ポセイドン【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログポセイドン

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ポセイドン

2006/07/13  (木) 00:25| 映画感想編集

その瞬間、運命もさかさまに転覆し始める

ポセイドンお薦め度:.★★★★.
いやあペーターゼン相変わらず良いお仕事です。二時間未満の映画なのにそれ以上の疲労感を感じました。ずっと緊張して力を入れていたので肩がこってしまいました。

ポセイドン号を鳥瞰で周回しかじめた時点で、基本的な船舶構造の把握と、人物紹介の嵐。群像劇だと知っていましたから、身構えていましたが、本当に集中しすぎて頭ちょっと頭痛がするほどでした。何とかついていけたととりあえずは一安心。少しは状況把握のスキルが身についたかな。

基本的には群像劇脱出パニック映画ですが、人間ドラマとしてポイントはしっかり押さえた構成になっていました。
一応映画として、脱出に成功しなくてはいけないでしょうし、数々の試練を偶然とも必然ともつかない方法で解決していきますが。真理的にはリアリティに溢れている。それは決してドラマティックではないという点においてです。

変に悲壮感をただよさせず、ベタベタとしていない点が非常に好感。実際非常事態になったら悲劇に打ちのめされてその場に座り込んでいる人間なんて死ぬだけ死ぬだけ。
生き残って脱出を企てる人たちも、死者を怖がっていたり、いたわっていられるのは最初のうちだけ、終盤には山の様に死体が漂ってきても、さくさく踏み入っていくところがいいですね。流石戦争体験者の監督は良くわかっておるなあ。

かといって、ヒューマニズムが描かれていないかと問われれば決してそんなことはありません。
最初に津波を存在を知ったゲイ?の男性は、自殺しようとしてデッキに出た人物なのに、最終的に最終的に生き残るのが人生の皮肉で象徴的。

ウエイターのバレンタインが不運にも死んでしまったことを、最初は物語を盛り上げる為にどこかでその事実が明かされるかとも思いましたが、彼女は結局事実を知るなかったし、誰もその関係に気付くこともなく終わってしまった。現実そうは上手く行くものではないですね。

最初は父親に反発ばかりしていた娘が危機状態において徐々に心が通っていく様が少ないセリフや行動の中にもよく表現されていました。
父親と恋人どちらが任務を遂行できるかと言う時も必要以上にぐだぐだ言わないし、で娘の恋人が志願しても父親は「娘のそばにいてやってくれ」とか言わない現実的体力問題からすれば若い方が可能性が高いことは確かですから。
さらに悲嘆にくれる娘を見て父親が何も告げずに自らを犠牲にするところがところが非常にグッとしました。
ここでブラッカイマー映画なら「いやここは私がいく」とかいうんだぜー、きっと(偏見)。

人によって好みはありますが、私はこれくらいの微妙なさじ加減の作品が好みです。

日本公開日:2006/06/03 

「ポセイドン」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ポセイドン」を検索
「ポセイドン」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
大みそかの夜。北大西洋を航海中の豪華客船ポセイドン号ではパーティーが始まっていた。同等クラスでは世界最高の客船のひとつであるポセイドン号は、高さが20階を超え、客室800、パッセンジャー・デッキ13を備える。
その頃、ブリッジでは一等航海士が異変を感じとっていた。水平線を調べていた彼は、それ……ローグ・ウェーブ(異常波浪)……を見たのだ。50メートル近くありそうな巨大な波が船に向かってくる。彼は致命的な打撃をかわそうと必死に舵をとるが、すでに遅すぎた。
【原作・ノベライズ】
1972年製作映画『ポセイドン・アドベンチャー』

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔フランス公式サイト
原作:1972年製作映画『ポセイドン・アドベンチャー』
原題:Poseidon
監督:ウォルフガング・ペーターゼン/
出演:ジョシュ・ルーカス/カート・ラッセル/ジャシンダ・バレット/リチャード・ドレイファス/ジミー・ベネット/エミー・ロッサム/マイク・ヴォゲル/ミア・マエストロ/アンドレ・ブラウワー/ケヴィン・ディロン/フレディ・ロドリゲス/カーク・B・R・ウォーラー/

製作:ウォルフガング・ペーターゼン/ダンカン・ヘンダーソン/
脚本:マーク・プロトセビッチ/
撮影:ジョン・シール/
美術:ウィリアム・サンデル/
音楽:クラウス・バデルト/
衣装:エリカ・エデル・フィリップス/

日本公開日:2006/06/03
製作国:アメリカ/
時間:98分
製作年:2006
ジャンル:アクション/冒険/ドラマ/サスペンス/
製作/配給:ワーナーブラザーズ
備忘録:-

(2006,07,13)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 今年40本目(映画館での干渉のみカウント)は、僕が映画好きになったきっかけの1つであるポセイドンアドベンチャーのリメイク版ポセイドンを先行ロードショーで見てきました。
* よしなしごと * 2006/05/29(月) 03:49:25
「ポセイドン・アドベンチャー」と言えば、1972年に製作されたパニック映画。
* てんシネ探検隊 * 2006/05/28(日) 20:10:35
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。