フェイク【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログフェイク

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲フェイク

2006/07/09  (日) 23:34| 映画短評編集

真実のラスト――それは美しい裏切りの瞬間(とき)

フェイクお薦め度:.★★★★.
■男同士の友情(仁義)もの。潜入捜査に入ってレフティと行動を共にするうちに仕事とプライベートの境界が曖昧になりやがて逆転してしまう過程が自然に描かれているのは回想録を元にしているせいでしょうか。逆に奥さんとのやりとりは女性としてはトホホ…と思えるくらいに粘着質で現実主義な問題の繰り返しで、これまた男の世界の理不尽に思えるほど竹を割ったようなすっきりとした関係を強調させます。仁義の世界は入ってしまうとなかなか抜けられないの分かるような気がします。

■デニーロのつかれた中年演技は秀逸。最後の「お前だから…」の台詞は胸に響きます。針の先ほどの疑惑があれば制裁を加えられるマフィアの世界で【事実を突きつけられてもレフティに信頼される「ドニー・ブラスコ」が本当に彼に尽くしたのかが分かる】から。でもどうして【FBIがドニーが潜入捜査官だとわざわざマフィアの溜まり場に行って写真を突きつけるのか】は分からなかった…。対するジョニーは抑え目の演技。笑いどころや心にぐっとくるツボを心得た良質な作品です。

日本公開日:1997/11/15 ■「フェイク」の劇場検索

【ストーリー】
ブルックリンを舞台にFBIの潜入捜査官とマフィアの男、生きる世界の違う2人の男の友情と葛藤を描いた実話に基づく感動の物語。
【原作・ノベライズ】
フェイク―マフィアをはめた男
ジョセフ ピストーネ Joseph D. Pistone 落合 信彦
4087603113
元FBI潜入捜査官だったジョゼフ・ピストーネがリチャード・ウーリーと共同で執筆した回想録「フェイク/マフィアをはめた男」

「フェイク」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「フェイク」を検索
「フェイク」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:-
原作:フェイク―マフィアをはめた男
ジョセフ ピストーネ Joseph D. Pistone 落合 信彦
4087603113
元FBI潜入捜査官だったジョゼフ・ピストーネがリチャード・ウーリーと共同で執筆した回想録「フェイク/マフィアをはめた男」
原題:Donnie Brasco
監督:マイク・ニューウェル/
出演:ジョニー・デップ/アル・パチーノ/マイケル・マドセン/ブルーノ・カービイ/ジェームズ・ルッソ/アン・ヘッシュ/ザック・グルニエ/ティム・ブレイク・ネルソン/ポール・ジアマッティ/グレッチェン・モル/

製作:マーク・ジョンソン/バリー・レヴィンソン/ルイス・ディジアイモ/ゲイル・マトラックス/
脚本:ポール・アタナシオ/
撮影:ピーター・ソーヴァ/
美術:ドナルド・グラハム・バード/
音楽:パトリック・ドイル/
衣装:オード・ブロンソン・ハワード/デイヴィッド・C・ロビンソン/

日本公開日:1997/11/15
製作国:アメリカ(1997/02/28)
時間:127分
製作年:1997
ジャンル:犯罪/ドラマ/サスペンス
製作/配給:東宝東和
備忘録:-

(2006,07,09)/(短・感想)


【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。