Vフォー・ヴェンデッタ【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログVフォー・ヴェンデッタ

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲Vフォー・ヴェンデッタ

2006/07/28  (金) 00:02| 映画感想編集

人民が政府を恐れるのではない 政府が人民を恐れるのだ

Vフォー・ヴェンデッタ 特別版お薦め度:.★★★★.
本当は娯楽アクション映画のはずなのに、うっかりツボに入ってしまい涙してしまいました。

Vとイヴィーの関係は何となく『オペラ座の怪人』の怪人とクリスティーヌの関係に似ている。闇の世界に生きる醜い男と、彼の魅力に惹かれていく女性。
ただ映画版オペラ座はヒロインが怪人のことを単なる怪物としか見ていないので、私はイヴィーとVの関係を非常に好ましく感じました。感謝したり、議論を交わしたり、反発しつつも最終的にはVの思想に共感していくイヴィー。できればオペラ座もこのようであって欲しかったのだけど。

図らずも、イビィーは政府軍に捉えられ、Vの招待と居場所を明かすように迫られます。どんなに酷い仕打ちを受けても彼女は決して屈することはない。それは時を越えて、同じ立場にあり、同じ気持ちを共有し、決して屈することのなかった「ひと」がいたから。

ブロークバック・マウンテン』を観た後だったからかな…規制や偏見の中で真実を告げることのリスクをしみじみと感じました。自分の主義や思考を何故秘密にしなくてはいけないのか?と未来の誰かに訴える彼女は、まっとうで毅然として美しいと感じる。
そのような「ひと」がいるということは何と人を励まし、強くするのだろう。
(かといって、ひたかくしにすることが醜いとは決して思いませんが)

革命とは誰が、いかなる理念の下に起こすものなのか?
この作品は一人のヒーローがなしえるものではないと訴えるのです。きっかけは後に英雄視される一人の人間が起こすものなんかもしれない。でもそれは飽くまでもきっかけにすぎない。民衆全てが、立ち上がり抵抗し異論を唱えて初めて革命は成立する、
英雄はシンボル、民衆全てにレジスタンスの心、いにしえのガイ・フォークスの心を、持たなくてはならないのです。

最終的にVの正体がやや曖昧なまま終わった(明確な以前の顔や、今であっても仮面を外すことがなかった)点も、彼が一人の人間と言うよりは一つの理念が肉体を動かしているという感じがしてそれはそれで好印象でした。

話の論法に心を奪われてしまった私に取っては、マトリックス調のアクションなんて無用の長物でございました。正直スローモーションや奇跡を描く意味もない気が。

日本公開日:2006/04/29 

「Vフォー・ヴェンデッタ」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「Vフォー・ヴェンデッタ」を検索
「Vフォー・ヴェンデッタ」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
独裁国家と化した近未来の英国。労働者階級の若きヒロイン、イヴィーは絶体絶命の危機に見舞われたところを“V”とだけ名乗る仮面の男に命を救われた。
 いくつもの顔をもつVは、華と教養を兼ね備えた紳士であり、恐怖政治に抑圧された市民を暴君の手から解放することに余念がない。しかし一方では、怨念にかられた血の復讐鬼でもあった。
不正と暴虐にまみれた政府から英国民を解放するため、Vは国の圧制を糾弾し、同胞の市民に国会議事堂前に集結するよう呼びかける。決行は11月5日――“ガイ・フォークス・デー”だ。
【原作・ノベライズ】
Vフォー・ヴェンデッタ
スティーブ ムーア デイビッド ロイド Steve Moore the Wachowski Brothers 山田 貴久 竹書房


公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:Vフォー・ヴェンデッタ
スティーブ ムーア デイビッド ロイド Steve Moore the Wachowski Brothers 山田 貴久 竹書房

原題:V for Vendetta
監督:ジェイムズ・マクティーグ/
キャスト:ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィービング/シニード・キューザック/スティーヴン・フライ/ジョン・ハート/スティーヴン・レイ/

製作:ウォシャウスキー兄弟/ジョエル・シルバー/
脚本:ウォシャウスキー兄弟/
撮影:エイドリアン・ビドル/
美術:オーウェン・パターソン/
音楽:ダリオ・マリアネッリ/
衣装:調査中

日本公開日:2006/04/29
製作国:アメリカ/
時間:132分
製作年:2005
ジャンル:アクション/ドラマ/SF/サスペンス/
製作/配給:ワーナーブラザーズ
備忘録:-

(2006,07,27)/(中・感想)

【関連商品】
こちらこそ
コメントありがとうございます。
この作品「アメコミ」原作としましたけれど本当はイギリスが原産国なんですね。
超人がでてきてもお国柄で随分ちがうものですね。
私はこういうの結構好きです
2006/10/08(日) 02:09:48 * * ピコシアタ #XAjl2.RA[編集]
TBありがとうございます。
理念の実体化がVというのは私も同感です。
民主主義・言論の自由は大事にしたいものですね。
2006/10/06(金) 21:26:31 * * たまさん #-[編集]
はじめまして。
私も「オペラ座の怪人」と似た関係だけれど、こっちのほうがずっと好感が持てると思って見ていました。Vは人間というよりは理念だという点も、仰る通りだと思いました。トラックバックさせていただきますので、よろしくお願いします。
2006/09/21(木) 10:56:22 * * ちんとん@ホームビデオシアター #ZyqPIeBg[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
それじゃオペラ座やん!(爆) 剣を持たせたら、なんとなくゾロだし、 いろんな仕掛けをしたり、追っ手をするりとかわすとこなんざ ルパンだし、あーもう、これってパロディ映画? ゴードンのブラックコメディ、 ナタリーポートマンの萌え~コスプレ(ケバくない?) 見所
* ペパーミントの魔術師 * 2006/10/18(水) 09:37:59
☆「権力に対抗する鎮まれる意思」はどのようにして生まれるのか。 イギリスに住んで
* ちんとんのホームビデオシアター * 2006/09/21(木) 10:57:14
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)ま~たアメコミ映画かぁ・・・とか、何かよく分からない格好悪い仮面着けてるなぁ~・・・とか思って、あまり期待もせずに観たのですが・・・いやいやいや、アメコミと言っても、どー観ても子供向きではないん
* ぶっちゃけ…独り言? * 2006/09/10(日) 05:33:34
マトリックス3部作のスタッフが贈るーという誘い文句に惹かれ、ついつい観てしまいました。 どんなストーリーか全く知らず、いつものようになんとなく鑑賞。 泣いてしまうような感動作か、はたまた派手なアクショ
* GoGo Surf !!! * 2006/08/12(土) 17:19:58
試写会で、出演:ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィービング/スティーブン・レイ/ジョン・ハート/脚本:ウォシャウスキー兄弟/監督:ジェイムズ・マクティーグ/作品『Vフォー・ヴェンデッタ』を観ました。●感想 ・『マトリックス』シリーズが大好きな私は、その生みの
* Rohi-ta_site.com * 2006/04/18(火) 00:45:39
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。