ロード・オブ・ウォー【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログロード・オブ・ウォー

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ロード・オブ・ウォー

2006/02/20  (月) 21:51| 映画感想編集

史上最強の武器商人と呼ばれた男

ロード・オブ・ウォーお薦め度:.★★★☆.
製作方向としては私の好きな作品ではありますが、さほど満足できる出来ではありませんでした。
これは実際の複数人物のエピソードをひとつに無理やりにまとめたせいなのか、脚本の技量が悪いのか。それともたまたまこの作品の前に同様に銃社会の批判をしている『Dear Wendy』を観たせいだからなのか…。

ストーリー自体は流石に実際の人物のエピソードだけあって、作為感もなく一介の男性が一国の武器をまかなうほどの武器商人にのし上がるまでの工程、その手段(腐りかけのジャガイモと一緒に運ぶと言うのはちょっと感心)、売買する相手のことなどが非常にリアリティがあふれて描かれています。

初期のころから彼を執拗に追跡する警察官の目をかいくぐり、冷戦時代とその崩壊の波に乗り一大武器商人として、富豪の道を歩み、モデルの妻を持ち、人の羨む様な人生を進んでゆきます。

その人生が大きく変わったが弟の死。
武器商人としての最初の時期にその性格ゆえに脱落した弟を兄である主人公は改めて違法な密売の職業に復帰させる訳です。
弟は小心者で、口下手で、おまけにヤク中で変な女に引っかかってしまうような人間ですが、それでも人間としての「良心」が残っていた。
自分が密売した武器で多くの罪のない人間がすぐそこで殺されていく事実に我慢できなかった。
自分とその家族の為に巨万の富を築きあげた主人公の目は、大きな犠牲を持って開かれますが、矢張り己の幸せの為に目を瞑ろうとします。

それはそのまま現在のアメリカ矛盾社会の縮図なのかもしれません。
ラストで逮捕された主人公が警察官に向かって語るように、表向き大きな声で平和を唱えるアメリカこそが世界一の武器輸出国。平和を連呼し、核兵器根絶を訴えながら己自身は核兵器を保有し続ける。保有しないわけにはいかない。

…と、そのメッセージには非常に共感が持てるものなのですが、展開していく作品中ではその矛盾を感じることがなく、ただひたすら敏腕とも強行ともいえる手段でのし上がっていく主人公を傍観するだけで、ラストのテロップで納得させられているように感じるだけでした。
良作というよりも佳作。少々残念な作品ですね。

日本公開日:2005/12/17 

「ロード・オブ・ウォー」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ロード・オブ・ウォー」を検索
「ロード・オブ・ウォー」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれたユーリー・オルロフ。
ある日、ユーリーにとって運命的な日が訪れた。ロシア人ギャング同士の銃撃を目撃してしまったのだ。幸運にも生きて逃れられたユーリーだが、銃撃戦を見た瞬間、レストランが必要としている人に食事を提供するように、武器を必要としている人に武器を提供するのが自分の人生だと気づいてしまう。すぐにユーリーは、弟のヴィタリーを説得し、武器売買事業を二人で始めることに。ユーリーは、制裁を受けて苦しむ政権に武器を売りさばきながら、闇取引の銃兵器密輸入に天性の才を見出す。
【原作・ノベライズ】
ロード・オブ・ウォー―史上最強の武器商人と呼ばれた男
Andrew Niccol 鎌田 三平
4812424712


公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト
原作:ロード・オブ・ウォー―史上最強の武器商人と呼ばれた男
Andrew Niccol 鎌田 三平
4812424712

原題:Lord of War
監督:アンドリュー・ニコル/
出演:ニコラス・ケイジ/イーサン・ホーク/ジャレッド・レト/ブリジット・モイナハン/イアン・ホルム/

製作:アンドリュー・ニコル/
脚本:アンドリュー・ニコル/
撮影:アミール・モクリ/
美術:ジャン・ヴァンサン・プゾス/
音楽:アントニオ・ピント/
衣装:エリザベッタ・ベラルド/

日本公開日:2005/12/17
製作国:アメリカ
時間:122分
製作年:2005
ジャンル:犯罪/ドラマ/サスペンス
製作/配給:ギャガコミュニケーションズ
備忘録:-

(2006,02,20)/(中・感想)

【関連商品】

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)色んな媒体でアクション扱いされてますが、これって全然アクションじゃないですよねぇ。劇場は分からないけど、少なくともレンタルでは人間ドラマよりもアクションの方が出が良いので、そーゆー扱いなんでしょ
* ぶっちゃけ…独り言? * 2006/06/19(月) 05:16:54
弾の数だけカネが舞う――――ロード・オブ・ウォー Lord Of War 史上最強の武器商人と呼ばれた男怖い映画だった。実際に起こっている出来事だ。そう思うと空恐ろしい。今、自分が平和で幸せな環境にいる事に感謝したい。上質のスーツに手にはブリーフケース、ピカピカに磨
* 映画とCINEMAとムービー * 2006/02/21(火) 13:47:41
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。