水の花【スポンサー広告】【新作映画】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ水の花

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲水の花

2006/07/17  (月) 20:45| 新作映画編集

妹に殺意を抱いた
日本公開日:2006/08/05 ■「水の花」の劇場検索

公式サイト:〔日本公式サイト
監督:矢内廣/近藤邦勝/黒坂修/高野力/中嶋孝夫/
出演:寺島咲/小野ひまわり/田中哲司/黒沢あすか/津田寛治/


【ストーリー】
幼い頃に母親に捨てられた中学生の美奈子と、その母親が父親とは別の男との間に生んだ小学1年の優。めぐり会うはずもなかったふたりは運命に引き寄せられるように、小さな町の片隅で出会う。母親は自分を選んだのではなく、妹を選んだ。妹に対する抗えない暗い感情と嫉妬。あるいは収まることのない、母親への憎悪。しかし誰も存在しないかのような夜のショッピングセンターの片隅でふたりが出会った時、運命は回りだす。そして深夜バスと列車は、ふたりを大人の世界から切り離すように海へといざなって行く。東北の海岸沿いにある、今は亡き祖父母の家でつかの間の時を過ごすふたり。優を世話することで美奈子は“母”となり、同時に幸せだった幼い頃を追体験しつつ、時に残忍な表情を表す。
【原作・ノベライズ】
-

【コメント】
キャッチコピーに魂射抜かれました。兄弟は最初にして最大の敵。そうだよね肉親だからって今ブームの妹だからって必ずしも可愛いとは限らない。幼い子供だからといって純粋とは限りません。どうして大人は大きくなるとそのことを忘れてしまうんでしょう。
しかし「殺意」とは…?

「水の花」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「水の花」を検索
「水の花」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】


  1. 原作:-
  2. 原題:-
  3. 監督:矢内廣/近藤邦勝/黒坂修/高野力/中嶋孝夫/
  4. 製作:天野真弓/
  5. 脚本:木下雄介/
  6. 撮影:丸池納/
  7. 美術:尾関龍生/
  8. 音楽:調査中
  9. 衣装:調査中
  10. 出演:寺島咲/小野ひまわり/田中哲司/黒沢あすか/津田寛治/
  11. 製作国:日本
  12. 時間:92分
  13. 製作年:2005
  14. ジャンル:ドラマ/
  15. 製作/配給:ユーロスペース
  16. 日本公開日:2006/08/05
    (2006,07,17)/(新作情報)


【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。