M:I-3/ミッション:インポッシブル3【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログM:I-3/ミッション:インポッシブル3

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲M:I-3/ミッション:インポッシブル3

2006/07/17  (月) 23:18| 映画感想編集

最も不可能なミッションが始まる!

M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディションお薦め度:.★★★.
私、『ミッションインポッシブル』が好きなんじゃなくて2を監督したジョン・ウーが好きなだったのだ、と確信してしまいました。
1の内部密偵と2の科学兵器というテーマを足して二で割るとこうなって、しかも出がらしのような作り。ずいぶん拍子抜けしてしまいました。かのイーサン・ハントも今や退役していたのですね…とほほ。

この監督がTV業界の人で、映画初監督という偏見で見ていたせいか、巨大スクリーンでの撮り方がなっていないと感じました。序盤のヘリコプターのチェイスのシーンなどは、臨場感を出すためにカメラを同調して揺らすのは理解できるのですが、重要なシーンやよく見てもらいたいところはカメラは揺らさないとか、揺れを少なめにしてもらわないと、何が何だかさっぱりわかりませんよ…。カメラ酔いするかと思いました。

『ラビットフット』も生物兵器である必要性があったのか…世相として一番強力な武器として認知されているから奪取するアイテムとして登場しただけだとは。『ラビットフット』と言うからには幸運のお守りの意味があるわけで、使い方によっては世間に蔓延する病気の特効薬になるとか何かしら重みをつけてもいいはず。

かの有名なセリフ「当局は一切関知しない」はずなのに、特例として救出作戦を企てるところに不信を抱かないところに白ける。
上記のセリフやアクション、特殊性マスクなどこの作品のお約束な点は一応踏まえてくれているのですが、前作がサングラスなんていいセンスだったのに今回使い捨てカメラな上に、コンビニでベラベラ話しているのにちょっと萎えた。

天下のバチカンに侵入した上に、内部破壊の限りをつくしおって!ぷんすか。(私別にキリスト教ではありません…笑)
お約束のワイヤーで吊られるところもしょぼくてガッカリでした…これはかっこよくなくっちゃイヤです~。
特殊マスクや声帯変更シール?の製作の下りはそこそこ面白かったのですけどね。

フィリップ・シーモア・ホフマンが一見(品の)良い人そうに見えて、気持ち悪い雰囲気が良い味をだしているのに、彼を中ボスに仕立ててしまったのは残念の極み。

寝ちゃうほどつまらない、とまではなりませんでしたが、普通のアクションスパイ映画と比較して突出するものが何もないのが痛恨です。美味しいところヒロインに持って行かせてしまうのもねえ…。
イーサンは永遠に活躍するヒーローで終わって欲しかったのに、幸せ一杯新婚生活というのはシリーズ完結のオチとしてよかったのかどうなのか。『ターミネーター3』のように蛇足の感を否めません。

日本公開日:2006/07/08 

「M:I-3/ミッション:インポッシブル3」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「M:I-3/ミッション:インポッシブル3」を検索
「M:I-3/ミッション:インポッシブル3」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
イーサン・ハントの新たなミッションは、スパイを引退し教官になった彼が、自らの教え子、リンゼイの危機に再び立ち上がることから始まる。しかし、事態はイーサンの予想を遥かに超えるものになってゆく。謎めいた暗号名「ラビットフット」とは何か? その「ラビットフット」の正体を知る強大な敵、オーウェン・デヴィアンの出現。そしてこのミッションはイーサンの本当の姿を知らないフィアンセの命を危険にさらし、イーサン自身もかつて経験したことのない絶体絶命のピンチに陥っていく……。果たして彼はタイムリミットが迫る中、IMFの仲間と共に世界を駆け巡り、不可能なミッションを遂行できるのだろうか?

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔公式サイト〕 〔チェコ公式サイト〕 〔ルーマニア公式サイト〕 〔スペイン公式サイト〕 〔イスラエル公式サイト〕 〔フランス公式サイト
原作:-
原題:M:I-3/Mission:Impossible 3
監督:J・J・エイブラムス/
出演:トム・クルーズ/ヴィング・レームズ/ケリー・ラッセル/ローレンス・フィッシュバーン/フィリップ・シーモア・ホフマン/サイモン・ペッグ/ビリー・クラダップ/

製作:トム・クルーズ/ポーラ・ワグナー/
脚本:J・J・エイブラムス/
撮影:ダニエル・ミンデル/
美術:調査中
音楽:マイケル・ジアッキノ/
衣装:調査中

日本公開日:2006/07/08
製作国:アメリカ/
時間:126分
製作年:2006
ジャンル:アクション/アドベンチャー/スリラー/
製作/配給:UIP
備忘録:-

(2006,07,17)/(中・感想)


【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
M:I:III  ミッション:インポッシブル:32006年   J・J・エイブラムス  監督トム・クルーズ  、フィリップ・シーモア・ホフマン  、ビング・レイムズ  、ビリー・クラダップ  、ミシェル・モナハン  、ジョナサン・リース・マイヤー..
* 猫姫じゃ * 2006/12/10(日) 21:09:33
トム・クルーズが製作と主演を兼ね、 アメリカのテレビドラマ「スパイ大作戦」をリメイクした スパイ・アクションシリーズの第3弾。 「エイリアス」と「LOST」のテレビシリーズでエミー賞を獲得した J.J.エイブラムスがメガホンを握り、 絶体絶命の危機の中でミッションを遂
* 噂の情報屋 * 2006/10/17(火) 21:11:07
いや~、すみません。だいぶ、更新の方、滞っておりまして、誠にかたじけないさっそく、ここ最近、見た、映画等をご紹介していきたいと思いますまず、始めに、この映画から・・・ 主演:トムクルーズ出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、ミシェル・モナハン、ヴ
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)第1作目はいかにもブライアン・デ・パルマ監督らしいサスペンスタッチだったけど、内容的にはちょっと地味目・・・第2作目はまたまたいかにもジョン・ウー監督らしいド派手アクションだったけど、トムのプロ
* ぶっちゃけ…独り言? * 2006/07/22(土) 06:04:55
HP:M・I:III(ミッション・インポッシブル3)私的分類:アクション/スパイ鑑賞方法:映画館2006/7/11 評価:★★★★スパイを引退したイーサン・ハントは教官となり、婚約者のジュリアと幸せな日々を過ごしていた。しか
* 映画と私 * 2006/07/21(金) 11:47:05
主演のトム・クルーズが来日、来阪して話題の「M:I:Ⅲ」を先行上映で鑑賞しました。今度の「ミッション」も派手に、豪快に、楽しませてくれます。先週はテレビにトム・クルーズがよく取り上げられていたので出ずっぱりの彼に飽きて?しまうかもしれませんが・・・オープニ
* bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ * 2006/07/20(木) 14:08:10
これはよかったです!!!!久々に映画館に見に行きました!!森の精さんと見に行こうという事になりまして、新宿にて待ち合わせ。ご飯してから映画館へ。http://www.mi-3.jp/top.htmlいやぁ~~、大雨のせいですかねー。ものすごく空いていまして、いい席でご観覧ww内容
* DENPACHI'S BAR Q BLOG * 2006/07/20(木) 12:16:01
映画の日(毎月1日)に、先行上映されていたので ミッションインポッシブル3を観て来ました!!映画の冒頭からハラハラさせられるシーン。最後の最後までハラハラドキドキのシーンが山盛りで大満足です数分毎くらいにドキドキするシーンがあったりしたので、監督が「2..
* あくり * 2006/07/06(木) 01:10:51
・2006/06/23 (金)  朝、4時に起きて、ワールドカップ日本vsブラジル戦を観る。玉田が先制点を入れて、ロスタイムにロナウドにヘディングを決められるまでの10数分は、実に素敵な時間でした。後半、追加点が入る毎に
* 夢現☆~映画とゲームと日記と~ * 2006/06/24(土) 11:10:43
≪採点(読むなび!参照)≫合計:文句なしの100点 採点内訳へ≪梗概≫全世界で10億239万7395ドル(約1,200億円)の興行収入を記録した大ヒット・シリーズの待望の第3弾、『M:i:?』で、トム・クルーズは自身の象徴と
* 読むなび!(裏) * 2006/06/21(水) 01:43:47
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。