ユナイテッド93【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログユナイテッド93

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ユナイテッド93

2006/09/06  (水) 00:22| 映画感想編集

2001年9月11日―― 4機の旅客機がハイジャックされた。
3機はターゲットに到着。これは、その4機目の物語である。


ユナイテッド93お薦め度:.★★☆.
この作品は私の中では「映画作品」足り得ませんでした。

実は私、飛行機って乗ったこと無いのです。一緒に見に行った旅行好きの妹は「飛行機の浮遊感が良く出ている」といっていましたが、私にはその実感が全く沸かず、率直に言ってしまえば「カメラぶれ」に乗り切れませんでした。

このユナイテッド93号機は911テロ事件の際、唯一標的(ホワイトハウス)に激突する前に墜落した飛行機です。その中で一体何が起こっていたのか、なぜエアジャックは目的を遂行出来なかったかが描かれた作りとなっています。
事実がそうであったように、この墜落によって乗員乗客の全てが死亡。本当の意味での真実は闇の中です。
ですから、この映画で描かれていることは飽くまで想像に過ぎませんし、かと言ってフィクションというには余りにも911事件は風化されていない。

この曖昧な状況にあるテーマを扱った時点で、「ユナイテッド93」は私の中で負けのレッテルを貼られる作品となってしまいました。
「華氏911」ほど自分の解釈を強行に推し進めること(根性といってもいいか)も無いですし、どの人間に対してもアメリカ大好きな「平等」主義に描かれているために何とも焦点のない寝ぼけた構成となってしまいまいた。
あの事件が有った当初から飛行機から携帯電話はつながらないのではないか?という疑問が議論を呼びアメリカ陰謀説すら流れていたのを知っている身としては、家族に宛てた愛の言葉がどうにも薄っぺらで、アメリカ好みの演出のような気がして鼻白みました。

完全にこき下ろしていますが、これは911事件の被害者側(アメリカ)側からしてみれば、そうならざると得ない、そうなってしまうのは当然だと思います。
飛行機内にいる誰かだけを完全無欠のヒーローに仕立ててしまう(逆に言えば、被害者の誰一人も脇役にする)ことが出来ないのもわかるし、「報復戦争」を批判が集中している今のご時世でテロリストでさえも凶悪極悪人に描くことが出来ないことも納得が行きます。
イスラム教の慣わしも、妖しげな密教風ではなく真っ当な宗教行為として描くことには好感を覚えました。

それでも、テロリストの会話で字幕が付くところと、付かないところはどのように区別していたのかが疑問に残ります。話の進展上、理解が必要なところが着いているのは判るのですけどテロリストが随分長い会話を交わしていてもそこは全く解説なしだったりして。乗客乗務員の理解出来ないところは必要ないということなのでしょうか。だとしたら「平等主義」としては片手落ち。

言葉の通じないということは残酷なことですね。エホバの神の下した罰はかくも重い。
神様といえば序盤に「神のご加護で、この飛行機をのっとることが出来た」と神に祈りを捧げるテロリストには「神様はそんなこと望んじゃいないよ…」などと一人呟いてしまいました。
また終盤近くに、キリストに祈る乗客とアラーの神に祈るテロリストをクロスさせて演出するところは結局どちらの神様が祈りを聞き届けてくれたのだろうと思いました。一応テロ行為は妨害したのだからキリストなのでしょうかね?

この「ユナイテッド93」で主張(でもないが…)する「人間平等」主義は最もだと思います。被害者であるアメリカが創作という映画のなかで主張するのは、私のような第三者からの視点で見ると、ヒーロー・ヒロイズムに酔いすぎているような気がしました。
この作品で、この事件の犠牲者の魂が安らげるのでしょうか…私にはそうは思えないのですけれど。

とどのつまりこの作品は、アメリカ人が「あの事件を忘れない」という指標のために作った作品であり、それ以上でもそれ以下でもないので、「事実以上の監督の意見を強く聞きたい」私には向かない映画なのでした。

本当に全然関係ないけれど、うちの会社に時々いらっしゃるNY出身のアメリカ人の方は今日母国に帰るそうですよ。追悼式にでるのかなーとちょっと思いました。

日本公開日:2006/08/12 

「ユナイテッド93」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ユナイテッド93」を検索
「ユナイテッド93」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
2001年9月11日――
午前8時42分、ニュージャージー州ニューアークからサンフランシスコに向けて、ユナイテッド93便が飛び発った。
その直後、アメリカン11便がワールド・トレード・センター北棟に、続いてユナイテッド175便が南棟に激突した。その時はまだ、ユナイテッド93便の乗客乗員は、何も知らず、穏やかなフライトを続けていた。そしてテロリストが動き始めた。機内の犯人からの声に戸惑う管制官たち。アメリカン77便も、ペンタゴンに墜落。乗客たちは機内から電話で、地上にいる愛する家族と連絡をとりあった。3機の情報を聞いた乗客たちは、確信し、絶望した。自分たちも、どこかのターゲットに向かっていることを・・・。
何もしなければ、他の飛行機のように多くの犠牲者を出す。このままでよいのか。愛する者に最後のメッセージを残して、乗客たちは、確かな勇気と団結力に包まれ、行動を開始した――。
【原作・ノベライズ】
ユナイテッド93 テロリストと闘った乗客たちの記録
ジェレ・ロングマン 原口 まつ子 光文社


公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔イギリス公式サイト
原作:ユナイテッド93 テロリストと闘った乗客たちの記録
ジェレ・ロングマン 原口 まつ子 光文社

原題:United 93
監督:ポール・グリーングラス/
キャスト:コーリイ・ジョンソン/デニー・ディロン/タラ・ヒューゴ/サイモン・ポーランド/デヴィッド・ラッシュ/ジョン・ロスマン/チップ・ジーン/

製作:ティム・ビーヴァン/エリック・フェルナー/ロイド・レヴィン/
脚本:ポール・グリーングラス/
撮影:バリー・アクロイド/
美術:調査中
音楽:ジョン・パウエル/
衣装:調査中

日本公開日:2006/08/12
製作国:アメリカ/イギリス
時間:111分
製作年:2006
ジャンル:ドラマ/ミステリー/サスペンス/
製作/配給:UIP
備忘録:-

(2006,09,06)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2006年製作のアメリカ・イギリス・フランス映画。 全米初登場2位、興行成績$31,483,450。 9.11アメリカ同時多発テロ事件において、唯一目標に到達せずに墜落したユナイテッド93便に焦点を当てた衝撃のドラマ。ポール・グリーングラス監督が、綿密な取材に基づき機内の様...
* シネマ通知表 * 2007/10/07(日) 10:43:11
ユナイテッド93 ¥2,550 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/09/11)原題 UNITED 93 製作年度 2006年 上映時間 111分 監督 ポール・グリーングラス 出演 ハリド・アブダラ 、ポリー・アダムス 、オパル・アラディン 、ルイス・アルサマリ 、デヴィッド・アラン
* ミーガと映画と… -Have a good movie- * 2007/09/22(土) 10:37:43
8.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)これは・・・久々にかなりキマシタ。映画として魅せようとか、何か問題提議をするとか、作り手のメッセージを伝えるとか、そーゆー事は一切なしです。ただただ、状況をリアルに描写してまるで記録映像のよー
* ぶっちゃけ…独り言? * 2006/10/20(金) 04:57:56
ユナイテッド 932006年   ポール・グリーングラス 監督ハリド・アブダラ 、ポリー・アダムス 、オパル・アラディン 、ルイス・アルサマリ 、デヴィッド・アラン・ブッシェ出演者、全員新人? トウシロー??てか、管制員の方々も、himself というの、多かったで...
* 猫姫じゃ * 2006/09/12(火) 11:26:21
あれから5年、最も恐ろしいのはユナイテッド93の悲劇が忘れ去られてしまうこと ■監督・脚本 ポール・グリーングラス■キャスト コーリイ・ジョンソン、デニー・ディロン、タラ・ヒューゴ、サイモン・ポーランド、デヴィッド・ラッシュ□オフィシャルサイト  『
* 京の昼寝~♪ * 2006/09/10(日) 10:31:32
こないだ、ちょっとした海外旅行に行ったばっかりのひらりん。帰ってきてから見てよかったっ。9.11のテロのあった日は、ちょうど母親のリハビリ病院退院の日で・・・厚木方面から帰ってきて、夜10時くらいに家に着いて、テレビをつけたら・・衝撃場面が映ってた・・・
* ひらりん的映画ブログ * 2006/09/10(日) 02:25:57
「ユナイテッド93」という映画を見ました。高校2年生の夏から、高校3年生の夏までの1年間、私は、ペンシルバニア州の真ん中の辺で、一年間ホームスティをしながら、公立高校に交換留学しました。大学時代から結婚するまでは毎年夏かクリスマスの時期に遊びに行っていました
2001年9月11日。あの日のことはよく覚えている。珍しく早く家に帰ってテレビを点けたらワールドトレードセンターのビルがもくもくと煙を上げた映像が。何度も何度も飛行機が衝突する様を繰り返す映像。まるで悪夢。そして2機目が。その後、ビルが崩れるなんて発想し
* 映画、言いたい放題! * 2006/08/30(水) 01:25:44
原題:United 93あの日、帰宅してテレビを観たとき、まるで映画のワンシーンのよう、まるで映画のセットのよう、まるでスローモーションのよう、とても現実だとは・・ 2001年9月11日、この日4機の旅客機がハイジャックされた。最初に乗客92名を道連れにアメリカン11
 何の期待もしないように、自分に言い聞かせて、9・11テロを描いた作品「ユナイテッド93」(ポール・グリーングラス監督)を観に行った。墜落したハイジャック機をモチーフにした映画ということは知っていたが、乗客・乗員の運命は既に分かっている。明るく面白い作品
映画、ユナイテッド93を見てきました。これは、エンターテメントしてでは、なく。記録的な感じが印象的でした。本当に緊張感ある息も呑めないような展開に一瞬たりとも気が抜くことができませんでした。また、管制官などは、9月11日に実際にその場にいた本人が自ら演じてい
とても見たかった映画だったので期待して見に行きました。。。 自爆テロなんてどうしてできるのかな~? せっかくもらった命なのにさ~もっと楽しく生きることはできないのかな? さてさて、この映画はノンフィクションなんでしょうか? 事実らしいですが。。。 飛行機の
* ちわわぱらだいす * 2006/08/23(水) 22:25:59
 9・11事件を描いたユナイテッド93を見てきました。テーマが重いだけあって、気合いを入れてみなければ・・・。
* よしなしごと * 2006/08/21(月) 01:59:29
『ユナイテッド93』? 公式HPはこちら ●あらすじ2001年9月11日、40名の乗客乗員を乗せ、サンフランシスコに向けて飛び立ったユナイテッド93便。しかし、次々と不穏な動きをする飛行機を管制官が気づき、騒ぎになっていた・・●コラム あの9・11の時は皆
その時わたしは仕事から帰って、のんきに海外ドラマ「フレンズ」を観てた。。。。大好きな街NY、、、母からの電話ですぐにチャンネルを変えると、生涯忘れられない衝撃が。涙があふれた、、、、。あれから今年で5年。早くも数本映画化されると聞いた時、どうせハリウッドス
* 我想一個人映画美的女人blog * 2006/08/18(金) 14:24:56
緊迫感に満ちた迫真の再現映画。疲れと同時に平和への思いが沸き立つ。
* Akira's VOICE * 2006/08/15(火) 18:31:17
2006年8月12日公開  湾岸戦争、ベトナム戦争、そして太平洋戦争、南北戦争と、建国の歴史から他国に戦争ふっかけまくっては、それを映画化し、反戦平和を謳うふりしてまた商売に繋げるという偽善大国、戦争大好きアメリカ。そ
                  (写真は、セントレアにて撮影)皆さんは、あの瞬間、何をしていましたか?私は、出張先のビジネスホテルでNHKを見ていました。このホテル、大浴場があり、長湯でややのぼせ気味で、部屋に戻ったら、月9ドラマ(“できちゃった結婚
* うぞきあ の場 * 2006/08/14(月) 00:57:12
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。