春が来れば【スポンサー広告】【新作映画】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ春が来れば

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲春が来れば

2006/04/05  (水) 22:48| 新作映画編集

傷だらけで、落ちこぼれて。それでも人生は 悪くない。
春が来れば デラックス・コレクターズ・エディション日本公開日:2006/03/25 ■「春が来れば」の劇場検索

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔韓国公式サイト
監督:リュ・ジャンハ/
出演:チェ・ミンシク/キム・ホジョン/チャン・シニョン/ユン・ヨジョン/キム・ヨンオク/チャン・ヒョンソン/キム・ガンウ/チェ・イルファ/キム・ドンヨン/イ・ジェウン/ピョン・チャンソク/ヤン・ヒョンボン/イ・セウン/

【ストーリー】
中年主婦たち相手の市民講座でクラシック音楽を指導しているイ・ヒョヌ。トランペッターとして交響楽団のメンバーになる夢もいつしか色褪せ始め、酔えばつい親友のギョンスに苛立ちをぶつけてしまう。かつての恋人、ヨニは、新しい相手を見つけたらしい。
母親と二人暮らしのヒョヌだが、お母さんにあげてと栄養剤を持ってきたヨニにつれない態度をとってしまう。「結婚するかもしれない」とヨニに告げられると、「幸せになれよ」と応えるが、本当はまだ二人とも相手に想いを残しているのだった。
ソウルの古びた一軒家から、ヒョヌと母親はマンションに引っ越す。何くれとなく心配し、小言をいう母親をつい煙たがってしまうヒョヌは、カンウォン道サムチョク市の中学校で音楽指導者を募集していることを知り、心機一転、その寂れた炭鉱の町に向かう。
【原作・ノベライズ】
-

【コメント】
こういっては何ですが個々最近『コーラス』『歓びを歌にのせて』と似たような作品が多いですね。『歓び』がイマイチだったのでちょっと二の足ですが、ミンシクさん出演なのであのすばらしい演技を観に行きたいものです。

「春が来れば」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「春が来れば」を検索
「春が来れば」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】


  1. 原作:-
  2. 原題:Ggotpineun bomi omyeon
  3. 監督:リュ・ジャンハ/
  4. 製作:チョンオラム・フィルム/
  5. 脚本:ユン・ジェグン/イ・ウンギョン/
  6. 撮影:イ・モゲ/
  7. 美術:イ・グナ/
  8. 音楽:チョ・ソンウ/
  9. 衣装:調査中
  10. 出演:チェ・ミンシク/キム・ホジョン/チャン・シニョン/ユン・ヨジョン/キム・ヨンオク/チャン・ヒョンソン/キム・ガンウ/チェ・イルファ/キム・ドンヨン/イ・ジェウン/ピョン・チャンソク/ヤン・ヒョンボン/イ・セウン/
  11. 製作国:韓国
  12. 時間:128分
  13. 製作年:2004
  14. ジャンル:ドラマ/
  15. 製作/配給:ソニー・ピクチャーズエンタテイメント
  16. 日本公開日:2006/03/25
    (2006,04,05)/(新作情報)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「春が来れば」★★★チェ・ミンシク主演リュ・ジャンハ監督、2004年韓国この映画を見たのは2004年10月ハノイの帰りにストップオーバーで立ち寄ったソウル、今度公開の「クライング・フィスト」と抱き合わせで買い付けられたのかやっと日本で公開。恋...
* soramove * 2006/04/23(日) 09:49:42
●『春が来れば』126分。2006年3月25日公開。挫折してしまった中年に吹奏楽部の顧問に・・・野蛮な役が多い(笑)チェ・ミンシクの最新といっても2年前に製作された映画。『シュリ』のチャン・ヒョンソンも久々見るような・・・(笑)前宣伝が無いけどこれ....
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。