上高地の切り裂きジャック【スポンサー広告】【簡単書評】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ上高地の切り裂きジャック

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲上高地の切り裂きジャック

2006/03/06  (月) 00:00| 簡単書評編集

上高地の切り裂きジャック
実に久しぶりにミステリー小説を読んでいます。
ミステリーは良い意味であとくされが無くて、さっくりと読めるので以前はよく図書館で借りては読んでいましたが、最近は映画やサイト運営に一生懸命で遠のいていました。
島田荘司さんの御手洗シリーズは結構好きでかれころ10年ちかいお付き合いになりますか。日本文学の先生が『占星術殺人事件』を薦めてくれたことを懐かしく思い出します。
占星術殺人事件御手洗はシャーロック・ホームズに似て奇天烈なところが私の好みです。それに振り回される石岡くんがちょっとかわいそう(苦笑)最近は海外に行ってしまって、ちょっとアドバイスをするという形が定着してしまったのは残念です。これじゃまるで超わがままなロッキングチェアー探偵だよ…。
パロサイ・ホテル〈上〉―御手洗パロディサイト事件〈2〉ここのところ京極夏彦さんの京極シリーズが映画化になっていますが、私としてはこっちのシリーズを是非映像化してもらいたい。そして御手洗は是非とも市村正親さんでお願いしたい!私の中の勝手イメージで御手洗=市村さんなんですよねー。あの神経質で奇天烈な行動が上手く出来る人だと思うんですけど。
でも島田先生は許可してくれないかなあ…一般市民のパロディ小説は漫画は許可してくれるんだけどねえ…。

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。