マイノリティ・リポート【スポンサー広告】【映画短評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログマイノリティ・リポート

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲マイノリティ・リポート

2006/03/19  (日) 14:16| 映画短評編集

誰でも逃げる

マイノリティ・リポートお薦め度:.★★★★.
 正しく欠点のないSF。何だかんだといってもスティーブン・スピルバーグ監督は上手いなあと関心しました。
アイ、ロボット』などはSFとして師匠はかんかんに怒り狂っておりました、これは実に正しく現代の技術が進歩してこんな便利な技術に至りましたという発想が随所に見られていてうならされます。ホームビデオの立体映像の表現など本当にすばらしい。自宅に車が直結するところなど車庫入れの嫌いな私としては早く実現化してもらいたいものです。

網膜認証で個人個人に向けて広告が変化するところなどは実に面白い。今の「アマゾンのお勧め」の進歩版ですね。個人的にあれうざいので(というより激しくツボをついたお勧めしてくるところが何となく嫌)なので本当にあんな社会になったらたまりません。
完全に管理社会になっているのに一般市民は便利さに惑わされて感覚が麻痺しちゃってるのね…。上手い表現。

三人の預言者が【全く同じ映像を見ないという点、それをノイズとして処理する点等、それを逆に利用する点】など着目点もSFとして整合性がとれています。
アクションへの移行もスムーズですし、変なところ笑いをとってあるし流石スピルバーグ監督です。最終的にトムさん演じる主人公がヒーローになってしまうところも流石です。

捕縛されてコールドスリープ状態になったところで終わって「管理社会への疑問」を問いかける作りにしてもいいと思うのです、基本的にハッピーエンド、何となくでも救われた気持ちにする(例えば『A.I.』)のがモットーな監督なだけはあります。

私は今までさほどスピルバーグ監督の作品を気にして見ていたことはないのですが、意識して並べてみると勿論終始一貫している点もあるのですが、最近の『宇宙戦争』『ミュンヘン』は何か心境の変化を感じます。やはり昨今の様々な事件はアメリカ人として思うところが沢山あるのですね。

日本公開日:2002/12/07 ■「マイノリティ・リポート」の劇場検索

【ストーリー】
ワシントンD.C.。2054年。殺人はすべて消滅していた。未来が見えるようになり、処罰は、罪が犯される前に行なわれた。司法局のエリート集団、犯罪予防局の奥深くで、罪を犯そうとするすべての証拠、殺人現場の場所を始めとする詳細を「プリコグ」が見通していた。それは、国内最高の、もっとも進んだ犯罪摘発チームで、完全なシステムだった。そんな犯罪防止局のために誰よりもよく働いたのが、チーフのジョン・アンダートンだった。自らの悲劇的な事件をきっかけにアンダートンは、自分が経験した悲劇を同じように経験する可能性を持った何干もの人々の為に、自分の情熱のすべてを捧げる事にした。それから、六年。犯罪予防法案が全国化するための投票を前に、アンダートンの決意はさらに強くなっていた。アンダートンには、ユニットの有効性を疑う必要がなかった。自分が、容疑者ナンバー・ワンに浮上してくるまでは。
【原作・ノベライズ】
マイノリティ・リポート―ディック作品集
フィリップ・K. ディック Philip K. Dick 浅倉 久志 早川書房



「マイノリティ・リポート」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「マイノリティ・リポート」を検索
「マイノリティ・リポート」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【鑑賞前コメント】
-

【スタッフ・キャスト・他情報】

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔ルーマニア公式サイト
原作:マイノリティ・リポート―ディック作品集
フィリップ・K. ディック Philip K. Dick 浅倉 久志 早川書房


原題:Minority Report
監督:スティーブン・スピルバーグ/
出演:トム・クルーズ/コリン・ファレル/マックス・フォン・シドー/サマンサ・モートン/ピーター・ストーメア/キャスリン・モリス/ジェシカ・ハーパー/ロイス・スミス/パトリック・キルパトリック/キャメロン・ディアス/キャメロン・クロウ/

製作:ジェラルド・R・モレン/ヤン・デ・ボン/
脚本:スコット・フランク/ジョン・オーガスト/
撮影:ヤヌス・カミンスキー/
美術:アレックス・マクドウェル/
音楽:ジョン・ウィリアムズ/
衣装:デボラ・リン・スコット/

日本公開日:2002/12/07
製作国:アメリカ
時間:145分
製作年:2002
ジャンル:アクション/犯罪/ドラマ/ミステリー/SF/スリラー
製作/配給:20世紀フォックス
備忘録:-

(2006,03,19)/(短・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。