ゲド戦記【スポンサー広告】【新作映画】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログゲド戦記

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ゲド戦記

2006/04/13  (木) 23:19| 新作映画編集

かつて人と竜はひとつだった。
ゲド戦記 特別収録版
日本公開日:2006/07/29 ■「ゲド戦記」の劇場検索

公式サイト:〔日本公式サイト
監督:宮崎吾朗/
キャスト:岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫/夏川結衣/香川照之/倍賞美津子/風吹ジュン/菅原文太/

【ストーリー】
物語の舞台は、多島海世界“アースシー”。西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の世界である東の海に現れた。それと呼応するかのように、世界では、さまざまな異変が起こり始めていた。農民は田畑を捨て、職人は技を忘れモノを作らなくなった。街では、人々はせわしなく動き回っているが目的を失っているように見えた。そして、世界は魔法の言葉を忘れつつあった。
世界の均衡(バランス)を崩す者の正体をつきとめる旅に出た大賢人ゲドは、国を捨てた王子アレンと出会う。
【原作・ノベライズ】
ゲド戦記 1 影との戦い
アーシュラ・K. ル・グウィン 清水 真砂子 岩波書店


【コメント】
最近のファンタジーブームには少々辟易していたところだったところに、ついに日本映画(…といってもアニメだけど)で本格的ファンタジー映画のお出ましとなりました。監督はあのスタジオジブリの宮崎監督…と思ったら同じ宮崎でも全く違う方ではないですか!しかもこれが初監督作品とはねえ…ジブリの名は強し、ということでしょうか。
先日テレビでこの業界でも有名な鈴木プロデューサーの特集が組まれていたのですが、当然この『ゲド戦記』の広告戦略でした。広告戦略は素晴らしいと思ったし学ぶことの多いインタビューでしたが、この映画作品自体のコンセプトがなあ…「連続テレビ番組で作る内容を一本の映画に」…ですって。
良くぞ簡単に言ってくださいましたが、実際出来上がってみてこれほど上手くいったためしがほとんどないコンセプトですね。ジブリは好きですが、宮崎駿監督じゃないジブリ作品って「平成狸合戦」ぐらいしか面白いものは無いし、宮崎駿監督でも原作がある作品は正直面白味にかけるからなあ…。いくのやめようか…。

「ゲド戦記」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ゲド戦記」を検索
「ゲド戦記」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】


  1. 原作:ゲド戦記 1 影との戦い
    アーシュラ・K. ル・グウィン 清水 真砂子 岩波書店
  2. 原題:Gedo senki
  3. 監督:宮崎吾朗/
  4. 製作:スタジオジブリ/
  5. 脚本:宮崎吾朗/丹羽圭子/
  6. 撮影:調査中
  7. 美術:調査中
  8. 音楽:寺嶋民哉/
  9. 衣装:調査中
  10. キャスト:岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫/夏川結衣/香川照之/倍賞美津子/風吹ジュン/菅原文太/
  11. 製作国:日本/
  12. 時間:115分
  13. 製作年:2006
  14. ジャンル:ファンタジー/アニメーション/冒険/
  15. 製作/配給:東宝
  16. 日本公開日:2006/07/29
    (2006,04,07)/(新作情報)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。