富江【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ富江

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲富江

2006/06/30  (金) 23:56| 映画短評編集

悪夢は増殖する

富江お薦め度:.★★☆.
 なんか…本当にどうってことの無い作品だなあ。まあホラーなんだから何か特別なことを期待するのが間違いだとは思うんだけど。
映画館ではなく家で観ているのもまずいのでしょうけれど、菅野ちゃんは流石にお上手ですが、特別怖くも無いし、気持ち悪くもないし(いや、そうでもないかな…)。冒頭は「魍魎の匣」みたいで、首だけの少女が徐々に育っていくのかと期待したんですけどれど。
まさかその育てていた当人が病院から抜け出してきて、しかも逮捕された理由が500ウォンで自販機のつり銭ドロって…トホホ。

刑事はいけ好かないし、それやあんなヘンテコな刑事に付きまとわれたらイラつくのは判るのですが精神科の女医さん医者らしくないし。

しかも「私は貴方で、貴方は私」ってなんですか、だから何なんですか。そして、ヒロインと富江が同じとは一体どういう意味か。
ラストで焚いているのは発煙筒かと思っていたのですが…もしかしてダイナマイトだったのですか?なんでそんなもの二十歳そこそこの女の子がもっているのか?なぜそれなのにヒロインは無事でいたのか?
もー全く意味が理解できません。何故彼女はその美貌で男を誘惑してまわるのか、なぜ殺されるのか、そして何故あの年齢のまま年を取らないのか。

結局アレだけ人がいたにも関わらず、ナゾらしいものが明かされることも無く、富江の生い立ちが方羅列ことも無く、死んだ人間が再生して何度も生き返るといことだけだなんて。それに何らかの理由がなければ面白くもへったくれもありません。

日本公開日:1999/03/06 ■「富江」の劇場検索

【ストーリー】
泉沢月子は3年前の交通事故が原因で当時の記憶がない。その後遺症から毎晩血まみれの夢を見るようになる。精神科医の細野辰子は、彼女を催眠療法で探るがすると、月子は、「トミエ」という名前を口にする。
【原作・ノベライズ】
富江―The complete comics of Tomie
伊藤 潤二 朝日ソノラマ




「富江」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「富江」を検索
「富江」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:なし
原作:富江―The complete comics of Tomie
伊藤 潤二 朝日ソノラマ



原題:-
監督:及川中/
出演:中村麻美/菅野美穂/洞口依子/田口トモロヲ/草野康太/留美/水橋研ニ/

製作:土川勉/松下順一/平田樹彦/
脚本:及川中/
撮影:鈴木一博/
美術:調査中
音楽:二見裕志/木村敏宏/
衣装:調査中

日本公開日:1999/03/06
製作国:日本
時間:95分
製作年:1999
ジャンル:ホラー/
製作/配給:大映配給
備忘録:-

(2006,06,30)/(短・感想)


【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。