酔画仙【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログ酔画仙

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲酔画仙

2005/02/13  (日) 08:59| 映画感想編集

酔画仙お薦め度:.★★★☆.
 一人の画家を描くことで、朝鮮の時代を写し取る作品でした。

鑑賞前に読んだ解説とは印象が大部違いました。
酒と女にだらしがなく、酔って暴力を振るったり暴れたりして品性の無い人物なのに描く絵画はすぐれている…そんな人物の作品かとおもっていました。
これは私が「オールド・ボーイ」を観て苛烈なチェ・ミンシクの演技に惚れ込んでこの作品に興味を持ったせいなのかもしれません。

決して品行方正で人格者という訳では有りません。微妙にピントがずれていたり生来の放浪癖や出生の身分の低さから来る卑屈さが出てきたりします。が、上の人に対する尊敬の念や女性や子供に対する優しさが無いわけではない。
「芸術家は純粋だ」という枠に入らない人間臭さが出ています。その意味で彼の演技力は随所に発揮されていて、そこが目的だった私としては満足のできる作品でした。

本人はただ黙々と絵を描いているだけなのに、彼の絵の評価が上がるに連れて周囲が褒めそやかしたり、周囲とのしがらみが増えたり、政治の手段に使われたり。
時の移ろいや、価値観の変化、政治や国内紛争、様々な人物との出会いや別れ、変わるものや変わらないもの。
朝鮮の歴史と照らし合わせて観ると得るものが多いのかもしれません。

淡々とした作品ですが要所要所に印象深いセリフがありました。
一番印象深かったのは師匠の「お前の絵は真実を写していない。美しく美化をして描きすぎる。それは虚構でしかない」という言葉への答え。「乱れた世の中に疲れた民衆が美化した絵を観て心が慰められるならそれでいいではありませんか。絵で世界が変わるわけでなし。」

個人的にダメージが大きかったです。何故って私が映画に関してこの師匠的な考え方だからです。で「映画で世界が一寸でも変わるといいな」と思っているからです。(苦笑)

主人公は比較的淡白に描かれていて、カメラが「時間」を映す際にスクロールやピントを合わせるために一人の人物を選んだ、という印象でした。
R15とは?と内心びくびくしていましたが、濡れ場がダイレクトで激しいところでしょうかね…ハリウッドや日本とは絶対に違うロマンチィシズムではない激しいものです。なんて言っても「愛を確かめ合う」というよりは「これと決めた女性に大切なもの(子供)を作ってわたす作業」って感じですからね…。

日本公開日:2004/12/18 

「酔画仙」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「酔画仙」を検索
「酔画仙」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
朝鮮時代末期、開明派の学者であるキムは、街で子供達に殴られている貧しい子供チャン・スンオプを助ける。
数年後二人は再会し、スンオプの絵の才能に驚いたキムは彼を通訳官の家へ預けた。通訳官の家で働きながら、絵の修行をつみ、スンオプは絵の非凡なる実力を発揮し始めた。酒に酔って興がわいたときにスンオプがとる筆からは神業のような絵が生まれ、スンオプは画家として名をなすようになった。
【原作・ノベライズ】
実際に宮廷画家として活躍したチャン・スンオプ

公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔韓国公式サイト〕 〔英語公式サイト
原作:実際に宮廷画家として活躍したチャン・スンオプ
原題:-
監督:イム・グォンテク/
出演:チェ・ミンシク/ユ・ホジョン/アン・ソンギ/キム・ヨジン/ソン・エジン/ハン・ミョング/チョン・テウ/チェ・ジョンソン/

製作:イ・テウォン/
脚本:イム・グォンテク/キム・ヨンオク/
撮影:チョン・イルソン/
美術:調査中
音楽:キム・ヨンドン/
衣装:調査中

日本公開日:2004/12/18
製作国:韓国/(2002/05/10)
時間:119分
製作年:2002
ジャンル:ドラマ/実話/歴史/
製作/配給:エスパース・サロウ
備忘録:-

(2005,02,12)/(中・感想)

【関連商品】
コメントありがとうございます
そうですね「OB」もエロチシズムには皆無でした。
…にしても実直な表現だなあと思いました。
2005/04/06(水) 23:43:23 * * かなで@管理人 #XAjl2.RA[編集]
トラバありがとうございました
R15について。私が見た韓国の映画ってどちらかというと、こういう激しい場面が多いです。お国柄かと思ったのですが、ラブコメほとんど見てないのでなんとも言えないんですけどね。
2005/04/06(水) 00:18:46 * * カヌ #-[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
* * 2010/05/15(土) 11:25:13
韓国映画「酔画仙」チェ・ミンシク主演若手監督が多い中、60代のイム・グォンテク監督は朝鮮王朝末期の宮廷画家という題材を人間と自然を絶妙なバランスで配して魂のさすらいと葛藤を描きだしている。そこに存在するは主人公演じるチェ・ミンシク。老い...
* soramove * 2005/05/17(火) 07:43:29
 この作品は『復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』につづく復讐劇三部作としてパ
* ブツクサ徒然ぐさ * 2005/04/11(月) 17:02:20
 物語は19世紀、まもなく朝鮮半島の混乱に乗じた清国や日本帝国軍が侵略を開始しようとする、まさにその数十年前。 主人公チャン・スンオプは、貧民の出身ながら持って生まれた絵の才能を徳の高い人物に見いだされながら開花してゆくが、あまりにも天衣無縫で磊落(ら...
* よろ川長TOMのオススメ座CINEMA * 2005/04/11(月) 17:01:31
昨年は韓国映画をかなり見ましたが、韓流四天王を中心とするブームは興味湧きません。ただし古くは「シュリ」から「オールドボーイ」「殺人の追憶」でも完璧な演技をしたチェ・ミンシクとソン・ガンホが出る作品は見に行きたいと思います。そこで今回はチェ・ミンシクが19世
* the borderland * 2005/04/06(水) 00:15:25
監督:イム・グォンテク  出演:チェ・ミンシク アン・ソンギ ソン・イェジン     5点 天才画家の山あり谷ありの人生模様が、19世紀後半の朝鮮文化の風景の中で繰り広げられる。決して守りに入ろうとしない生き方には、男の美学みたいな
* gantakurin's シネまだん * 2005/04/05(火) 23:52:13
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。