ジャーヘッド【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログジャーヘッド

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲ジャーヘッド

2006/09/09  (土) 15:05| 映画感想編集

戦場は、あなたの中にもある。

ジャーヘッドお薦め度:.★★★.
 悪くは無いけど特筆することが取り立てて無かった映画。

湾岸戦争に出兵した若者を克明に描いているといえば、確かにその通りなのですが。私がその手の「単館系戦争(批判)映画」を山程みてからか、それほどの衝撃は受けませんでした。特別鋭い視点から見ているわけでもないし、斬新な発想があるわけでもない。

強いて言うのならば、これが「湾岸戦争」を描いた映画だということでしょうか。
湾岸戦争はイラク戦争さえなければ、比較的記憶に新しく歴史上はじめて世界中に生中継された戦争です。当時私がまだ若かったし、望遠の映像が主流で、何だか人対人の戦いというよりも、ロケット・機械同士のやり合いという印象ばかりが残っていたのですが、実際の砂漠では、不衛生だったり、汗水流したりといったことがやっぱりあったのね、というイメージの塗り替えはありました。

ただ、それは「未だかつて無い新しい戦争」が「過去から連綿と続いている戦争」となんら替わることの無い代物だったということです。

この作品ではあまり具体的に敵兵の姿は描かれることがありません、ひたすら来ない敵を待ち、予行演習・筋力トレーニングに励む。それは辛いことなのだろうか?決して楽ではないことは理解できる。でも、第二次世界大戦や、南北戦争と比較しても矢張り辛いことなのだろうか?私にはどうしてもそうは思えない。敵の姿があってもなくても、常に緊張感を強いられる環境は心身ともに相当なダメージだと思う。

ではいざ、実際に敵と対峙することとなったらどうなのか。これもまた対決といっていいのかどうか図りかねるのですが、敵の将校を狙撃するに当たって、ついに訓練の成果を挙げる日が来たと高揚する主人公達。頭部に照準を当てることに何の躊躇もない。
そして、【直前に中止命令が出てしまい憤りの感情を露にする。これって、この「戦争における悲劇」ですか?私には判断が着かない。観てる当初は「あんなに練習したのにその成果を発揮できなかったら、そら怒るわな」と一寸同情しましたけれど、よくよく考えてみれば相手は「人の命」です。成果云々の問題じゃない。功名を立てられなかったことよりも、現代的戦争といっても人の命の価値が見出せなくなってしまうことの方が「戦争の悲劇」です。

…結局「ジャーヘッド」は私の「戦争」に対する認識を変えるものにはならなかったようです。
それにしてもアメリカ兵は一様に「おばかさん」で、真剣味が足らないと、いつも思うデス。あの陽気で楽観的な性格のせいでしょうか。それと相変わらず対人間等間隔が薄い。この辺って超強国だからなのかな?資源も環境にも恵まれていて比較的余裕があるからなのかもね。

日本公開日:2006/02/11 

「ジャーヘッド」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「ジャーヘッド」を検索
「ジャーヘッド」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
2003年のベストセラーの映画化。湾岸戦争で狙撃手が見たアメリカの真実を描く。
【原作・ノベライズ】
ジャーヘッド-アメリカ海兵隊員の告白
アンソニー・スオフォード 中谷 和男 アスペクト


公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔イギリス公式サイト〕 〔フランス公式サイト
原作:ジャーヘッド-アメリカ海兵隊員の告白
アンソニー・スオフォード 中谷 和男 アスペクト

原題:Jarhead
監督:サム・メンデス/
キャスト:ジェイク・ギレンホール/ピーター・サースガード/ジェイミー・フォックス/ブライアン・ケイシー/ジェイコブ・ヴァーガス/ルーカス・ブラック/クリスティン・リチャードソン/エヴァン・ジョーンズ/クリス・クーパー/

製作:ボビー・コーエン/
脚本:ウィリアム・D・ブロイルズ・Jr/
撮影:ロジャー・ディーキンス/
美術:デニス・ガスナー/
音楽:トーマス・ニューマン/
衣装:アルバート・ウォルスキー/

日本公開日:2006/02/11
製作国:アメリカ/
時間:123分
製作年:2005
ジャンル:ドラマ/戦争
製作/配給:UIP
備忘録:-

(2006,09,09)/(中・感想)

【関連商品】
こんばんは
二度目のカキコありがとうございます。

うーん確かにこの作品は余り乗れなかったのですが、戦争に対する姿勢は私は好ましいと思います。
2006/09/17(日) 22:43:17 * * ピコシアタ #XAjl2.RA[編集]
アメリカの戦争映画
今晩は はじめまして

だんだんアメリカの戦争映画面白くなくなってきます

ある意味で、アメリカにも戦争を画く事にプレッシャーがかかるようになってきたようにもおもいます。
2006/09/10(日) 22:18:21 * * 詩音魔 #-[編集]
ありがとうございます
また来てやって下さい!
2006/02/19(日) 23:55:28 * * かなで@管理人 #XAjl2.RA[編集]
ぬりかべ~
http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/を見ていたら、リンクしてあったので、見にきました。又見にきまーす!
2006/02/13(月) 12:17:21 * * ぬりかべ #-[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。