LOST/第二話・第三話【スポンサー広告】【映画よもやま話】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログLOST/第二話・第三話

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲LOST/第二話・第三話

2006/07/11  (火) 00:43| 映画よもやま話編集

何故、飛行機は墜落したのか
LOST シーズン1 DVD Complete Boxさて、前回に引き続き、海外ドラマ「ロスト」第二話・第三話をレンタル。

第二話「SOS」
ようやくサブ的キャラクターの人間性もチラホラ見えてきました。
このようなパニック状態になるといがみ合うのが人の常では有りますが、大概くだらないことでもめるんだなあ…。

今回はチャーリーとケイトの墜落前の行動が明らかにされています。第一話からしてチャーリーはお調子者だと思っていたんですが、やっぱりちょっと頭の明るいキャラクターですな。
ケイトのほうはちょっと意外?その飛行機に搭乗した理由は明らかにされましたが、その原因は明らかにされません。もしかして、このまま明確にされなかったらどうしよう…そんなことは無いと思いたいが。
周りの環境からしてこの島は熱帯地域にあると思うのですがどういったことかシロクマが表れます。だけどこれ、個人的にはちょっと引っかかるんですよね。北極グマなのか単なる(アルビノ的に)白いクマなのかよくわからなかったんですもの。顔の造作を見る限り北極グマには見えなかったんだけど、そこまで要求するのは酷かなあ。
それにしてもこの件はこれで終わり?終わりなの?謎は皆に公表しないの?気になるんですが。

無線を受信したのはいいが、16年も前にも遭難者がいたことが明かされます。よくこのカウント数から逆算できるなあ…計算の弱い私には無理だ。

第三話「眠れぬ夜」
何人が良くわからなかったアジア人はどうやら韓国人だったことが判明しました。英語もわからぬ韓国人夫婦が何故オーストラリアからアメリカへ向かう飛行機に乗っていたのかは不明。
韓国は結構男尊女卑が厳しいと聞いていたけど、こんなものなのかしら…?どうにも夫の言動が過剰すぎておかしな感じがします。
ここで急に独立独歩だった夫が食料を振舞って歩くのも少々唐突ですな。(言葉の通じない壁を乗り越えようってことなのかしら?)

いやいや、こんなことに引っかかっている場合ではありませんでした。
第一話で重症だった男性がいよいよ危険な状態になってきたため、「特殊状態における死の見つめ方」がテーマとなっていました。
確かにどうせ死ぬって決まっているのなら、苦しまずにとっとと死にたいよね。
それにしても、ソーヤーは最後の一発を外すのはあんまりにも酷い。第二話で調子こいて銃を撃っていたけど実はトウシロなのか?
一発で決めるのなら口にくわえさせて撃つのが一番らしいです…と以前ネットの知り合いから聞きました。

この辺がまあ実に上手くこのテーマに作用しているのですが、どうしたことがこの第三話で、なんとなーく皆が持っていたわだかまりが解消しているのでした。
流石TVドラマだなあ。師匠が言っていた通りだ。TVプロデューサーからやってた監督が撮った『クラッシュ』なんてまさしくこんな感じでしたもの。映画だと納得がいかん!怒っていた私ですが、まあTVドラマだし、これからも続くからと何となく納得させられたのでした。
犬も戻ってきたことだし、よかった、よかった。




【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。