トリック劇場版【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログトリック劇場版

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲トリック劇場版

2006/05/22  (月) 22:42| 映画短評編集

全ての奇蹟にタネがある。はず。

トリック 劇場版お薦め度:.★★★☆.
 予想通りの「スペシャルドラマ」。よってお金払って映画館に観に行った身としては一寸損をした気になりました。しかもやっぱりテレビドラマ「トリック」を見ていること前提で進んでいますし。
しかしいちいち新規顧客を期待して作った作品ではないのでこれはこれでいいのでしょう。

元々「トリック」自体が深夜枠の低予算ドラマで作った割には安っぽさが無くて出来が良かったわけです。いや実に予算の少なさはみえみえなんですが、山田が貧乏なので、違和感がなく安っぽさじゃなくてチープな感じといったらいいのかな。
セットを組む余裕がないせいか、ロケシーンが多く、「一人のインチキ奇術師が村全体をそそのかしていた」という金がかかっていない割りに妙に規模がでかかった。

劇場版は単に「複数のインチキ奇術師が村全体をそそのかす」という図式なので「映画を見に行った!」という満足感は得られませんでした。
ただ、いつもの上田と山田の掛け合い漫才は健在なので、ファンからしたらTVで見る分には充分に楽しいです。

金額的には損したなと思ったのですが、観にいってよかったと思うのはファンの欲目です。
日本公開日:2002/11/09 ■「トリック劇場版」の劇場検索

【ストーリー】
300年に一度、村を襲う大きな災い。
自称売れっ子天才奇術師の奈緒子は、村人たちの不安を取り除くため神を演じてほしいと依頼を受ける。だが村で奈緒子を待っていたのは…。

何でも実体化する男、
足の裏に目を持つ男、
確率を支配する男、

彼らは皆、自分こそ神であると称していた。

次々と起こる不可思議な現象。追い詰められる奈緒子と物理学者上田。矢部刑事、そして奈緒子の母里見も加わり、事件は思わぬ方向へ…神は実在するのか?それともトリックなのか?!
【原作・ノベライズ】

トリック 2 超完全版

仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久 野際陽子 ジェネオン エンタテインメント




「トリック劇場版」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「トリック劇場版」を検索
「トリック劇場版」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:〔日本公式サイト
原作:
トリック 2 超完全版

仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久 野際陽子 ジェネオン エンタテインメント



原題:-
監督:堤幸彦/
出演:仲間由紀恵/阿部寛/生瀬勝久/野際陽子/伊武雅人/竹中直人/ベンガル/石橋蓮司/山下真司/芳本美代子/前原一輝/

製作:早河洋/高井英幸/
脚本:蒔田光治/
撮影:斑目重友/
美術:稲垣尚夫/
音楽:辻陽/
衣装:調査中

日本公開日:2002/11/09
製作国:日本
時間:119分
製作年:2002
ジャンル:ドラマ/コメディ/
製作/配給:東宝
備忘録:-

(2006,05,22)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。