ディセント【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログディセント

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ディセント

2007/08/21  (火) 00:01| 映画感想編集

あなたの叫びは誰にも届かない

THE DESCENT
鑑賞後:.★★★☆.
この手の作品は怖いか怖くないかだけが問題なので云々いうことは出来ません。ということで結構怖かったです。
オチは……いや言うのを止めておこう。
え!とかふぎゃーー!?という感じ。結局こんなんか、こんなオチなのか…。普段ホラー映画を余り見ない私には、こういったオチも可だということが勉強になりました。

ライターの存在やネックレス、操作性の悪い時計、ピッケルなどイベントアイテムが適切に表現されているところは良かったです。しかし冒険アイテムには余り詳しくないのですけれど、懐中電灯のバッテリーってハンディカムよりも早く切れるものなんですか?ハンディカムなどは液晶パネル付けっぱなしにしていたらものの数時間で電池切れになりそうなものですが…。

冒頭の川下りのエピソードは、女性陣が岸に上がるシーンでの微妙なニュアンスが何を意味しているのか一寸分かりませんでした。ヒロインことサラの旦那さんと友人の一人が不倫状態にあったことを、話が進展していってもなんとなく匂わせている(「サラだけが辛かったわけじゃない」というセリフなど)のですが、結局サラにはっきりと明かされることもなし…。
それと意識することなく友人の裏切り行為を清算したということなのでしょうか?それとも夫が好んで口にした言葉「毎日を大切に」というタグをつけていたというだけで不倫に気が付いたということなのでしょうか?
自分も生きるか死ぬかと言う極限状態でも、復讐を達成しようという気概は私には存在しないなあ…生きるの一番、復讐は二の次と行きたいです。

謎の地底生物が現れるのですが、どうも生態的に地底生物と夜行性動物を混同している気がしました。目が退化しているとか、紫外線に当たらないから色が白い、聴力が発達しているというのは地底生物の特徴だけど、夜になって(コウモリのように)地上に出向いて狩りをするというのなら色が白いのは逆に目立つと思うし、嗅覚がまったくないのはおかしいな気がする。地上で出ることが出来ないほど地底深いなら空気の流れも無いだろうし正しいんだろうけど。

日本公開日:2006/07/15 

「ディセント」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ディセント」を検索
「ディセント」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【ストーリー】
洞窟探検での偶然の事故が、すべての恐怖の始まりだった。
年に一度の冒険旅行を楽しむ6人の女ともだち。今年彼女たちが向かったのはアメリカのアパラチア山脈奥地の地下洞窟だった。洞窟に入った途端、落盤によって出口を塞がれた彼女たちは、迷路のような暗闇の洞窟のなかで、別な出口を探してさまよい歩く羽目になる。やがて、言い争いから仲間割れが発生、命綱ともいうべき照明の電力も残りわずかとなる中、さらに想像を絶する過酷な試練と恐怖が闇の中から彼女たちに襲いかかる…。
【原作・ノベライズ】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】


(2007,08,20)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
洞窟探検中に落盤事故で出口をふさがれた6人の女性たちが、謎の生物と死闘を繰り広げるサスペンス・ホラー。監督は、ドッグソルジャーのニール・マーシャル。その地底人をなんとあのG.G社がスタチュー化。 他
洞窟探検中に落盤事故で出口をふさがれた6人の女性たちが、謎の生物と死闘を繰り広げるサスペンス・ホラー。監督は、ドッグソルジャーのニール・マーシャル。その地底人をなんとあのG.G社がスタチュー化。 他
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。