THE PROMISE―無極―【スポンサー広告】【映画感想】
PICO*THEATRE分室ブログ
サイトブログTHE PROMISE―無極―

▲スポンサーサイト

--/--/--  (--) --:--| スポンサー広告編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲THE PROMISE―無極―

2006/03/04  (土) 22:53| 映画感想編集

愛で運命を超えろ

PROMISE <無極>お薦め度:.★★★☆.
いやー笑った笑った。こりゃドラゴンボールのサイヤ人もびっくりです。
もともと最初からストーリー自体には期待していなかったので、破天荒な展開は全然気になりませんでした。が、CGがすごかったです。昨今こんな「いかにも」なCGも無いもんだと思いましたが、そこは白髪三千丈・千里馬の中国です。新幹線より早く四つんばいで疾走する男がいたって当然なのであります。


アクションシーンはまあ頑張っているわね、程度ですのでつなぎ的に見ました。
あ、ですが無歓の鉄扇(といったらいいのか?)の舞は素敵でした。うっとり…。どっかで見たことがあるなあ…と思ったらあれですあれ。ゲーム「新三国無双」ですな。まさにあんな感じ太刀一振りで数十人が吹っ飛びます。

運命の神様よ…何処の神様も本当にいい加減で無責任…。人間をおもちゃにするのもいい加減にして欲しいものです。人間に運命を選択させるがその是非は問わない、というよりも絶対的な運命を勝手に決め付けているように思えます。
まあ神様と人間が入り混じる世界だけあってグリム童話などの寓話っぽい印象を受けましたね。

ビジュアル面も衣装や建築物は美しくてうっとりです。
華鎧もすばらしかったですが、いたって普通に見える普段着もおしゃれで綺麗。
傾城がまとった白い羽毛の衣などはなんだか本当に童話に出てきそうで、いい感じです。
鬼狼の黒衣も単純に黒いカラスではなくて孔雀色の暗緑色なのが素敵。

基本的に「冷酷に徹する悪」が大好きなので、無歓の存在は私は私にとって非常に愉しめる存在でした。しかも悪なのにイメージカラーが白なんて本当に素敵。オールバック気味で前髪が少し垂れているルックスも私好み。

話の展開は本当にまあごにゃごにゃと言った感じですが、終盤になると真実と嘘、過去と現在が入り混じって進む展開が面白く、ラストでの四つ巴はここをもっと強調すれば含蓄のある話になったのではないかと思うんですけど。何せ「美しく・派手に」進むことに重点を置いているのでその辺は仕方がありません。

映像美術的には本当に楽しめましたし、色男と美人満載で私にとってはまさに「セレブ映画」。もう一回見ろといわれたら…どうかな…ちょっと微妙かな。

日本公開日:2006/02/11 

「THE PROMISE―無極―」の劇場検索

詳細情報は以下に。
ギャラリーで「THE PROMISE―無極―」を検索
「THE PROMISE―無極―」の「PICO*THEATRE」館内データページ


【スタッフ・キャスト・他情報】
【ストーリー】
親もなく生きる術を持たない少女は、真実の愛と引き換えに、この世のすべての男からの寵愛と、何不自由ない暮らしを約束され、やがて王妃の座に就いた。
天から俊足を与えられ、それ以外は何かを望むことさえ知らず、奴隷として生きてきた男は、初めて心から欲するものに出会う。
そして、伝説の花の甲冑を身につけることをこの世でただ一人許された大将軍は、“何かに心が動いたとき涙は流れ、心が動いたとき、その命を落とす”というさだめ----。
それぞれに与えられた約束は、決して変えることのできない運命のはずだった。しかし、三つの約束が絡み合った時、世界はまったく違った展開を見せ始める。
【原作・ノベライズ】
PROMISE-Visual Book
チェン・カイコー ソフトバンク クリエイティブ



公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔中国公式サイト〕 〔台湾公式サイト
原作:PROMISE-Visual Book
チェン・カイコー ソフトバンク クリエイティブ


原題:Wu ji
監督:チェン・カイコー/
出演:チャン・ドンゴン/真田広之/セシリア・チャン/ニコラス・ツェー/チェン・ホン/

製作:ハン・サンピン/
脚本:チェン・カイコー/
撮影:ピーター・パウ/
美術:ティン・イップ/
音楽:クラウス・バデルト/
衣装:正子公也/

日本公開日:2006/02/11
製作国:日本/中国/韓国
時間:128分
製作年:2005
ジャンル:アクション/ドラマ/ファンタジー
製作/配給:ワーナー・ブラザーズ
備忘録:-

(2006,03,04)/(中・感想)

【関連商品】
ありがとうございます
福知山 詳輔様
そちらのサイトにも書き込みさせていただきましたが、褒めていただいて本当に嬉しいです。
そんなもんですか(テレテレ)

xina-shin様
いいんです!綺麗なだけを期待しているので!あれは綺麗なものを見るだけの作品でお話は期待してないし…。
ああ、まだ見ていないのでなんともコメントのしようが…来週行くので待っていてください!
2006/02/19(日) 23:59:17 * * かなで@管理人 #XAjl2.RA[編集]
CG以外の映像だけは綺麗でした。
2006/02/12(日) 18:18:39 * * xina-shin #8rQLDxkE[編集]
凄いの一言です
非常に短い文章ながら 映画を見た気にさせてしまう 素晴らしい表現力に 脱帽。

今後も楽しみにしています。

勝手にリンクさせて戴きます。
2006/02/05(日) 21:50:48 * * 福知山 詳輔 #-[編集]

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
監督は違っても「HERO」、「LOVERS」の流れを汲む武侠映画だと思ってました。ど派手な「華鎧」を着た光明(真田広之)が出て来たときは期待度がグッと上がったのですが・・・四つんばいの奴隷・昆崙(チャン・ドンゴン)が走り出したあたりから、どちらかと言うと
* the borderland * 2006/03/05(日) 00:59:40
 
 
 
 
 
検索一覧
詳細検索
ブログランキング
ブログピープル
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
検索条件一覧
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。