないでしょうか。
ロープを解いた後「ついてる」と安堵していましたし、ご丁寧にテレビカメラに移して本人に「現場」を見せていたのもどうやらビデオ映像だったようですし、金属クリップを外すところからこれが「痛み」の元だと思いますし。せいぜい毛を剃って、適当なところを傷つけて血を採った位かな?と思います。

■ラストの解釈
これは一緒に見に行った師匠と話し合ってもどうにも意見が食い違ったのですが、私は結局「自殺させてもらえなかった」と解釈しました。
首吊りをするにはロープの長さがが多いような気がしますし、効果音も首の骨が折れたというよりも地面に落ちたような音でした。性悪なヘイリーの性格からいっても、「自殺したら片思いの相手に真実を教えない」なんて約束を守りそうにも無いですし、生かしておいてあらゆる人に真実をばらして辱めを与えた方が面白いと思うんですが。
最後のセリフ「or not」に対してアメリカサイトも回ってみたのですけれど、やっぱり両方の解釈があるみたいです。

ついでにアメリカでは「こんな14歳いるか!」と断しているレビュアーもいましたが、日本のオヤジ狩りからインスパイアされただけあって、私にはありえないことには思えませんでした(怖)。

メイン舞台のジェフの邸内が部屋ごとに単色で区切られて、小さな移動でも印象が変わって見えるようにされたセットや、アップや定型のカットを多用した一寸変わったカメラワークなどは、大きな動きの無いセリフでのやり取りで進展していくストーリーには合っていると思いました。よろしければ、一見の価値ありな映画です。

追記:宦官.comは存在しました。(笑)

日本公開日:2006/08/05 

「ハードキャンディ」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ハードキャンディ」を検索
「ハードキャンディ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
出会い系サイトのチャットで知り合ったヘイリー(14)と、売れっ子フォトグラファー、ジェフ(32)はある日カフェで初めて出会う。キュートなヘイリーに一目で惹きつけられたジェフはヘイリーを自宅に誘い込む。
一見すれば彼女の身に危険が迫っているようだが、実はすべて最初からヘイリーが巧妙に仕掛けたゲームだった…。
【原作・ノベライズ】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2006,09,19)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハードキャンディ デラックス版 ¥3,751 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/08/11) 原題HARD CANDY 製作年度2005年 製作国アメリカ 上映時間103分 監督クラーク・ジョンソン 出演パトリック・ウィルソン(ジェフ)、エレン・ペイジ(ヘイリー)サンドラ・オー
* ミーガと映画と… -Have a good movie- * 2007/11/26(月) 13:19:10
ハードキャンディ
* DVD レンタル Check * 2007/01/17(水) 04:42:35
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。