スポーン【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログスポーン

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲スポーン

2006/07/17  (月) 23:16| 映画短評編集

ただ、もう一度愛する人に逢いたい…

スポーンお薦め度:.★★★.
 映像処理的にはおもしろいんだか…今までのアメコミ作品と比較しても単純アクション映画の域を出ていないような気がしました。

解説には、「主人公の心の葛藤に焦点を当てつつ…」とあったのでどの程度の物かと期待したのですが、スポーンになる前からCIAの特殊部隊ということで特別人の死について感情を揺り動かすことが無いので、人を簡単に人を殺せるような力を持ったことに驚きがない。
作中に「お前が母親の胎内にいたときから、そうなる因子は備わっていた」的なことをいっていたので、その辺は仕方がないといってしまえばそれまで。

死んだ時点で普通の人間とは係わり合いを断たざるを得ないので、最初から死後までダークーヒーロー。
葛藤といっても、本当に恋愛(というよりも元妻か?)にしかこだわりがないんです。もうすこし何かあっても良かったのに。

ただ、ビジュアル的には非常にかっこよかったです。フルフェイスマスクの装着の仕方?がかっこいい。マントのひるがえりが、ちょっとありえない感じですが、この動きは素晴らしい、うっとり。

下品なことばを羅列する雨付け約は結構インパクト。翻訳さんご苦労さまです。下品言葉が平気な人は一見の価値あり?
。しかし、当時から北朝鮮ってヤバかったのね…。

日本公開日:1998/02/?? ■「スポーン」の劇場検索

【ストーリー】
CIAの特殊工作員アル・シモンズは、上司の裏切りにあい、任務中に惨殺される。やがて地獄に墜ちたシモンズは、最愛の妻に会いたい一心で闇の支配者マレボルギアとある契約を交わす。それは、地獄の軍団の指揮者となって人類を破滅させ、天界へ最終戦争を仕掛けるというものだった……。
【原作・ノベライズ】
SPAWN
ロブ マグレガー T. マクファーレン Rob MacGregor Todd McFarlane 大島 豊 メディアワークス




「スポーン」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「スポーン」を検索
「スポーン」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:なし
原作:SPAWN
ロブ マグレガー T. マクファーレン Rob MacGregor Todd McFarlane 大島 豊 メディアワークス



原題:Spawn
監督:マーク・A・Z・ディッペ/
出演:マイケル・ジェイ・ホワイト/ジョン・レグイザモ/マーティン・シーン/テレサ・ランドル/ニコル・ウィリアムソン/メリンダ・クラーク/D・B・スウィーニー/ミコ・ヒューズ/シドニー・ボードワン/

製作:クリント・ゴールドマン/
脚本:アラン・マッケルロイ/
撮影:ギレルモ・ナヴァロ/
美術:カイル・クーパー/フィリップ・ハリソン/
音楽:グレーム・レヴェル/
衣装:調査中

日本公開日:1998/02/??
製作国:アメリカ
時間:98分
製作年:1997
ジャンル:アクション/ホラー/
製作/配給:ギャガ・コミュニケーションズ
備忘録:-

(2006,07,17)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。